にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

落第騎士の英雄譚/一輝が黒鉄家から虐げられた理由 黒鉄厳は父である前に一人の哀れな管理人間だった

      2016/04/21

黒鉄家2
主人公である黒鉄一輝はかつて黒鉄家から逃げ出したことがありました。

その逃亡の際に出会った、年齢も吹雪にも屈さず、雄弁に語る曾祖父、黒鉄龍馬の言葉は幼い一輝を救い、猛進撃を続ける現在の一輝の原動力にもなっています。

黒鉄家_龍馬
「悔しいか小僧。自分が最弱だってことが。ならその悔しさを捨てるな。そいつはおめえがまだ諦めてねえ証拠だ。自分ってやつをな」

sponsored link


黒鉄一輝が黒鉄家から逃亡した理由

そもそも黒鉄家から一輝が逃亡したのは、自分が存在しない者として扱われていたためでした。

黒鉄家6
黒鉄家は代々、優秀な伐刀者を排出する由緒ある名家。強い伐刀者に育てあげるための英才教育は惜しみませんでした。それは兄であり、国内唯一のAランク伐刀者である王馬、妹である珠雫にも注がれましたが、一輝といえば、その教育も、黒鉄家の誇りすらも与えられず。

黒鉄家_一輝
▲ 諸々の催しでは席すらも与えられなかった幼少の一輝

黒鉄家7
そこには強い伐刀者にするための辛くとも強者の未来が最も近い教育の数々や、有望な伐刀者筆頭の黒鉄家の血筋に対する羨望などではなく、生まれつき魔力量が著しく劣っている弱小伐刀者を見る虚無の眼差ししかありませんでした。

黒鉄家_珠雫
▲ その温度、一輝の周囲から愛されない具合は、幼い頃の珠雫も敏感に感じ取っていた

周囲とは違う環境を自分が持っている場合、その理由を、子供は敏感にも感じ取ります。5歳にして飛び出してしまうのですから、幼少の一輝の感受性が強かったのはもちろん、黒鉄家の人間として、あるいは伐刀者としてのプライドは意外にも生まれつき高かったのかもしれません。それからプライドと同じく、雪の中飛び出せる、根性も。(だからこそ、英雄でもある龍馬は上のような言葉をかけたのかもしれません。)

【鉄血】当主黒鉄厳(いつき)が一輝を虐げた理由

黒鉄家の息子として生まれた一輝を幼少時から“存在しない者”として扱うその仕打ちは、何も一輝のあまりにも少ない魔力量という才能のなさだけではありませんでした。

黒鉄家は伐刀者を排出する名家の顔とは別に、国際魔導騎士連盟・日本支部としての顔があります。その日本の伐刀者を束ねる大組織としての側面は、黒鉄厳から父の顔を奪い去り、管理組織の長としての顔をのみぺったりと貼り付けました。

つまり、どういうことかというと、厳には一輝を虐げたという意識、親の意識がまるでないのでした。

黒鉄家4
黒鉄家の人間として認めてほしいなら「騎士をやめろ」、理由は「そもそも黒鉄は騎士の調和を守るために存在し、Fランクで下位の一輝が奮闘すれば、増長し、革命がおき、騎士たちの調和が乱れる」。そのくせに厳は一輝に「息子として認めている」と言い放ちます。(それは努力する一輝の姿がダメだという風にも言い換えられるでしょうね。)

菩薩_桐原2
▲ 桐原静矢の仕打ちも厳がけしかけていた

父親に対する感情が5歳から止まっている一輝は、この問答、鞭打ちをかけるような人生否定のあと、泣いてしまうのでした。(´・ω・`)

これらは【鉄血】と呼ばれる所以でもありますが、この親としての感情を大組織の管理体制に呑まれ、自身でも認識できていない哀れな父親は、おそらく最後の戦いになる東堂刀華戦の前の話にあたり、一輝の大事な生い立ち部分なのでアニメでも登場するでしょうね。

その彼なりの父親としての姿は、悲しすぎる一輝の姿と一緒に、ビショウ(ビショウは典型的前座だったのでそうでもなかったけど)、桐原、桐原戦での観客、綾辻、そして倉敷と続く、一輝を不幸にするためのクズとクズに近い人間を描くのに力を入れるスタッフですから、意味が分からないけど胸糞悪いというある意味強烈なインパクトを残す1シーンになると予想します。

黒鉄家1
今の穏やかな一輝からすれば、もし黒鉄家にいたらと思うと、ぞっとするところ(その冷静さは受け継いでいるのかもしれませんが)。“サムライリョウマ”の言葉は、ひとえに哀れな子供を強く育てる意味が多くを占めていそうですが、黒鉄家に対する刃としての期待の気持ちもきっとあったのでしょうね。

黒鉄家_龍馬1
「いいか、小僧。分相応なんて聞こえのいいあきらめで大人ぶるつまらなねえヤツになるな。諦めない気持ちさえあれば、人間はなんだってできる」

 - 落第騎士の英雄譚

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

落第騎士の英雄譚/黒鉄一輝は武士の極み その強さの理由=勝つための冷静な分析

「凡人が天才に打ち勝つには…修羅になるしかない…んだ」 第1話にて、伐刀者ランク …

落第騎士の英雄譚と学戦都市アスタリスクの類似点 比較しながら見るという新しい見方

「ヒロインの着替えを覗いた主人公が炎技で“消し炭”にするのが得意なヒロインと決闘 …

落第騎士の英雄譚/画家サラ・ブラッドリリーは一輝にヌードモデルを迫る 【七星剣武祭編のメイン・サブヒロイン】

もはやステラが一輝を見捨てる、はたまた一輝がステラを見捨てるという展開は、天変地 …

落第騎士の英雄譚/4話感想 桐原よりも観客がゲスい 桐原+有栖院回だった

いよいよ七星剣武祭代表選抜戦が始まりました。 ステラの初戦は桃谷という名の重装備 …

落第騎士の英雄譚/珍しく“メガネ”してない東堂刀華というメガネキャラ 落第騎士を盛り上げた立役者の一人

「勝つというのは背負うという事です。連れて行ってください。私達を七星の頂きへ!」 …

落第騎士の英雄譚/Qハーレムもの? A劣等生の司馬達也的なポジションに近からず遠からず

1話ではチョロインのステラ・ヴァーミリオンに惚れられ、2話では妹である黒鉄珠雫に …

落第騎士の英雄譚/実は一刀羅刹という一刀修羅の上位互換がある アニメは一刀羅刹の披露とプロポーズまで?

落第騎士も6話の折り返し地点を迎えましたね。 「僕、黒鉄君に教われば、もっともっ …

落第騎士の英雄譚/最強×菩薩な主人公黒鉄一輝 それでも卑怯と権力、それからステラの魅力には勝てない

大体の物語は、主人公の成長物語と言い換えることができます。主人公を成長させてくれ …

落第騎士の英雄譚/7話感想 綾辻絢瀬を演じた“画伯”あっぱれ!思わず息を呑む決死の剣戟戦

6話終わり間際で見られた次なる対戦者、綾辻綾瀬の不適な笑み。 そこから続いた7話 …

落第騎士の英雄譚/各キャラの固有霊装登場シーン一覧 SILVER LINKは前座にも手を抜かない

落第騎士の戦闘には放映開始当初から力が入っていました。主にそれは、具体的には、視 …