にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロード/グッズのデザインが結構攻めてきてる 心配だったグッズの売り上げだけど結構大丈夫そう?

      2016/04/18

グッズ_ワンダ
▲ 「最後の一撃は、せつない」(ワンダと巨像)

コピーライターは、商品イメージを表すとともに購買意欲をかきたてる非常に短い文面を考える作家です。ドット絵職人や、デフォルメ絵師などと似てもいて、主に一つの小さな特徴をかいつまみ、魅せるセンスが必要とされています。

グッズ_スト
▲ 「俺より強いやつに会いに行く」(ストリート・ファイターⅡ)

オーバーロードにももちろん、キャッチコピーは存在します。原作の帯限定ですが、「大墳墓から轟く絶叫」「死を統べる絶対王」「不死者の王vs真祖」それから「志向なる力に喝采を」などなど。

カバー/通常用
面白いのが、オーバーロードの場合、これらのキャッチコピーがキャッチコピー単体ではそれほど機能していないということ。だって、アインズは確かに死を統べる支配者ですし、志向の存在として喝采も受けますが、何か忘れてませんか?アインズは、鈴木悟が一介のサラリーマンだってこと。

グッズ2
平凡なサラリーマン設定は、誰もが共感しやすい主人公設定です。ですが、死を統べる支配者設定は、高校生や、一部のコアなファンしか反応ないのが常。そんなコアな設定が、共感しやすい証拠として、まるで普通の女の子らしい可愛らしい文体で言葉が添えてある。

グッズ2
「死の支配者なのに、普通の女の子が反応する物語?え、なにそれ?」

オーバーロードのキャッチコピーが、キャッチコピーそのものと、so-binさんの美麗イラストと+女の子な文体での説明があって初めてオーバーロードの世界観を表すことが成功している三者結託の様子は、よくできてるなぁと思うのですね。それにはオバロの世界観を表そうとするクリエイターたちの真剣さ、オンラインゲームが確実に普及している現状はもちろん、どちらかといえば男性受けのファンタジー的な要素が女の子に受け入れられ始めている現状も見ることができます。

オーバーロードは、やっぱり比較的一般層にうけるからこそヒット作なんだなぁとしみじみ思う次第です。ニッコリとね。(笑)

sponsored link


オーバーロードという作品の商品としての扱いのしにくさ

グッズ13
そんなオーバーロードの欠点というか、骸骨が主人公なために生じる懸念の一つが、2期記事でも添えましたけどグッズのウケなさにありました。

スカルモチーフを扱うのは主にパンク系ストリートなどのロック系ですが、ロック系デザインってかっこいいことはかっこいいんですが、日本のクールさとは違うんですよね。主張はしないけどかっこいいのがクールジャパン。極太なチェーンをジャラジャラさせたり、トゲトゲなバングルで攻撃性を主張したり、はたまた魔女の森感よろしくホラーテイストで恐怖感を表現することが日本で言うところのクールではありません。(一般的にね。)

‚ä‚ç‚ä‚çƒN?ƒ‰ƒX_ƒ^?ƒ~[—p
▲ 丸底グラス

グッズ17
そこに来ると、スカルモチーフを使いながら、お兄系(今ではオラオラ系とも言い換えられるそう。えぇ…。)もといクールジャパンの感性に近いオルタナティヴなクールさを見出しているオーバーロードのグッズは、ほんとに善戦してるなぁと思います。

グッズ11グッズ15
特にスマホケース、ブックカバーなんかは本当にかっこいい。スカルモチーフのデザインはもちろん、アインズ・ウール・ゴウンの旗章など、so-binさんのデザイン力ここにありけりとも言えますし、ぷれぷれぷれあですのキーホルダーもいい感じ。

グッズ12
▲ 本当にアニメグッズの売り場か?とも思ってしまうクールさ具合

グッズ14
▲ もちろん、アニメグッズには定番のヒロイン抱き枕もあり、(あれ?アル、ベド…?w)

グッズ16
▲ オバロらしい迷走もある。かわいいけどね(笑)

最近またグッズの発売を発表したのですが、攻めてきたなぁと思いました。

グッズ1グッズ
今まではどちらかといえば、so-binさんのデザイン力に頼っていたり、従来の萌え的アニメグッズの慣習に則っていた感じがあったのですが、このスマホケースでは、実は笑いあり、萌えもありなオバロアニメの世界観が詰まっています。2ドットなモモンガクエストのデザインなんかは、結構うけそうだなぁと思ったりね。


 - オーバーロード

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーバーロード/ちびキャラアニメ『ぷれぷれぷれあです』各話簡単なまとめ

本編も残すところ1話となりました。対シャルティア残りの戦い、そして大団円をどう迎 …

オーバーロード/クレマンティーヌ役の悠木碧の演技がすごい オーバーロード三大盛り上がり所かもしれない

オーバーロードの魅力を挙げるなら、主人公であるアインズのアンチヒーロー的な存在感 …

オーバーロード/裏切りと勘違いされるセバス 制作者のたっち・みーは超がつく勝ち組

女性陣が大活躍するなか、男性陣の活躍は残念ながら少ないオーバーロードアニメ版。 …

オーバーロード/アルベドの裏切りはなさそうだけど… 慈悲深き純白の悪魔は抱き枕を作りあげる(匂いつき

6話を迎えたオーバーロード。 のんびりとしたRPGの流れに、1クールで終えるのは …

オーバーロード/オバロのMMO感は随一 アインズは一応ハーレム主人公だけど律儀でいい人

アインズはギルド:アインズ・ウール・ゴウンでどんな立ち位置にいたか? 「…ふざけ …

オーバーロードに2期はあるのか考える 原作販促アニメとしての完成度の高さ

「ドイツ語だったかぁあ!?それも俺の前ではしないでくれ(必死)」 オーバーロード …

オーバーロード/2期が決まったら始まるリザードマン編 萌え要素は本当にないの?

2期の製作が待ち望まれるオーバーロード。そんな声のなかで、「リザードマン」という …

オーバーロード/強い者には敬意を表す 悪魔らしからぬ守護者コキュートス ダンバインか鳥山明か

二足歩行の昆虫を思わす2.5mを超す巨大な体。鉱石のような、エメラルド寄りの水色 …

オーバーロード/実は……”つるつる”なナーベ ドッペルゲンガーは本来コピー職

オーバーロードも折り返しを迎え、アインズとの旅も3話目に突入したナーベラル・ガン …

オーバーロードの低予算っぷりについて考えてみる

10話から続いていたシャルティア戦が終わり、惜しまれながら放送を無事終えたオーバ …