にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロード/漆黒聖典から洗脳を受けてしまったシャルティア その罰は、椅子?【ネタバレ】

      2016/04/18

シャルティア11
アニメではもう少し先になりそうですが、シャルティアにはアインズとの戦いが控えています。

だいぶ優勢でしたが(笑)、ニグン将軍との戦いは見ていてスカっとする気持ちのいいシーンに仕上がっていましたね。ただバトルというと少し違っていて。

シャルティア_ニグン
シャルティア_ニグン1
ここ最近はゆったりとした冒険の展開を続けているので、そんな最強のアインズと守護者では1vs1では最強で、相性も最悪なシャルティアとの激戦はとても楽しみです。

シャルティア8

sponsored link


洗脳されたシャルティア

漆黒聖典とは、スレイン法国が誇る六つの特殊作戦部隊「六色聖典」の一つです。(アインズに大敗し、ほとんど壊滅した陽光聖典もこれの一つ。)

かつてクレマンティーヌが所属していた部隊で、構成員は十二人と他の聖典に比べて極めて少ないですが、全員英雄級の実力者で、名実ともにスレイン法国最強の部隊です。

とはいえ、その強さはアインズにしてみれば、クレマンティーヌに対して戦士姿で苦戦を演じ、その上であっさり鯖折りにできるくらいの強さです。

シャルティア_クレマン
シャルティア_クレマン1
カジットもナーベが軽く倒せるほど

漆黒聖典に関してむしろアインズが恐れているのは、彼らの所持する世界級アイテム(ワールドアイテム)のほうです。

これは洗脳されたシャルティアもそうでしたが、守護者と言えどもその効果に逆らうことは困難とされ、同格のワールドアイテムを所持するか、最高峰の職業であるワールドチャンピオンのスキルを使用することでしか防げません。

なかには標的の完全抹消、無限の攻撃力、運営へのシステム一部変更の要求のような、正気を疑われる、そもそものゲームシステムを覆しているものも。(ギルド武器アインズ・ウール・ゴウンも、これに該当して、アルベドの設定を変えましたが、これの破壊はギルドの崩壊を意味するので、ギルド内に安置するのが普通でした。)

シャルティア9
そんなチートアイテムのため、アインズはシャルティアの失態を酌量の余地があるとして許したのでした。

シャルティアへのお仕置き

失態を許すとは言っても、何もしないのでは示しがつかないということで、アインズは罰を考えます。

とはいえ、アインズの中の人である鈴木悟は、嗜虐嗜好なんてさらさらない優しい人間なので、罰を考えるのは苦手。

アインズ4
リザードマンとの戦いが終えた後、デミウルゴスの用意した手作りの骨々でいかにもな大仰な椅子に座るのとをためらっている時に、アインズはポンと手のひらを叩き、閃いたのでした。


喜んでいて、しかも興奮しているシャルティアにアインズはドン引きし、アウラに座っていいぞと言うのでした。(笑)

アニメであるのなら、最終話あたりにもってきそうは気はしますw

 - オーバーロード

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーバーロード/プレアデスは全員美女という設定 アニメではナーベとソリュシャン以外は出番ないかもしれない

5話にて、アルベドとシャルティアと同等の準主役級の扱いを受けていたナーベラル・ガ …

オーバーロード/デミウルゴスも認める黄金ラナー姫 今日も今日とてクライムを飼いならす(=愛する)

pixivより 斧街さん 知性・頭脳という点に焦点を当てると、デミウルゴスとアル …

オーバーロード/メカなアイドル、プレアデスのシズ・デルタ セバスとユリと並ぶ人間勢の一人

プレアデスの中でも異質な存在感を放つ、シズ・デルタ。 ▲ メイド服も、ヘッドドレ …

オーバーロードに2期はあるのか考える 原作販促アニメとしての完成度の高さ

「ドイツ語だったかぁあ!?それも俺の前ではしないでくれ(必死)」 オーバーロード …

オーバーロード/エントマの“声”になったアルシェ 切なさを呼ぶ早熟の魔法詠唱者はアインズの前ではゲロを吐く

エンちゃん pic.twitter.com/Tx60T0EeUL— …

オーバーロード/2期が決まったら始まるリザードマン編 萌え要素は本当にないの?

2期の製作が待ち望まれるオーバーロード。そんな声のなかで、「リザードマン」という …

オーバーロード/ポスト顔芸のソリュシャンはセバスの子を食べていた? 捕食型スライムは人間化の夢を見るか

公式サイトが神回だと自負していた9話は、その宣言通り、かなりの盛り上がりを見せる …

オーバーロード/クレマンティーヌ役の悠木碧の演技がすごい オーバーロード三大盛り上がり所かもしれない

オーバーロードの魅力を挙げるなら、主人公であるアインズのアンチヒーロー的な存在感 …

オーバーロード/別の意味でも切り札だったパンドラズ・アクター 一番重要だったのはアインズのリアクションを引き出せることだった

11話はアルベドがヒロイン、もとい(自称)第一妃の座をいかんなく発揮した話でした …

オーバーロード/深読みでアインズを持ち上げていくデミウルゴス 実はナザリックで一番賢い第7階層守護者

顔芸でかなりネタアニメとしての認知度・期待度があがってしまった感のあるオーバーロ …