にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

落第騎士の英雄譚/ステラのチョロインっぷりをまとめてみる【前編】 ある最強騎士は最弱騎士に出会い、負けた

      2016/01/05

脱ぎ_実況
「黒鉄選手、開幕速攻だぁぁ!!」

なにげにクオリティの高い実況とともに、黒鉄一輝の強さがようやく白日の下に晒され始めた落第騎士の英雄譚。

チョロイン_絢瀬
▲ 7話の綾辻絢瀬戦では、一刀修羅が使えなくとも強い、剣士としての高いポテンシャルを見せつけた

相手になる伐刀者の強さはどんどんあがり、物語のシリアス度もどんどんあがるのですが、ヒロインであるステラとのドタバタ恋愛模様(主にステラ)も忘れてはなりません。

チョロインぷり7
今回はヒロイン、ステラ・ヴァーミリオンのチョロインっぷりに5話まで、話毎に迫ります。【→ 中編 】【→ 後編

sponsored link


1話:全ての元凶は腹筋だった

チョロインぷり261話_ステラ2
全 て の 元 凶。(と、同時に1話はチョロインっぷりも少ない貴重な話。)

チョロインぷり4
アクエリオン的ななにかを感じさせる腹筋タッチによるエネルギーの奔流ですけど、当初はそのわけのわからないインパクトがただただ強く。これによって視聴を決定した人が大勢いるほどのステラの惚れっぷりを示唆する1シーンですが、今思えば、一応一輝の剣士としての肉体能力の素晴らしさと、その程度が世界にも匹敵することを暗示していた一幕だったのかもしれません。(笑)

チョロインぷり2
でも、理事長室での消し炭騒ぎでもそのチョロインっぷりの一端を見せています。

チョロインぷり5
そんなステラの動揺っぷりとは裏腹に友達・ルームメイトとしての契りは、「拳骨ゴツン」でした。この辺りが落第騎士らしさ、一輝らしさ、作品の誠実さかもしれませんね。

2話:間接キスから始まるクライマックス

チョロインぷり30
「それって…間接キス…」
しょっぱなからやらかしてくれます、このヒロイン。昔からある、照れたときの蒸気機関車よろしく耳からプシューがとても新鮮。

チョロインぷり8
元々ステラは「奴隷根性◎」だったようで(ちゃんと言うと、恋愛における一途さ、正妻っぷり)、相手(珠雫)が主人の敵だと判断するといつでも臨戦態勢に入れます。

チョロインぷり27
▲ ドーン(笑)

恋愛は錯覚の感情である。恋愛は変態行為である。
そんな言葉もあるように、自分をねじ伏せた相手に恋愛感情を抱くのは、ある意味倒錯した感情とも言えますが、一輝が全然全く倒錯した性格の持ち主でないためにその恋愛模様はとても清いものに昇華されました。

それでも2話より明らかに主人公ラブを提示しているヒロインは類を見ず、好感度では明らかにメーターを振り切って正妻の雰囲気すらあるステラには、ツンデレよりチョロインの形容が相応しいことを明らかにしてくれています。

チョロインぷり9
とはいえ、こちらのメーターでも振り切っていて、自ら脱ぐヒロインとしても認知されてしまいましたが。(笑)

3話:衝撃のクリームヒゲ

3話ステラ5
「もちろん!一輝みたいに相手を研究するのも大切だとは思うけど!」

もう一輝の戦い方を認めていて、1話の頃の姿は微塵も感じられないステラ。

チョロインぷり10
それから一輝の「僕達は正反対なのに、これ以上ないってくらい気が合うから」の台詞に1ぽひゅん。残念ながら二人っきりのデートは珠雫によって防がれます。

今回はデート回という名の日常回なのでチョロインっぷりはたくさん。

チョロインぷり11チョロインぷり12
衝撃のヒゲクリームは、ヒロインの枠に捉われない、今後のステラの立ち位置――リアクション芸人なヒロインとしてのステラを決めてしまった感がありました。(笑)

チョロインぷり13
「もし何かついてたら、珠雫にしたみたいに取ってくれてもいいのよ…?」
▲ (^-^;)

そして、ショッピングモールを占拠していたビショウを戦闘不能に陥れ、渾身のイケメンシーンのあと、一輝はステラの無事を喜び、盛大に抱きつきます。

チョロインぷり36
「ステラ!!!」
「な、なに?どうしたの、一輝…」
「ごめんよ…本当にごめん…」


4話:チョロインから正妻へ

チョロインぷり14
サービスシーンも忘れない正統派チョロインからの、

チョロインpuri
どう見ても夫婦にしか見えないやり取りからの、

チョロインぷり15
殊勝な正妻。

そして、待ち望んでいた校内予選1戦目。ですがその健気なまでのストイックぷりが災いして桐原静矢に苦戦し、倒れてしまう一輝。

Fランクという最下位についていることを理由に、血まみれで倒れている同じ学校の生徒の身を一切心配せず、あまつさえ煽る始末の観客のゲスっぷりに苛立ち、悔しくもあったステラはその想いの丈を爆発させました。(作者は鬱とメンヘラ気質。)

チョロインぷり28
「だまれぇぇぇぇぇぇ!!私の大好きな騎士をバカにするなぁぁぁ!」

チョロインぷり29
「一輝、何情けない顔してるのよ!上を見てるあんたが、私は好きなんだから!」

もちろん、その後は一輝の快勝!ステラも今までのチョロインっぷりはどこへやら、観衆にも動じない正妻の貫禄をまざまざと見せつけ、無事その想いが、想い人から正式な形として返ってきた回でもありました。

チョロインぷり16

5話:ご好評の夜の一刀修羅は加々美記者が生みだした言葉です

とても最終回な前回でしたが、まだまだ続きます。

チョロインぷり17
交際したというのに、2週間何もなくて辛いで始まる皇女ステラ・ヴァーミリオン。

一昔前では、告白せず、なあなあでいつの間にか付き合い始めるという、物で溢れているために慎重にならざるを得ない物選び同様、交際相手を選ぶのも慎重にいきたい若者の交際の模様が話題になっていましたが、現代の若者な二人ももちろんそれにあてはまります。(いわゆる「重さ」が嫌だというやつですね。)

チョロインぷり18
「え?ボクに剣術を教わりたい?」

校内戦では連勝を重ねる一輝に手のひらを返したように群がる元・観衆たち。

チョロインぷり19
拒まない彼氏に、彼女なヒロインステラはもちろん御機嫌斜め。

チョロインぷり31
でも、そんな自分がお人よしと言われても余裕綽綽で「かもしれないね^^」とにっこり返す大人な彼氏に赤面。チョロインっぷりはまだまだ健在のようです。(笑)

チョロインぷり35
▲ 珠雫のせいで2本とも飲む羽目に…。(´・ω・`)ごくごく

チョロインぷり21
▲ 乙女ゲーもデビュー。でも、選ぶ彼は一輝に似ている。(笑)

チョロインぷり32
「想像を超えた存在でいてほしい」の言に、というかきちんと真面目に考えてくれる彼氏にご満悦なステラ。なんのかんのとやはり一輝ラブです。

水着回な今回は、水着回それ自体がそもそも男性視聴者を喜ばせる、ハーレム回と同じ意味でもあるんですが、当の本人は稽古に夢中で女の子が眼中にないという。それでも、そんなステラを見かねた夜の一刀修羅の生みの親、加々美に助け舟をよこされ、

チョロインぷり25
「一体、何の話をしてるんだ!?」
「何って、別れ話でしょ!?」


痴話喧嘩と赤裸々な思いの丈暴露の末。

チョロインぷり33

お騒がせで、剣術バカで、可愛いカップルですが、4話ほどでないにしても、もちろん壁ドン視聴者も倍増しました(笑)

 - 落第騎士の英雄譚

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

落第騎士の英雄譚/珠雫の想いはAランクだよ 息を呑み、目が離せないハイクオリティで美しすぎた伐刀者なバトル

落第騎士10話にして、誰が予想できたのでしょうね。圧巻の、劇場版並みの戦闘を。 …

落第騎士の英雄譚/有栖院凪と一輝の微妙な友情関係 落第騎士は一輝×ステラと、珠雫×凪の深イイ話

愛する兄を追って破軍学園にやってきた珠雫は、出会い頭にその思いの丈を行動で示しま …

落第騎士の英雄譚/新宮寺黒乃と西京寧音はステラと一輝に似てる? 二人は学生時代Aランクだった

主人公とメインヒロインが主食なら、いわばそれ以外のヒロインは前菜やデザートの部類 …

落第騎士の英雄譚/純度のブラコン黒鉄珠雫 バカップルを支えるのが辛くてオネエバーに通う日々…

登場から濃厚なキスを見せてくれた黒鉄珠雫。 「アナタには関係ありませんよね?」 …

落第騎士の英雄譚/最終話でハブられた桐原が大活躍してる…w とある書店の公式販促POP

とても綺麗に、人によっては懐かしい大団円を迎えた落第騎士の英雄譚。 だけどそこに …

落第騎士の英雄譚/各キャラの固有霊装登場シーン一覧 SILVER LINKは前座にも手を抜かない

落第騎士の戦闘には放映開始当初から力が入っていました。主にそれは、具体的には、視 …

落第騎士の英雄譚/4話感想 桐原よりも観客がゲスい 桐原+有栖院回だった

いよいよ七星剣武祭代表選抜戦が始まりました。 ステラの初戦は桃谷という名の重装備 …

落第騎士の英雄譚/7話感想 綾辻絢瀬を演じた“画伯”あっぱれ!思わず息を呑む決死の剣戟戦

6話終わり間際で見られた次なる対戦者、綾辻綾瀬の不適な笑み。 そこから続いた7話 …

落第騎士の英雄譚/父親公認系ヒロイン綾辻絢瀬 もちろんステラの嫉妬があったけどまさかの弟子入り

「お前がステラにやったことを考えれば、これでも生ぬるいぐらいだ」 主人公最強系ア …

落第騎士の英雄譚/5話感想 リア充ごちそうさま(-人-)なにげに細かいところが凝ってた

前話は桐原静矢(と、観客)に散々いいようにやられながらも勝利を掴んだ一輝。 本来 …