にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロード/深読みでアインズを持ち上げていくデミウルゴス 実はナザリックで一番賢い第7階層守護者

      2016/04/18

デミウルゴス_アインズ2
顔芸でかなりネタアニメとしての認知度・期待度があがってしまった感のあるオーバーロード。(作戦だったかもしれませんが。“ヒドイン”の具合はこちら…w

とはいえ、3話ではオーバーロード本来の丁寧な描写とモモンガことアインズの世界の再認識からくるゆったりとした世界観が見られ、安心したファンも多いかもしれません。

sponsored link


唯一の常識人?

執事面を絶やさないセバス

デミウルゴス_セバス
ネクロフィリアで偽乳疑惑のシャルティアと口喧嘩するアウラ。

デミウルゴス_アウラシャルティア
アインズの息子に仕える未来の自分に恍惚となってトリップしちゃうコキュートス。

デミウルゴス_コキュートス
個性的な守護者たちの中でおろおろする男の娘のマーレと、

デミウルゴス_マーレ
そしてアインズを心から信奉し、時にはのどちんこも見せる一応メインヒロイン設定のアルベド。

デミウルゴス_アルベド
各守護者たちから続々とダメかわいい一面が見れる中、デミウスゴスといえば、唯一常識人な立ち位置を貫いていました。

デミウルゴス

ただし、やっぱりというか、かわいそうな一面がある

相手を評価しすぎていると、ちょっとしたことも真に受けてしまうというもの。

デミウルゴス6
デミウルゴスはかなり渋い、カエル顔への半悪魔化など形態変化や、レヴィアタン(嫉妬)・モンマン(強欲)・サタン(憤怒)のガチグラな七つの大罪の三悪魔を従えていたり、守護者たちのなかでは割ときちんと悪魔をしている悪魔。

デミウルゴス2
ブレのないキャラ感もさることながら、見た目どおりのその優れた頭脳から参謀といった立ち位置もあります。

ただ、他の守護者たち同様デミウルゴスにも主であるアインズは自分よりもあらゆる面において優れ、強者だという考えが念頭にあるのですが、その優れた頭脳ゆえに、アインズの考えは常に自分の考えの先をいっていると考えています。

デミウルゴス3
これがデミウルゴスのおかしいところで、アインズのなんてことのない言動から、勝手に深読みをして、勝手に自身の明晰な考えを吐露してしまいます。

アインズは守護者たちの期待に沿えるよう、凡人なりに主人の体裁を繕おうとします。ですが、アインズにその気がまるでなくとも、デミウルゴスはアインズに接する度、深読みをして、賞賛するとともに勝手に明晰な考えを吐露してしまいますから、アインズは露ほども考えていなかったその計画を毎回実行しなければならない羽目になるのです。

デミウルゴス_アインズ
「そうだな…世界征服なんて、面白いかもしれないな」

デミウルゴス1
「!!??」
▲ オーバーロードにおける様々な冒険の原因をつくり、敬服すべき主たるアインズのイメージを形作っていくデミウルゴス 一連の流れにはシュールな面白さがある

アインズは凡人という設定ですが、これらの辻褄合わせの能力というか、結構即席能力はあるかと思います。(笑)それは朝4時から出勤していた、常に時間に追われるリーマン魂の為せる技なのかもしれません。

 - オーバーロード

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーバーロード/シャルティア戦の作戦の簡単な解説 あらゆる者の目指すところは課金である…

「ちびすけ…」 ▲ 廃課金には勝てなかったよ… シャルティア戦の勝利は、ナザリッ …

オーバーロード/アインズがゲームの世界なのを実感した12話 バフ27個がけを描写するほどのガチゲーム感

「ふっふっふ。やはりそうか。完全な敵対行動にみなさない限りは戦闘準備にすら入らな …

オーバーロード/グッズのデザインが結構攻めてきてる 心配だったグッズの売り上げだけど結構大丈夫そう?

▲ 「最後の一撃は、せつない」(ワンダと巨像) コピーライターは、商品イメージを …

オーバーロード/別の意味でも切り札だったパンドラズ・アクター 一番重要だったのはアインズのリアクションを引き出せることだった

11話はアルベドがヒロイン、もとい(自称)第一妃の座をいかんなく発揮した話でした …

オーバーロードに2期はあるのか考える 原作販促アニメとしての完成度の高さ

「ドイツ語だったかぁあ!?それも俺の前ではしないでくれ(必死)」 オーバーロード …

オーバーロード/オバロのMMO感は随一 アインズは一応ハーレム主人公だけど律儀でいい人

アインズはギルド:アインズ・ウール・ゴウンでどんな立ち位置にいたか? 「…ふざけ …

オーバーロード/ポスト顔芸のソリュシャンはセバスの子を食べていた? 捕食型スライムは人間化の夢を見るか

公式サイトが神回だと自負していた9話は、その宣言通り、かなりの盛り上がりを見せる …

オーバーロード/BD/DVD発売記念「ぷれぷれぷれあです」から感じ取れる、製作陣の余りある気力

最終話の放送を終え、無事、大団円を迎えたオーバーロード。 「アインズ様!!!胸が …

オーバーロード/裏切りと勘違いされるセバス 制作者のたっち・みーは超がつく勝ち組

女性陣が大活躍するなか、男性陣の活躍は残念ながら少ないオーバーロードアニメ版。 …

オーバーロード/12話でアインズが使ったバフの効果一覧 戦いのマゾさは縛りプレイと似ている

良い意味だと美人・奇行の多い顔芸アニメだったか。MMORPGを遊んだ思い出を懐か …