にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

“箱”に時間と風を吹き込む 空間デザイナー野村訓市

      2016/04/02

2014年にアパレルブランドGAPが打ち出した新プロジェクト「BLUE BOX PRESENTS.」
そのプロジェクト第1弾のトータルプロデュースを任されたのはファッションリーダーとしても注目されている野村訓市さん。

2夜連続で行われたイベントでは、白シャツやカーキパンツなど、GAPのアイコンアイテムを用いた写真展とトークショーが行われました。
トークショーのテーマはアパレルブランド永遠の命題でもある“個性とはなにか”。

野村訓市8
「シンプルなものを着た時にこそ、その人の個性がでる」
このテーマについてそう考える野村さんは、ゲストのVERYのモデル、クリスウェブ佳子さん、写真家の小浪次郎さんという若い二人とトーク。二人の個性のルーツと撮影の感想などについてインタビュー。

世界各国の著名人80人のインタビューを20代の頃にほとんど一人で行った生粋のインタビュアーでもある野村さんですから、二人は緊張もあったでしょうが、気持ちよく答えられたでしょうね♪

野村訓市11
野村訓市13

さて、今回はマルチクリエイターとして活躍する野村訓市さんについてです。(`・ω・´)

sponsored link


Human’s house × Treasure box

野村訓市7
1973年、東京に生まれた野村さんは幼稚園から高校まで学習院に通うと、慶応大学総合政策学部に進学。実家は裕福。高学歴。ですがその恵まれた環境とは裏腹に野村さんには常に空虚感が付きまとっていました。

野村訓市2
「俺って何なんだろう」
青い衝動は学生時代の野村さんをあっさりと世界に放ちます。
ハマっていたアメリカンな趣味、スケボーやBMXの憧れは高校生の野村さんを単身アメリカへと向かわせましたし、合わなかった大学の雰囲気で得てしまった鬱憤は3ヶ月のインド旅行へと突き動かしました。

野村さんは行く先々でいろんな人と親しくなり、連絡先を交換。のちに彼らとの繋がりは、26歳の頃に生まれたインタビュー誌『SPUTNIK/whole life catalogue』の完成に存分に生かされることになります。

大学を卒業した野村さん。鬱憤は晴らせたものの、なかなかその先を見据えることができませんでした。ぶらぶらしていたある日、家具製造販売IDEEの黒埼社長と出会います。運命の出会い。黒崎社長のなにか面白いことをできないかという提案のもと、野村さんはIDEEからお金を借りて海の家をつくることに。

自分たちが遊んでたみたいな、ちゃんと夕焼けが見れて、chill out 出来て、いろんな音楽がタダで聞けて、人が集まって、雑多な感じにしたい。

野村訓市_スプートニク
▲ 二人がタッグを組んだ海の家「SPUTNIK」 ロシア語で“旅の道連れ”を意味する

黒崎社長は辻堂に出来た海の家「SPUTNIK」をとても気に入り、今度は別の話を持ちかけます。……なにか若者のカルチャー雑誌を。二人とも世界中を回っている経験、野村さんが世界中に友達がいることを生かせるような。
早速、野村さんは一番安い3ヶ月間の世界旅行のチケットを買い、飛び立ちました。やはり単身で。


ランキンが「俺たちもかつてそういうことをやってきたけど、ひとりでやってるのは悲惨だな」と指摘したように、野村さんの取材旅行は無謀と言えました。実際、野村さんはほとんどの著名人から門前払いをくらいます。それも当然でした。野村さんは一般人で、事務所もコーディネーターもいないのですから。

野村訓市Dazed & Confused
▲ ジェファーション・ハックとランキン・ワデルが始めたイギリスのトレンド・マガジン「デイズド」(Dazed & Confused)

しかし野村さんはめげず、まずはと、これまでの旅路でできた友人たちを尋ねまわりました。友人想いな彼らは無謀だけど行動力と若い熱弁を武器になにか重大な試みを遂げようとしている異国の友人に手を差し伸べ、電話番号から現住所から、勤務地からメールアドレスなどを教えます。アポがないので、これだけではやはり門前払いですが、野村さんは秘書にも熱弁を奮って、会うためのポイントなどまで入手してしまいます。

そうして何度も何度も、玄関からはもちろん裏口から窓から扉という扉を叩いては熱弁を奮うパワフルな日本人の存在に歴々の著名人は気づき、いつかの自分たちを見ている懐かしい気持ちになりました。

そして会ってしまえば野村さんの独壇場。若くもインテリジェンスな“口説き落とし”で、取材内容の掲載と、のちの心強い絆を見事に勝ち取ったのでした。

登山家ラインホルト・メスナー。建築家パオロ・ソレリ。デジタル・ビーイン活動を行ったマイケル・ゴズニー、アメリカの作家ケン・キージー、ファッションデザイナーのポール・スミス、……他にも人類学者、プロスケーターなど、野村さんが取材した著名人は多岐に渡り、90年代の時代背景とももに、貴重な肉声として雑誌『SPUTNIK/whole life catalogue』に掲載された人数は実に80人以上にのぼります。

野村スプートニク
野村スプートニク3
▲ ディテールまで凝っている『SPUTNIK/whole life catalogue』 英語と日本語が並ぶ


2000年の伝説のインタビュー誌の完成は、当然のように野村さんの知名度を飛躍的にあげました。知名度は彼に新しい仕事と新しい人脈を与えました。

刊行後は、雑誌「SPUTNIK」での執筆活動や二階建てバスでの日本横断旅行というユニークなイベント企画、IDEEから家具の製作活動などで改めて経験と実績を積んでいきます。それは学生時代から抱えていた野村さんの実際的な自分探しの旅でもありました。

一一とりあえず、これからのご活動っていうのは、さっきおっしゃってた、場所みたいなものを・・

 ええ、作ったりしたいし、まあ、いろんなことをやっていきたい。僕は、人を集めて、組織立てるっていうんじゃないけど、そういうのをやりつつ、まだ、自分は何が一番向いてるのか探せたらいいなと思うけど。


そうしてワールドワイドではありながら、郷土愛から活動の拠点・視点を国内に移します。自身に対する取材を含め、著名人との対談、イベントの企画・監修、アートディレクションなどの活動の傍ら、そしてクリエイター活動の拠点でもあり、現在は家具製作とショップやレストランの内装デザインをメインに手がける「TRIP STAR」を設立。野村さんはついに一つの“場所”を得たのでした。

野村訓市6
▲ シェアオフィス『partyground』のビジネステーブル

野村トリップスター
▲ TRIP STAR監修店舗 開放的で、ほんのりアメリカン 木漏れ日の差すレストランまで幅広く手がける

野村さんの作家の方からはあまり自己主張したくないという、職人的な性格がよく表れたサイトデザイン。

野村訓市9
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


そしてApple社からiphone6の発表会に招待されるなど、仕事量と共に、野村さんの認知は増加の一途。一直線に駆けていく野村さんの姿に感銘を受ける人が日増しに増えていくなか、2008年にもう一つ、プライベートの方でも佐田真由美さんという場所を得ることになります。

佐田真由美さんについてはこちら。

佐田真由美さんも自身のジュエリーブランドEnasolunaをプロデュースをしていますから、プロデュース夫婦というわけですね。(*´∀`)
現在、二児の親になったお二人は、都内の閑静な住宅地にあるヴィンテージマンションで、蛯原友里さんRIP SLYMEのILMARI夫妻と共に「建物シェア」をしています。

夫婦仲はとてもいいようです♪

 - 芸能

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

西墻由香 イナイレ風丸、スティッチのコージ役

モンスター列伝オレカバトルで、コロコロコミックコラボモンスターとして登場したゴク …

雲霧仁左衛門でおもん役の遠藤久美子 doctors3にも出演

先日、テレビ朝日のドラマ「doctors3」が最終回を迎えましたね。 とりあえず …

久保田悠来 ベルマーレ

久保田悠来さんと言えば、仮面ライダー斬月でしょうか? それとも、テニプリの跡部景 …

ツキがある新人女優山崎紘菜 僕等がいた 悪の経典

先日、福士蒼汰さんと三池崇史監督とともに第9回ローマ国際映画祭に参加した山崎紘菜 …

瀧本美織再デビュー アニメ歌手として SONYの傾向

SONYから新しいバンドが誕生しました。 LAGOONというバンドで、ボーカルこ …

KERAモデルのAKIRA ヴァンパイア騎士の玖蘭柩役

寮長としてヴァンパイアのみが集められたナイト・クラスの生徒たちをまとめる玖蘭柩( …

舌足らずを改善?笑うと可愛い直情系女優片瀬那奈

ケープのCMに出演した片瀬那奈さん。 まだまだ衰えを見せない美貌が話題になりまし …

尾崎豊と斉藤由貴 小樽で

今年に入り、斉藤由貴さんがデビュー30周年を迎えました。(^-^)/ 一時期はお …

ストレイヤーズクロニクル 鈴木伸之は壮【超高速移動能力者】

鍛え抜かれた筋肉であったり、福士蒼太さんと似ているという噂だったり、話題に事欠か …

ViVi、グラマラスのカリスマモデル岩堀せり TAKUROの嫁

ファッション誌ViViの全盛期を築いたモデルの一人、岩堀せりさん。 土屋アンナさ …