にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

落第騎士の英雄譚/実は一刀羅刹という一刀修羅の上位互換がある アニメは一刀羅刹の披露とプロポーズまで?

      2016/04/17

落第騎士も6話の折り返し地点を迎えましたね。

一刀羅刹_絢瀬2
「僕、黒鉄君に教われば、もっともっと強くなれる気がするんだ」

新たなヒロイン綾辻絢瀬も加わり、そのひたむきな強くなりたいという想いは、一輝とステラの物語にいっそう“剣術道感”を強めた感があります。

一刀羅刹_一輝1
▲ 剣術道はフトモモにも屈さない…!

一刀羅刹_一輝3
▲ これには屈したけど…(笑)

絶望的な状況に屈しない気概は、一般の感覚から敬遠される

一輝には、魔力量の少なさ=才能の無さという拭いきれない現実がありました。その現実を真実味をもって突きつけられたのは、実際もう少し大きくなってからだとは思いますが、

一刀羅刹_一輝2
こんな子供の頃から家出を決意するくらい絶望していたのだと思うと、一輝の絶望には計り知れないものがあります。英才教育と同じくらい、幼少時から抱かされたトラウマはその人の才能を伸ばすとはよく言いますね。(確か、アルスラのヒルメス記事でも書きました。)

絢辻_一輝
もちろん、そこには一輝の強い意志も由来していて、尋常ならざる長年の鍛錬は、現在のスーパー基礎能力を持つ剣士を作りました。(今思えば、1話でステラが見せた衝撃的な腹筋シーンはその象徴だったのですね…w

世の中は必ずしも一輝のような忍耐強い気概を歓迎しません。それはある種、柔軟性がなく、頑固だと言え、はたまたその口数の少なさは才能ある者の周囲への軽蔑の態度にも見えるからです(現実だと、便利な世の中になったんだからもっと妥協していい・効率を考えるべきという時勢の側面もありますが)。そうした周囲の反応を代弁しているのが有栖院凪であり、0巻の折木有里先生であり。

一刀羅刹_ステラ
▲ ステラもその世の中の理を知っている

その結果は、実力とは裏腹に、有栖の指摘どおり、能力値選抜制からトーナメント方式への変更を知らされても動じないほど落ち着いた学生になってしまっていました。

一分間から一振りへ

そんな一輝の伐刀絶技は、一刀修羅。言わずもがな、1分間に全てをかける一輝の最大の技ですが、それは早くも倉敷蔵人戦で頭打ちを迎えてしまいます。

蔵人戦では、改良版綾辻流天衣無縫でなんとか切り抜けましたが、後の東堂刀華戦では、さすがに「雷切」と呼ばれる学内1位騎士だけあり、最初のぶつかり合いで一刀修羅が通じないことを悟ってしまう一輝。

珠雫_一輝
そこで編み出すのが1秒間に全てをこめる「一刀羅刹」なのでした。そして、一輝は勝利を飾るとともにステラにプロポーズ。ラノベ的テンプレをかわしていった最大の結果としての見せ場も演出できますし、アニメは、内容的にこのあたりで終えるかもしれません。きりもいいですしね。

 - 落第騎士の英雄譚

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

落第騎士の英雄譚/世界最強の剣士エーデルワイス 天使のような外見だけど世界最悪の犯罪者でもある

ステラの脱ぎっぷりや(笑)、一輝のあまりのドMっぷりで忘れがちですが、落第騎士の …

落第騎士の英雄譚/1話感想「腹筋エネルギー」 実はスタッフの意気込みが分かりやすい設定に隠されているのかもしれない

どこかで見た顔と設定とヒロイン。 典型的なラノベ学園物語なのは、すぐにも分かると …

落第騎士の英雄譚/3話感想 顔芸アニメ化してきた 顔芸+美グラな戦闘=魅せる良アニメ

「もちろん!一輝みたいに相手を研究するのも大切だとは思うけど!」 もう付き合っち …

落第騎士の英雄譚は一輝がコツコツ努力したように3つの見所を着々と進化させていった

落第騎士は終わりを間近にして3つの沸点を迎えました。 9話でのステラの工口パート …

落第騎士の英雄譚/4話感想 桐原よりも観客がゲスい 桐原+有栖院回だった

いよいよ七星剣武祭代表選抜戦が始まりました。 ステラの初戦は桃谷という名の重装備 …

落第騎士の英雄譚/「1%を100%に」生徒会の御祓泡沫は強者っぽいけど実はほとんど戦えない

盛り上がりを見せている、綾辻絢瀬、倉敷蔵人の両名が活躍した近頃の落第騎士。 ▲ …

落第騎士の英雄譚/ステラのチョロインっぷりをまとめてみる【中編】最弱騎士の背中を最強騎士は追いかけていく

「東堂さん、パンツ見えてますよ」 11話での刀華の下着に視線をそらす一輝ですが、 …

落第騎士の英雄譚/父親公認系ヒロイン綾辻絢瀬 もちろんステラの嫉妬があったけどまさかの弟子入り

「お前がステラにやったことを考えれば、これでも生ぬるいぐらいだ」 主人公最強系ア …

落第騎士の英雄譚/11話のモノクロ演出の理由 一輝が見る黒鉄家は“過去”で止まってしまっている

黒鉄家の記事でもお伝えしましたが、11話は原作通り、いわゆる胸糞な展開でしたね。 …

落第騎士の英雄譚/7話感想 綾辻絢瀬を演じた“画伯”あっぱれ!思わず息を呑む決死の剣戟戦

6話終わり間際で見られた次なる対戦者、綾辻綾瀬の不適な笑み。 そこから続いた7話 …