にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロード/洗脳されたシャルティアを倒したのはアインズ だけど本当に脅威なのは…【ネタバレ】

      2016/04/18

12_シャル1
シャルティアとの激戦が繰り広げられた12話。

そのバトルの模様(特に前半)は、数々の魔法とスキルが行き着く暇なくぶつかり合い、最強の魔法詠唱者のアインズの力がいかんなく発揮されているマジック・バトルでもありました。でも生殺し。ぐっ。

12_シャル12_アインズ15
従来の格闘バトルの迫力とは違い、アインズは魔法名を毎回言いますし(=魔法の詠唱と発動)、服が裂ける、傷ができるなどの物理的ダメージも少ないですから、従来のバトルアニメが好きな人にとっては違和感のあるバトルとなったかもしれませんね。

12_シャル212_シャル3
「(きったねぇ!!自分で召喚した眷族を回復に使うかよぉ!?)」
▲ ダガ、色々ナ新シイ要素ト、オーバーロードラシサヲ最後マデ見セテクレル製作陣ハ、アッパレダ。(コキュートスの活躍が見たい。)

それでもシャルティアはどちらかと言えば物理タイプ。魔法詠唱者特化のアインズのHPや防御力のステータスは貧弱の一言ですし、シャルティアがこの弱点を突いてこないはずがありません。

12_アインズ16

sponsored link


最終話では引き続きその格闘バトルが披露される

生物・大地・空気すべてを殺し、周囲を砂漠化させた大迫力な特殊スキル「“あらゆる生あるものの目指すところは死である”」。

12_アインズ19
アインズのMPはほとんどなくなりました。ですが、シャルティアと言えば、制作者であるペロロンチーノが持たせていた蘇生アイテムで死を免れ、全快。眷属を攻撃してHP回復したりと戦い方がなかなかせこいですシャルティア。(笑)ナザリックの戦い方ここにありきといったところでしょうか?

とはいえ、同じくナザリック勢であるアインズもまたこれで終わりません。というか、課金廃人ですから黙っているわけがありません。マジックアイテム・フェチの称号も泣くというもの。

12_アインズ17
「私のMPが無くなれば雑魚だから…そう考えて、温存する事なく力を使ってくれた事に、深い感謝を送るよ。」

12_アインズ18

友人たちの力を借りて

12_アインズ13
まだ停止状態のシャルティアに撃った最初の超位魔法「失墜する天空<フォールン・ダウン>」を詠唱中に出した、これら。

12_アインズ14
「((皆さんの力、お借りします)」

重要な場面で使うんだろうなぁと予想した人もたくさんいるでしょうか、明らかにフラグだったこれらが切り札となる課金アイテムです。

お札の方は、たっち・みーやペロロンチーノなど、それぞれのプレイヤーの装備品を一つ装備することができます。プレイヤー名と同じくなんともばらつきのある書かれている言葉は、それぞれが装備していた武器の名前です。(場違いさが半端ない(笑)「女教師怒りの鉄拳」は、ユリ・アルファをつくったやまいこの武器。)

12_アインズ12
それからぶくぶく茶釜のお兄ちゃんボイスを出した腕時計ですが、…ただの腕時計です。(笑)アインズがそんな腕時計を取り出したのは、力を借りて共に戦う決意をする意味合いも大きいでしょうが、ストップウォッチ機能により、対シャルティア戦に準備したアインズの計画が全て計画通りに進行していったという証拠にもなっています。

それから。最終話にもってくるに相応しい感動的な最期をシャルティアに与える人物の声なのですね。

何をもって感動的なラストとするのか。

それは朋友たちの装備を借りて激戦を制した友愛心と寂寥感に溢れるアインズの姿かもしれませんし、全快だったシャルティアのHPを物理バトルで削った末に放たれる超位魔法で倒すアインズの極めて計画的で、至高の御身らしい戦いっぷりだったかもしれません。


…アインズはシャルティアとの戦いには鈴木悟を捨てて臨んだはずが、それは最後の最後で躊躇いを見せてしまいます。その主の慈愛の隙を見逃さないシャルティア。

でも突如としてシャルティアの横に、「どうしても無視できない強大な敵意」が向けられます。シャルティアは、思わず振り返ってしまうのでした。ある誰かが怒る時の気配にも似ているそれに。

 同時に薄れゆく意識の中に、ここにいない筈の人物の像が浮かぶ。この勝敗の明暗を分ける状況を作り出した人物。
 基本的にアンデッドは精神系の効果を無効化する。しかし、中には同じような効果を持つにもかかわらず、精神系効果と見なされないものがある。それを使用した者。
「……ちび」
 そして満足したように、白色の世界にシャルティアは完全に消え去った。 [ 書籍版3巻 より ]


12_アウラアインズ_アウラ1デミウルゴス_アウラシャルティア
「吐息」は、精神系魔法と似ている効果を持ちながら精神系魔法にカテゴリライズされていないスキル。想像が膨らむ決着でもありますが、やはり、弟は姉には適わない生き物、なのかもしれませんね。(^-^*)

 - オーバーロード

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーバーロード/シャルティアと同程度の実力、番外席次 その少女の外見は厨二病そのもの

仮想の未来ではユグドラシルが一大ブームを引き起こしたように、リアルの世界でもムー …

オーバーロード/宮野真守のテンションが絶好調!最後の顔芸人となるか、パンドラズ・アクター

と言っても、パンドラズ・アクターにはナーベの本性同様、子供がペンで塗りつぶしたよ …

オーバーロード/メカなアイドル、プレアデスのシズ・デルタ セバスとユリと並ぶ人間勢の一人

プレアデスの中でも異質な存在感を放つ、シズ・デルタ。 ▲ メイド服も、ヘッドドレ …

オーバーロード/アインズがゲームの世界なのを実感した12話 バフ27個がけを描写するほどのガチゲーム感

「ふっふっふ。やはりそうか。完全な敵対行動にみなさない限りは戦闘準備にすら入らな …

オーバーロード/左手の薬指に指輪をはめたマーレ これってなんか暗示してる?

アウラとともに第6層を守る守護者マーレ・ベロ・フィオーレ。 完全に女の子していま …

オーバーロードに2期はあるのか考える 原作販促アニメとしての完成度の高さ

「ドイツ語だったかぁあ!?それも俺の前ではしないでくれ(必死)」 オーバーロード …

リゼロとオバロに思ったこと タイプの正反対な二人のゲーム好きの異世界主人公

今季春から夏にかけて放送しているRe:ゼロから始める異世界生活。 一つ目のピーク …

オーバーロード/裏切りと勘違いされるセバス 制作者のたっち・みーは超がつく勝ち組

女性陣が大活躍するなか、男性陣の活躍は残念ながら少ないオーバーロードアニメ版。 …

オーバーロード/クレマンティーヌ役の悠木碧の演技がすごい オーバーロード三大盛り上がり所かもしれない

オーバーロードの魅力を挙げるなら、主人公であるアインズのアンチヒーロー的な存在感 …

オーバーロード/人間では戦士職最強だったクレマンティーヌ ガゼフも目じゃない

▲ ボブ美人なクレマンティーヌ。というかキュート。まぁ崩れるんだけど。(笑) か …