にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

リゼロ(Re:ゼロ)/子安らしく最強魔導士なロズワール なぜかスバルの周りには強くて優しい男たちが集まる

      2016/05/09

ロズワール_レムロズワール_スバル
「その笑顔、百万ボルト」

▲ うっ、寒い

当代一のヒロインレムの笑顔は見れたものの、全体の流れとしては4話とそれほど変化の見られなかった5話。(初対面の印象って大事。)ですがそれもタイムリープものであるリゼロならでは。もう一つ付け加えるなら、キャラクターの言動が生々しいなろう作品らしさでもあります。

また今回のルート(2周目)は、リゼロきっての子安枠、ロズワール・L・メイザースの裸が見れるルートでもありました。(笑)

ロズワール1
「使用人という立場の君も私の所有物と言えるんじゃ~ないかな」

ロズワール
「躊躇ないな~(´ω`)」

sponsored link


変人か変態か、それが問題だけどそんな次元じゃなかった

子安武人さんと言えば、キチガイネタキャラが人気な、「テラ子安な」という形容詞があるほど微笑ましさと安心感が同居する愛され声優の一人。

ロズワール7
「私がこの屋敷の当主ロズワール・L・メイザースというわ~けだよ」

役どころもある程度決まっていて、DIOのようなカリスマと最強っぷりを発揮するキャラ、軍曹やボーボボのような珍ネタキャラ、エヴァの青葉のようなどこ吹く風な、だけどお兄さん肌な青年の3者のイメージがあります。

ロズワール_レザード
▲ 個人的にはレザード・ヴァレスのような異端の魔法使いの印象が強い。

昨今では重鎮感もありますし、監督さんの狙いや指示もある程度絞られているとは思うんですが、今回のリゼロに際してはどうだったのでしょうね、

ロズワール7
少なくとも、変人寄りか変態寄りかで言ったら、ラムを愛で、エミリアも庇護できる亜人趣味もとい亜人に対する理解はあるけど、スバルに決して激情を見せない辺りロズワールは人間ができていて、変人寄りで、その往年の微妙な匙加減はしみじみと感じるところでした。(ある意味スバルが傑物に見えてくるから不思議。)

強さが先天性的に備わっている人間に欠けているもの

ロズワール5
そんなロズワールの一つの軍隊に匹敵する筆頭宮廷魔導士の力もそうですが、それにしてもスバルの周りには力量こそ超絶級に強いことはもちろんですが、加えてひどく温厚なキャラがよく集います。特に男性キャラ。(正確にはひどく優しい接し方をする、なのだけど。)

その理由を簡単に言うなら、カリスマ性溢れる王戦候補者である女性キャラたちや騎士たちが口を揃えてストレートに言い放った、「弱いものいじめをする気にならない」に尽きるのでしょうね。

ロズワール_ラインハルト2
「何が化け物狩りは自分の領分だ!お前の方が十分化け物じゃねぇか!」
「そう言われるとさすがに僕も傷つくよスバル」


▲ エルザ戦でのラインハルトは救世主感もすごかったけど、ガラスの王子様感も印象的だった

ただラインハルト、ロズワール、ヴィルヘルムにユリウスに。性格が温厚であることはアニメ界隈では基本的に美点になりますけど、ことスバルに手を差し伸べる男たちのその優しさは、周囲から甘いときつめに言われることもしばしば。

スバルへの言動・仕打ちが、あまりにも弱者であるがために騎士道精神、あるいは男の矜持に反するものにならないか。ユリウスを始めとしたその言わば男らしい苦悩の様子はあまりにも真面目に、あまりにも生々しく描かれていてもいて。

ロズワール_ヴィル
スバルに剣の稽古をつける老兵のヴィルヘルムなどは、スバルの目を見て、「一度ならず数度、死域から舞い戻る存在を私は知りません」と言って気にしますし、リゼロらしい部分があって面白いなと思わされたところではあるのですが、

彼ら傾国の傑物たちが必要以上にスバルを気にするのは、エミリアの存在、異世界転送話ではよくあるマヨネーズや芋判を生み出す識者兼愚者の物珍しさなどももちろんあったでしょうけど、やはりそんな、でも弱き者には変わりはないスバルが、魔女の匂いをさせながら、あるいは時々理由の判然としない絶望と死線を感じさせる剣幕を見せながら、身の程を通り越して突き動かされるものの正体を知りたいからなのかもしれません。それを一口に強者という才能を与えられた者が、失うかそもそも持っていなかった努力の日々の青春を重ねていると言えない辺り、リゼロはサスペンス作品でもあるんだなぁとしみじみ思わされるところでもあります。

 - Re:ゼロから始める異世界生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

リゼロ(Re:ゼロ)/スバルと全仏オープンのコラボがちょっと面白かった【収束する世界線】

8話では、4話から続いてきたロズワール屋敷編がようやくトゥルーエンドの兆しを見せ …

リゼロ(Re:ゼロ)/スバルにはヒーローショウのお兄さんでいてほしい だけどエミリアの願いは届かない

12話での引きから登場した5人目の王選候補者フェルト。 フェルトは序盤から大活躍 …

リゼロの2期が現状難しい3つの理由 動く大罪の魔女たちの姿が早く見たい

エミリアのメインヒロイン再抜擢で満を辞して終えた、Re:ゼロから始まる異世界生活 …

リゼロ(Re:ゼロ)/パックの正体って? 存在するだけで周囲一帯を永久凍土と化す、白毛の巨大クァール【実は父親?】

エミリアと常に行動を共にしている精霊パック。 「ボクはパック!よろしくー」 こん …

リゼロ(Re:ゼロ)/ペテルギウスは昔“ジュース”としてエミリアの父のような存在だった【「デス」=魔女因子】

リゼロの書籍版は現在8巻まで発売されていますが、9巻の発売が9月23日に決定して …

リゼロ(Re:ゼロ)/ついにくるレムのデレ(聖母化) それにしてもレムルートはハードモードすぎた…w

外国人、特に欧米人がアニメの女の子キャラを見た時、その外見の幼さにまずびっくりし …

リゼロ(Re:ゼロ)/タイトル回収した18話はレムの愛に震える必然的な神回だった【初恋は…】

14話でレムはかつて、ユリウスにぼこぼこにされ、想い人であるエミリアと決別までし …

リゼロ(Re:ゼロ)/アナスタシアの守銭奴にして女将のような心地よさ【ただ(人情)より高いものはあらへんよ】

関西弁を喋るキャラは、存在自体が独特というのもあって創作では昔からよく見られてい …

リゼロ(Re:ゼロ)/想像を絶する15話の『終焉』 最後は美しさすら漂う、一枚の絵画のような幻想的で悲劇的な終幕だった

「行こう、レム」 リゼロらしい怒涛の展開が続いている……などとは言い切れない仕上 …

リゼロ(Re:ゼロ)/“妾”な傲慢姫プリシラ・バーリエルの気まぐれは痩せた畑を豊作にする【血染めの花嫁】

Re:ゼロから始める異世界生活という物語は、フェルトにレムにラムにベアトリスに、 …