にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロード/デミウルゴスが完遂したゲヘナ作戦とは 国の存亡をかけた戦いでの唐突な雑談シーン

   

ゲヘナ_シャル1
洗脳されたシャルティアによる謀反行為、(アインズがそうなるように仕向けていたとはいえ)コキュートスの対リザードマンに対する敗北、そしてセバスの独断によるツアレの庇護。

異世界では敵なしのナザリック勢。ですが、その強さと厚い忠誠心とは裏腹に、予期せぬ失敗が立て続きに起きています。

ゲヘナ_アインズ
それらNPCの失態はすべてアインズが、子供の成長を望む親心という心境から、ナザリックの存続の確立方法とともに常々考えていたことなので、基本的に取るに足らないこととしています。ですがシャルティアが罰を望んだように(結局ごほうびでしたが(笑))、親ではなく絶対的な支配者としてアインズを仰ぐ守護者たちはそうもいきません。

ゲヘナ_デミウスゴス1
特にデミウルゴスはその筆頭でした。ナザリック随一の知将として、忠誠心の持ち主として、失態を犯さず成果を出せるよう、慎重に作戦は遂行されました。(シャルティアの遊軍扱いなど)

ゲヘナ_デミウルゴス
「なぜアインズ様を行かせたのですか!!」
▲ 12話シャルティア戦より その見た目とは裏腹に誰よりもアインズとナザリックを想っているデミウルゴス

sponsored link


ナザリックに利益をもたらす作戦「ゲヘナ」

ゲヘナ作戦は、デミウルゴスが考え、指揮もした、書籍版6巻において行われた作戦のこと。1期同様の流れでアニメ2期が放映されたら、リザードマン編、ツアレ編の次に展開される話であり、大掛かりな戦いの模様が描かれている2期の軸となるのが予想されるエピソードです。

名目は、ツアレを誘拐した八本指に対する報復。ですが、デミウルゴスはここに自身の計画(ナザリックの世界征服をするための基盤作り)を乗せることにしました。

ゲヘナ_八本指
▲ 折り込みイラストにもなっているけど扱いは…

八本指は王国の裏社会を牛耳っていた犯罪組織(いわゆるマフィアやヤクザ)。デミウルゴスは彼らとその立場を利用できると考えたのですね。つまり、全ては八本指のせいに。

内容はまず、最優先事項としてツアレの救助。
それとともに、八本指の制圧・所有する財宝の奪取。
それから、デミウルゴス自身が演じる魔王ヤルダバオトの異世界における君臨。
そしてそれを打ち倒すことにより名声と人脈を得るモモンことアインズというものでした。

イビルアイ_ヤルデバオト
人外級な力をもってしてヤルダバオトを打ち倒す冒険者モモンに対する“やらせ”疑惑を発生させないためのこまごまとした処理などは、知将の名に恥じない働きっぷりと慎重な段取りの数々によって、上手く消化されます。(アインズは全く知らぬ存ぜぬ)

やらせ試合の最高のオチっぷり

ゲヘナ1
このゲヘナ作戦は、青の薔薇やラナーや貴族たちの登場、ブレイン・クラインの戦いっぷりなど、話としても練られていてとても面白いのですが、なぜ面白いのかは、一連のやらせ試合に凝縮されているでしょうね。(八本指のあまりに早いご退場も面白いですけど)

だって、いざ国の存亡をかけて真面目に戦いをしている中で、モモンとデミウルゴスはもちろん、ナーベとプレアデス三人にいたっては「ぐわぁーっす」「きゃあ」とかやる気なく退場したあと、ゆるりと雑談するのですから。(笑)作戦を知らないアインズの蚊帳の外っぷり、うろたえっぷりも楽しい。

「それが結論か? デ――ヤルダバオト。私達は敵同士という道しかないんだな?」
「はい。その通りです」

全てはナザリックの手中なので当然なのですが。(笑)アニメになったら、戦いのシーン、イビルアイの惚れっぷりとともに楽しくなること請け合いですw

 - オーバーロード

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーバーロード/ギルド:アインズ・ウール・ゴウンの強さとその理由 そのケースは稀だった

アインズ・ウール・ゴウン。その名はDMMOオンラインゲームであるユグドラシル内で …

オーバーロード/実は大天使になる予定だったアルベド ニグレドという姉、ルベドという最凶の妹がいる

モモン編に入ってしまってからは、アインズのお供をナーベに取られ、守護者たち同様、 …

オーバーロード/アルベドのその強さはそれこそ守護者(アインズ“の”だけど) 留守番役なのはアインズを活躍させるため

異常な盛り上がりを見せていたズーラーノーン回を終え、オーバーロードも5話より続い …

オーバーロード/アインズの引き立て役に終わってしまったニグン将軍はどうなる?書籍版ではかわいそうな最期に

スレイン法国の命を受け、王国戦士長のガゼフ殺害の任を受けた陽光聖典隊長のニグン。 …

オーバーロード/実は……”つるつる”なナーベ ドッペルゲンガーは本来コピー職

オーバーロードも折り返しを迎え、アインズとの旅も3話目に突入したナーベラル・ガン …

オーバーロード/モモンガのアバター名「アインズ・ウール・ゴウン」の意味

続編が多いきらいがありますがラインナップ豊かな2015年の夏アニメ。そのなかでも …

オーバーロード/裏切りと勘違いされるセバス 制作者のたっち・みーは超がつく勝ち組

女性陣が大活躍するなか、男性陣の活躍は残念ながら少ないオーバーロードアニメ版。 …

オーバーロード/深読みでアインズを持ち上げていくデミウルゴス 実はナザリックで一番賢い第7階層守護者

顔芸でかなりネタアニメとしての認知度・期待度があがってしまった感のあるオーバーロ …

オーバーロード/別の意味でも切り札だったパンドラズ・アクター 一番重要だったのはアインズのリアクションを引き出せることだった

11話はアルベドがヒロイン、もとい(自称)第一妃の座をいかんなく発揮した話でした …

オーバーロード/迫り来るアインズvsシャルティア シャルティアのその後は?【ネタバレ】

10話にて、漆黒聖典により洗脳を受けてしまったホニョペニョ子シャルティア。 シャ …