にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

落第騎士の英雄譚/純度のブラコン黒鉄珠雫 バカップルを支えるのが辛くてオネエバーに通う日々…

      2016/04/21

珠雫5
登場から濃厚なキスを見せてくれた黒鉄珠雫。

珠雫4
「アナタには関係ありませんよね?」

でもそんな盲目な兄弟愛も始めだけで、回を重ねる毎に珠雫の態度は軟化いきます。

珠雫_ステラ2
それは明らかにチョロインのステラこと正妻のせい。

珠雫_ステラ
一輝もまた、一般人を助けるために下着までも脱ごうとしたステラに抱きついて無事を喜んだり、大観衆の中の大告白のおかげで勝利を掴んだり。看病だったり、トレーニングだったり結局二人はいつも一緒。珠雫の気持ちは穏やかであるはずがありません。

珠雫13
「殿下が学ぶべきなのはあ、遠慮とか空気読むとかじゃないですかあ」
「空気読んだからこそよ。実の兄にキスする破廉恥な妹とお出かけなんて危険すぎるもの」

sponsored link


奴隷にするとか一輝の性格上ありえない

珠雫_一輝1珠雫1
「(ある日私は気付いてしまった。私が大好きなあの人がずっと抱え続けていた痛みに。父も母もあの家の誰もが決してあの人を愛さない。それどことか今以上に苦しめることを厭わない)」

誰よりも兄である一輝を想い、その幸せを願ってきた珠雫。具体的にどのような形が一輝にとっての幸せなのか。それは、家庭環境も性格も一輝と似たところのある綾辻絢瀬とのやり取りの節々に見られました。

珠雫_絢瀬
それはいわゆる、似たもの同士の穏やかで慎ましい男女の仲というもの。しかも綾辻家は、剣術の道場を持っています。もし一輝が彼女と一緒になれば、性格上彼女が一輝を裏切るようなことは考えにくいし、一輝もまた、憧れの剣士のもとでいつまでも自身の剣術を鍛えることができる。

珠雫11
「お兄様が幸せになるなら、相手は私でなくても構いません。その人がお兄様に幸せを与えてくれるのであれば、私は喜んで祝福します」

そんな“好物件”を知ってか知らずか自分の気持ちばかりを素直に吐くステラ。それは一輝の幸せを一途に考えてきた人間の一人からしてみれば、あまりにも考えが及んでいない行動であり。だけど、そんなステラを一輝が認め、仲が深まっていくのと同時に少しずつ現状を打破していく様子を見てみると、むしろ、考えが至らなかったのは自分の方かもしれない。

珠雫_一輝2
「ありがとう、ステラ。いい喝が入った」

いつもしていたステラに対する姑のようないじりの数々は、弱々しくなってしまいました。

珠雫12
「あなたが色々大きいくせに子ども過ぎるんじゃないですか?あと、足太いですよ」

一番の理解者から一番深い愛情をもって見守る者へ

珠雫2
「優しいお兄様の事が、私大好きだった。だけどある日、家族がお兄様にしてきた仕打ちに気付いて…そして決めたの。父親の愛も、母親の愛も、兄の愛も、妹の愛も、全て私が一人でお兄様に与えようって…」

珠雫9珠雫10
その適わぬ恋を夢見る気持ちは、オネエで、痛みを知っている有栖院に通じるところがあったのかもしれません。

珠雫7
▲ それでも一輝とのカップルはなんとしても阻止しますが。(笑)

落第騎士の英雄譚は、一輝とステラのバカップルな恋愛物語が主軸と言えます。でもそんなバカップルな日々が送れるのは、誰よりも兄を想ってきた珠雫の至上の犠牲愛の切なさの上で成り立つものなのかもしれませんね。

 - 落第騎士の英雄譚

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

落第騎士の英雄譚/最終話でハブられた桐原が大活躍してる…w とある書店の公式販促POP

とても綺麗に、人によっては懐かしい大団円を迎えた落第騎士の英雄譚。 だけどそこに …

落第騎士の英雄譚/出番が多い脇役日下部加々美 他校の新聞部との絡みが結構濃ゆい【ネタバレ】

落第騎士もついに最終話を迎えようとしています! カットを見る限り、海空りくさんの …

落第騎士の英雄譚/2話感想 ○女と言わせない圧倒的な真面目ななにか

「ある日私は気付いてしまった。」 知らないキャラの語りで始まった奴隷騎士の歓喜日 …

落第騎士の英雄譚/2位の貴徳原、3位の兎丸に4位の砕城 実はきちんと強い生徒会メンバー

毎度おきまりの直前予告が入り、9話ではステラの甘~い誘惑とともに、原作通りの合宿 …

落第騎士の英雄譚/1話感想「腹筋エネルギー」 実はスタッフの意気込みが分かりやすい設定に隠されているのかもしれない

どこかで見た顔と設定とヒロイン。 典型的なラノベ学園物語なのは、すぐにも分かると …

落第騎士の英雄譚/珍しく“メガネ”してない東堂刀華というメガネキャラ 落第騎士を盛り上げた立役者の一人

「勝つというのは背負うという事です。連れて行ってください。私達を七星の頂きへ!」 …

落第騎士の英雄譚/ステラのチョロインっぷりをまとめてみる【中編】最弱騎士の背中を最強騎士は追いかけていく

「東堂さん、パンツ見えてますよ」 11話での刀華の下着に視線をそらす一輝ですが、 …

落第騎士の英雄譚/7話感想 綾辻絢瀬を演じた“画伯”あっぱれ!思わず息を呑む決死の剣戟戦

6話終わり間際で見られた次なる対戦者、綾辻綾瀬の不適な笑み。 そこから続いた7話 …

落第騎士の英雄譚と学戦都市アスタリスクの類似点 比較しながら見るという新しい見方

「ヒロインの着替えを覗いた主人公が炎技で“消し炭”にするのが得意なヒロインと決闘 …

落第騎士の英雄譚/5話感想 リア充ごちそうさま(-人-)なにげに細かいところが凝ってた

前話は桐原静矢(と、観客)に散々いいようにやられながらも勝利を掴んだ一輝。 本来 …