にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロード/ヤツメウナギだったシャルティア アルベドとの第一妃争いが不利すぎる

   

シャルティア13
ニコニコ静画より KAZUKIさん

10話でクローズアップされたシャルティアの本性は、清楚系だった鬼束ちひろの変貌ぶりくらい衝撃的なものでした。

本性があるのはナザリックの女性NPC全員がそうですし、OPでもちらっとながら出ていましたが、あそこまで長々としかもかなりのレベルな醜さを露呈されると……色々と難しいところ。

sponsored link


第一妃の座を争っていたアルベドと言えば、

シャルティア_アルベド1
こうきて、

シャルティア_アルベド2
こうこう

アルベド36
「最後にお残りになられた、慈悲深きアインズ様…どうか、いつまでも私どもの上に君臨して下さいますよう…」

アルベド37シャルティア_アルベド3
「お約束ください!私達を置いて、この地を去らないと」

アルベド38
「もはやお引止めはしません。ただ最後にお約束ください。必ずここに戻ってくると」

この泣き顔は反則。ナーベもそうでしたがここにきて作画の顔レベルがやばい。超可愛い!ヒロイン!

かなり攻めてきた感じですが、今まで悪い面ばかりが出ていた「モモンガを愛している」の一途さがアインズの覚悟にきて正ヒロインとして開花してきましたね。

ただ、どちらが現実の女性像としてありそうかと問えば、シャルティアです。そのアインズに投げられる愛の言葉はアインズの「骨」に対してであり、死体愛好の延長というのが納得しやすいですし、同時に、変わらず行われているレッサーヴァンパイアたちに対する同性愛欲求の満たしは、言ってみれば、恋人を大切にしながらも同じくらい趣味に没頭するような、現代人の冷静な恋愛観と通じるところがあります。

恋なんていうのはエゴとエゴのシーソーゲームほんの些細なきっかけでその幕をあげるのはよくあること。ただ一つの得意な技術にたった一つの変わった嗜好。たまたま見られた野良猫に対する優しげな横顔。ただ一瞬のはちきれんばかりの笑顔、真剣な表情もろもろ。また、終わるのもあっけないものだったりします(yahoo!知恵袋などにはそんなエピソードがたくさんあります)。

アルベドの恋は抱き枕を作り、孕んでもいない子供の服を男女両方つくるほどに永遠の愛かもしれません。ですがそのあまりの一途さのために非現実的な女性としても描かれています。(ヤンデレって「超」一途なんですね)

実際女性が複数の顔を持ち、鬼のような一面を結婚するまで隠しておくというのは数々の男性の嘆きからもいつの時代も言われていること。先に本性を表したシャルティアはそれだけ男性を慮っている素直ないい女性だと思えば(実際性格の良し悪しは、シャルティアに分があるでしょうね)、あの本性も、受け入れられる、かもしれません。う、うん。

シャルティアのかっこ可愛いカットで締めておきます(*´3`)ノ

シャルティア18
「私は残酷で冷酷で非道で、可憐なバケモノでありんす」

シャルティア23
「チクショー!!二人も人間を取り逃してしまった!!アインズ様に叱られる…」
▲ 本性と対アルベド以外では顔は崩れない

シャルティア16シャルティア17シャルティア15シャルティア19シャルティア17
実際どっちが人気高いんだろう。


(うさみみでこっそりアピールしてきたナーベ株があがってそうだなぁ)

シャルティア_ナーベ

 - オーバーロード

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

リゼロとオバロに思ったこと タイプの正反対な二人のゲーム好きの異世界主人公

今季春から夏にかけて放送しているRe:ゼロから始める異世界生活。 一つ目のピーク …

オーバーロード/OPアニメからアインズたちの軌跡を辿る 稀に見る最高にクールな疾走感のOP

今期のアニメ、ガチ勢としては屈指の人気を誇るオーバーロード。原作である書籍版は8 …

オーバーロード/クレマンティーヌ役の悠木碧の演技がすごい オーバーロード三大盛り上がり所かもしれない

オーバーロードの魅力を挙げるなら、主人公であるアインズのアンチヒーロー的な存在感 …

オーバーロード/強い者には敬意を表す 悪魔らしからぬ守護者コキュートス ダンバインか鳥山明か

二足歩行の昆虫を思わす2.5mを超す巨大な体。鉱石のような、エメラルド寄りの水色 …

オーバーロード/アルベドのその強さはそれこそ守護者(アインズ“の”だけど) 留守番役なのはアインズを活躍させるため

異常な盛り上がりを見せていたズーラーノーン回を終え、オーバーロードも5話より続い …

オーバーロード/デミウルゴスも認める黄金ラナー姫 今日も今日とてクライムを飼いならす(=愛する)

pixivより 斧街さん 知性・頭脳という点に焦点を当てると、デミウルゴスとアル …

オーバーロード/オバロのMMO感は随一 アインズは一応ハーレム主人公だけど律儀でいい人

アインズはギルド:アインズ・ウール・ゴウンでどんな立ち位置にいたか? 「…ふざけ …

オーバーロード/裏切りと勘違いされるセバス 制作者のたっち・みーは超がつく勝ち組

女性陣が大活躍するなか、男性陣の活躍は残念ながら少ないオーバーロードアニメ版。 …

オーバーロード/モモンガのアバター名「アインズ・ウール・ゴウン」の意味

続編が多いきらいがありますがラインナップ豊かな2015年の夏アニメ。そのなかでも …

オーバーロード/シャルティアと同程度の実力、番外席次 その少女の外見は厨二病そのもの

仮想の未来ではユグドラシルが一大ブームを引き起こしたように、リアルの世界でもムー …