にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロード/左手の薬指に指輪をはめたマーレ これってなんか暗示してる?

      2015/08/21

マーレ2
アウラとともに第6層を守る守護者マーレ・ベロ・フィオーレ。

マーレ1
完全に女の子していますが、実際は男の子。

デミウルゴス_マーレ
マーレはいわゆる「男の娘」ですが、それは至高の41人、もといナザリックに所属していたプレイヤーの一人、ぶくぶく茶釜がつくった設定によるため。

完全に女の子してます。(笑)ちなみにぶくぶく茶釜は現在は売れっ子声優なんだそう。

sponsored link


か弱い男の娘だけど、魔法力はデミウルゴスに次いで守護者2番手

というのは、守護者含め、ナザリックでは最強に一番近いと目される男、セバスの言。

マーレ
web版ではヒロインがシャルティアだったのが、書籍版ではアルベドと二分したように、マーレもまたアウラから派生した守護者。ただ、左右それぞれ逆のオッドアイとエルフ族ということで、双子のような、外見的にもとても分かりやすくはなっています。

マーレ8
2話で見せてくれた大地改変の大魔法など、本来その優秀な魔法力はアウラのものでした。外見も、内面もわかりやすくしたのでしょうね、マーレに引き継がれ、魔法力のなくなったアウラは、テイマー職と戦闘力の方に重きが置かれています。
性格もそうですが、二人で一つ的なそれこそ双子の位置づけになってます。

ナザリック地下大墳墓を隠すというその働きに指輪を渡す

そんなマーレですが、アニメでは一番最初に任務らしい任務をこなしていた一人。

マーレ7
マーレは守護者の中でも一番気弱で、登場時よりアウラから檄を飛ばされていたり、言ってみれば弱そうなだけに、印象的なシーンでした。(デミウルゴスもアルベドも、ついてきて、しゃべるだけでしたしね。)

マーレの働きにアインズは褒美を考えます。デミウルゴスの「アインズ様がお声をかけるだけで十分かと」というアドバイスは、いかにも至高の立場の人間に仕える者の発言でありながら、マーレの甲斐甲斐しい働きをかんがみると、さながらアリとキリギリスを見ているような気にさせられます。

マーレ6
また、マーレの気弱で意志薄弱でありながらの堅実な働きっぷりは、アインズのサラリーマン魂、郷土的に、同感させるものがあったのかもしれません。その同胞意識と、同性であることから、マーレにナザリック間を転移可能な指輪、「リング・オブ・アインズ・ウール・ゴウン」を渡すのに何のためらいも生まれなかったのでしょうね。

マーレ5
ですがもしアインズが童貞でなかったら、はめた指輪の位置をもう少し気にしていたかもしれません。(笑)

まぁ、アルベドの「フゥウっ!!」に対する反応を見るあたり、指輪を与える行為自体の重要な意味は理解しているようですが…w

マーレ_アルベド

そのため、暗示というよりかは、マーレのヒロインっぷりの強調もありますが、アルベドの顔芸(奇行)を見せるためというのが妥当かと思われます。(笑)

 - オーバーロード

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーバーロード/アインズ様の強さが半端ない! これぞ悪の権化!だけどもっと強い人はたくさんいる

やっぱり顔芸アニメにしてきた。(笑) オーバーロードという名の大魔法使いの姿、対 …

オーバーロード/クレマンティーヌ役の悠木碧の演技がすごい オーバーロード三大盛り上がり所かもしれない

オーバーロードの魅力を挙げるなら、主人公であるアインズのアンチヒーロー的な存在感 …

オーバーロード/デミウルゴスが完遂したゲヘナ作戦とは 国の存亡をかけた戦いでの唐突な雑談シーン

洗脳されたシャルティアによる謀反行為、(アインズがそうなるように仕向けていたとは …

オーバーロード/アインズの引き立て役に終わってしまったニグン将軍はどうなる?書籍版ではかわいそうな最期に

スレイン法国の命を受け、王国戦士長のガゼフ殺害の任を受けた陽光聖典隊長のニグン。 …

オーバーロード/プレアデスは全員美女という設定 アニメではナーベとソリュシャン以外は出番ないかもしれない

5話にて、アルベドとシャルティアと同等の準主役級の扱いを受けていたナーベラル・ガ …

オーバーロード/アルベドが好きなのはアインズではなくモモンガ 部屋には大量のアインズ人形と関連グッズがわんさか

第一妃の座をあの手この手で狙っているアルベド。 どんな手なのかと言えば、ナザリッ …

オーバーロード/ヤツメウナギだったシャルティア アルベドとの第一妃争いが不利すぎる

ニコニコ静画より KAZUKIさん 10話でクローズアップされたシャルティアの本 …

オーバーロード/新たな顔芸キャラ参入?クレマンティーヌは英雄級の強さを誇るけど人格破綻者

5話で登場したナーベは、ヒロイン二人の顔芸がインパクトあったこと、守護者たちから …

オーバーロード/別の意味でも切り札だったパンドラズ・アクター 一番重要だったのはアインズのリアクションを引き出せることだった

11話はアルベドがヒロイン、もとい(自称)第一妃の座をいかんなく発揮した話でした …

オーバーロード/宮野真守のテンションが絶好調!最後の顔芸人となるか、パンドラズ・アクター

と言っても、パンドラズ・アクターにはナーベの本性同様、子供がペンで塗りつぶしたよ …