にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロード/蜘蛛人のプレアデス、エントマ 仇敵のイビルアイはアインズに惚れてしまう

      2016/04/18

エントマ5
プレアデスの中でもシズ・デルタとともに、妹感の強いエントマ・ヴァシリッサ・ゼータ。

エントマ1
長い袖をふりふりする仕草がとても可愛い彼女ですが、もちろん異形種。蜘蛛人(アラクノイド)と言って、虫の足を模したような髪からも想像つく方もいるかもしれませんね、口から蜘蛛の糸を吐いたりする本性は虫、蜘蛛のNPCです。

そして、人を食べます。

エントマ3
「エントマ!口に食べ残しが。」
「ぐろっ」 (ぷれぷれぷれあです4話)

ばりむしゃあ。(笑)ただ、ナーベのように、人間に対して軽蔑というか下等だとする意識はありません。もちろん、アインズは大好きで、特に自分の本当の声を褒められると嬉しく感じます。

エントマ4

sponsored link


基本的にはサポート役

虫にまつわる職業というのは、虫そのものの儚すぎる生命力や色々な生物より劣る知能のせいか、あまり強くないのが一般的。エントマもまたそうで、小柄な体そのままに格闘力など前線で戦う能力は他のプレアデスより劣っています。

エントマ6
どちらかと言えばエントマは、符による術と召喚した蟲による戦闘力の強化を得意としているサポート役です。(まぁ、Gの恐怖公の存在もそうですし、虫というのは私たちをぞわっとさせることに年々長けてきていますから(笑)、時代が時代なら、エントマのような虫に関する職はもっと最強になるのかもしれませんが。)

それからエントマで面白いのは、その顔も体も、声(口唇蟲)ですらも擬態した蟲の集りだということ。もちろん、本体は蜘蛛人の通り「巨大な蜘蛛」なのですが、擬態と聞いて、スライムであるソリュシャンの擬態はなんとなく想像ができようものの、エントマの蟲による擬態は想像しようにも難しい人がいるかもしれません。

エントマ_油目1
エントマ_油目
NARUTOを読んだことのある方は、蟲使いの油女シノの術の数々を思い出すと分かりやすいですね。思わずぞっとしますが、エントマもああやって無数の蟲を体のいたるところに鎧のように貼り付けて、メイドの姿を維持しています。(油目シノほどあからさまなシーンは描写されていませんし、その可愛い外見からクローズアップされる日は遠そうですが。)

また余談ですが、作者のくがねさんによって子持ちだという衝撃の事実が明かされています。(笑)

敗北を喫してしまうナザリック勢の一人

レベル50以上のプレアデスたちを始めナザリック地下大墳墓のNPCたちは、レベル30で英雄級の扱いを受ける異世界ではほとんど別次元の強さを誇ります。ですが、それは人間たちに限っての話。

転移した異世界にもまた人外の存在はあって、彼らの多数は人間以上の強さを誇り、それから六大神や、八欲王や、十三英雄など、かねてからアインズの懸念していたプレイヤーの存在もあり、必ずしも最強の集団ではありません。

エントマ2
その例として、シャルティアが洗脳されたり、結局は圧倒的ではあったとは言え、リザードマンに対するコキュートス軍勢の敗北などがあります。エントマもまた青の薔薇のイビルアイから敗北を喫したそんな一人。

ただ、3vs1であったこと、《ヴァーミ・ペイン/蟲殺し》というエントマだけを殺すような対蟲の魔法をもっていたからなのですが。しかも、イビルアイはエントマとアインズの憎悪をよそに、アインズにべた惚れしてしまいます。伝説の吸血鬼である“国堕とし”であるにもかかわらず。

 - オーバーロード

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーバーロード/子供みたいなイビルアイがかわいいw 惚れたあとは「うわああああ」とか叫び声をあげまくる

アニメでは残念ながら登場しなかったイビルアイ。 その小さな体とは裏腹に、王国のア …

オーバーロード/ナザリック相手に果敢に努力する天才剣士ブレイン ガゼフとは戦友

オーバーロードは、ナザリック地下大墳墓の主たるアインズを主人公に据えた物語。 ア …

オーバーロード/新たな顔芸キャラ参入?クレマンティーヌは英雄級の強さを誇るけど人格破綻者

5話で登場したナーベは、ヒロイン二人の顔芸がインパクトあったこと、守護者たちから …

オーバーロード/実は……”つるつる”なナーベ ドッペルゲンガーは本来コピー職

オーバーロードも折り返しを迎え、アインズとの旅も3話目に突入したナーベラル・ガン …

オーバーロード/グッズのデザインが結構攻めてきてる 心配だったグッズの売り上げだけど結構大丈夫そう?

▲ 「最後の一撃は、せつない」(ワンダと巨像) コピーライターは、商品イメージを …

オーバーロード/アルベドの裏切りはなさそうだけど… 慈悲深き純白の悪魔は抱き枕を作りあげる(匂いつき

6話を迎えたオーバーロード。 のんびりとしたRPGの流れに、1クールで終えるのは …

オーバーロード/宮野真守のテンションが絶好調!最後の顔芸人となるか、パンドラズ・アクター

と言っても、パンドラズ・アクターにはナーベの本性同様、子供がペンで塗りつぶしたよ …

オーバーロード/アルベドのその強さはそれこそ守護者(アインズ“の”だけど) 留守番役なのはアインズを活躍させるため

異常な盛り上がりを見せていたズーラーノーン回を終え、オーバーロードも5話より続い …

オーバーロード/深読みでアインズを持ち上げていくデミウルゴス 実はナザリックで一番賢い第7階層守護者

顔芸でかなりネタアニメとしての認知度・期待度があがってしまった感のあるオーバーロ …

オーバーロード/イケメンな鈴木悟が見れる深山フギン版 フェアリーなタッチから生まれる眼窩の老獪さとデフォルメの可愛さ

2015年はオバロファンにとって、やはり革命の年になったでしょうか。 あっさり2 …