にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロード/タブラ・スマラグディナが作ったニグレドがホラーすぎてやばい

      2015/09/27

アウラ_至高の
守護者たちやプレアデスなどのNPCたちから絶対の忠誠を誓われている至高の41人。ですが、そのほとんどは、ギルドマスターであるアインズを残し、引退や失踪という形でいなくなっています。

NPCたちは基本的にはそれぞれ自分をつくったプレイヤーに対して強い忠誠心を持ちますが、姿を現さないということで、みんなアインズに対する忠誠心を優先。

タブラ_デミ
「その保障がどこにある!!」
裏切りそうな外見をしているデミウスゴスだけど思考の41人、特にアインズに対する忠誠心は随一。自律行動を始めた第1話でも、誰よりも先に未来の自分たちの忠誠心を満たす「アインズの息子」の存在に目を向けるほど

そういう意味ではオーバーロードは「トイ・ストーリー」や数々の玩具・人形を視点にした物語のように、残された者(物)たちの寂しい気持ちを表したアニメと見ることもできますし、壮大なものになれば、神話や神話的な創世物語のように、神から見放された者たちの虚無感やそこからくる殺伐とした感情を読むこともできなくありません。

タブラ_水銀
▲ ローゼンメイデンの水銀燈の全てに対して懐疑的で、ドールたちに攻撃的な性格は、両者の性質を如実に表してるともいえる。「乳酸菌とってる?」

sponsored link


一目見ただけでは“一体何なのか”分からない外見

ギルド1
そんなNPCたちにとっては神にも等しい、至高の41人。なかでも特にタブラ・スマラグディナは、上に述べた神話を一番好んでいたプレイヤーの一人。

実際の出演は、パンドラズ・アクターが擬態したという間接的な形でしたが、そのわけの分からなさ、異形らしさは、一目見ただけで分かるというもの。

タブラ3
タブラ5タブラ4
▲ ベースとなっているのはタコのような頭と、分かりづらいけど水死体にボンテージという凄まじい外見。神話好きと軟体動物ということで、クトゥルフ神話好きなのが分かりやすい形で顕現されている

作ったNPCはアルベド三姉妹(web版ではシズも担当)

以前ちらりと書きましたが、タブラ・スマラグディナは主にナザリックのギミックを担当し、NPCはアルベド三姉妹をつくりました。

タブラ_アインズ
アルベドにおいて、その設定厨のほどがアインズによって口に出されていますが、むしろそのこだわりのほどは長女のニグレドで発揮されています。

ニグレドは第5階層の館にて設置されているNPC。最初の活躍は、アインズが、シャルティアが裏切ったという報告を受けた頃。アインズはシャルティアの位置を特定するため、調査系に特化している魔法詠唱者であるニグレドを訪れるのでした。

部屋に入ると、揺りかごを見つめるニグレドがいます。訪問した二人を無視してニグレドはまもなく揺りかごから人形を取り出し、「ちがうちがうちがうちがう」「わたしのこわたしのこわたしのこわたしのこぉお!」と叫び、その人形を壁に投げつけます。

それを合図に、部屋の壁には、赤ん坊のような肉の塊、腐肉赤子<キャリオン・ベイビー>が浮き出し、それまであった泣き声がより強くなります。そして、鋏を取り出し、走り寄ってくる、赤ん坊をさらった犯人をアインズとアルベドだと勘違いしたニグレド。ほんの数秒で距離をゼロにするような、歩幅の異常に大きく開いた走り方で。

タブラ_ニグレド
アインズに鋏を振りかぶった瞬間、アインズは部屋に入るときにもらった人形をニグレドに差し出し、「おまえの子供はここだ」と言うのでした。…なんて凝ったホラー設定でしょうか。(笑)

アインズが一連の演技に一切驚かず、冷静に対処したり、守護者統括でありながらこれらの対応を無礼だとは思っていないアルベドの反応も楽しいですが(とはいえ、最初ギルドメンバーと訪れた際は悲鳴をあげて全力で攻撃しかけたのだとか(笑))、ニグレドの話は、アルベドがアインズからマントを受け取って喜んだり、ニューロニストの話が長いという話題で、NPCたち全てを愛しているの発言に天井を突き破るほど喜びをあらわにしたアルベド回でもあります。(このくだりは、アニメではシャルティアの対処について差し替えられていますね。)

尺が足りていても彼女の登場が危ぶまれるのは、このホラー設定された登場もそうですが、顔面に一切皮がなく、筋肉が露出している設定に尽きるのでしょうか…w一応アルベドと同様に美人設定なのですが、全く生かされていないのは、ホラーな想像の時点で分かると言うもの。(公式の見解では、理由は不明ですが、泣く泣くカットしたとのこと。オバロらしさ、異形種らしさ、それからびっくりさせられる(笑)という点で出したい気持ちがあったのかもしれませんね。)

書籍版では3巻にあたりますから、興味のある方は手にとって読んでみてください♪

 - オーバーロード

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーバーロード/アルベドが好きなのはアインズではなくモモンガ 部屋には大量のアインズ人形と関連グッズがわんさか

第一妃の座をあの手この手で狙っているアルベド。 どんな手なのかと言えば、ナザリッ …

オーバーロードに2期はあるのか考える 原作販促アニメとしての完成度の高さ

「ドイツ語だったかぁあ!?それも俺の前ではしないでくれ(必死)」 オーバーロード …

オーバーロード/プレアデスのまとめ役ユリ・アルファ 地味だけどなにげにボクっ娘

ドタバタ小劇『ぷれぷれぷれあです』も5話に入り、メイドたちそれぞれの紹介がされま …

オーバーロード/シャルティア戦の作戦の簡単な解説 あらゆる者の目指すところは課金である…

「ちびすけ…」 ▲ 廃課金には勝てなかったよ… シャルティア戦の勝利は、ナザリッ …

オーバーロード/アルベドの裏切りはなさそうだけど… 慈悲深き純白の悪魔は抱き枕を作りあげる(匂いつき

6話を迎えたオーバーロード。 のんびりとしたRPGの流れに、1クールで終えるのは …

オーバーロード/2期が決まったら始まるリザードマン編 萌え要素は本当にないの?

2期の製作が待ち望まれるオーバーロード。そんな声のなかで、「リザードマン」という …

オーバーロード/ちびキャラアニメ『ぷれぷれぷれあです』各話簡単なまとめ

本編も残すところ1話となりました。対シャルティア残りの戦い、そして大団円をどう迎 …

オーバーロード/強い者には敬意を表す 悪魔らしからぬ守護者コキュートス ダンバインか鳥山明か

二足歩行の昆虫を思わす2.5mを超す巨大な体。鉱石のような、エメラルド寄りの水色 …

オーバーロード/プレアデスは全員美女という設定 アニメではナーベとソリュシャン以外は出番ないかもしれない

5話にて、アルベドとシャルティアと同等の準主役級の扱いを受けていたナーベラル・ガ …

オーバーロード/アルベドのその強さはそれこそ守護者(アインズ“の”だけど) 留守番役なのはアインズを活躍させるため

異常な盛り上がりを見せていたズーラーノーン回を終え、オーバーロードも5話より続い …