にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

リゼロ(Re:ゼロ)/双子の妹レムがかわいい!スバルを全肯定して英雄視もする返り咲き鬼嫁ヒロイン【ネタバレ】

      2016/04/27

エルザの凶刃が去った後で物語の舞台となっているロズワールの屋敷。

レム8
スバルの第2のセーブポイントは屋敷のベッド。

レム6
そこで新たに出会うのが、OPでも既に登場していますが、書庫の番人ベアトリスとそれから屋敷で働く双子メイドのラムとレムでした。

レム3
特にレムは人気投票で1位を取るほど人気で、返り咲きヒロインとの呼び名も高い、2章から3章にかけて変貌の激しいキャラクターです。

sponsored link


ロズワール屋敷の双子メイド、青髪で有能な方

レム1
レムは双子のメイドの妹の方。姉のラムとは対照的に右目に前髪がかかっています。

いわゆる「性格が穏やかな方」と言いたいところですが、二人とも割合ストレートに物を言う性質で、ラムが姉らしく傲岸不遜な毒舌担当と形容されるなら、妹のレムは慇懃無礼な毒舌と紹介がされています。

もちろん髪の色や言動でも判断できますが、炊事や洗濯、諸々の事務などのメイドの仕事ぶりには明らかな開きがあって、ラムの仕事ぶりの如何は、その性格の尊大さとマイペースさで全てレムに劣り、レムがいてこそ屋敷の機能は保たれていると言われるほど。

レム11
▲ あと、じゃっっかん、レムの方が胸が大きい

また魔法使いとしても、意外とパワフルな鎖つきのモーニングスターを用いた戦闘要員としても優秀で、これらもやはりラムに勝ります。それでもレムは全てにおいて姉のラムを褒めたたてやみません。

レム10
「さすが姉さまは野菜の皮むきする姿も絵になります」

いつでも姉の影に隠れてしまっていた妹

何もかもが姉よりも優れた妹レムですが、実は鬼族の生き残り。

鬼族は自分に危険が迫ったときや興奮状態になると、額から角が生え出し、そこからマナを取り込んで自分の力として戦います。角が出たあとは膂力はもちろん、魔法を使うにしても強力で、鬼族のその力の程は、亜人種でも屈指の実力を誇ります。

双子なのでもちろん姉のラムも鬼族でした。しかも、ラムは神童と呼ばれるほどに幼い頃からマナの含有量、魔法力の強さが優れていて、力の象徴である二本の角を分け合って生まれることから「忌子」とされる双子を禁忌として早くから処分する掟をも無視できるほどでした。

レムといえばラムと比べてその才は平凡。ただただ厳格な鬼の掟ですらも凌駕する姉の類稀な才能に周囲と同じく頭を垂れて、背中を追いかけて、半ば機械的に盲信する日々を送っていました。

レム7
ですが、魔女が細々と暮らしていた一族の集落を襲った事件で、レムを守るためにラムのその角が折れてしまったとき、レムは図らずもこう思ってしまうのでした。

 ――ああ、やっと折れてくれた。

スバルというラムと同等の異次元の導き手

レム9
「ロズワール様の衣装だったら丁寧さを優先ですけど、スバルくんのでしたので」

そんなレムのスバルへの扱いは、慇懃無礼な毒舌の形容に相応しく、辛辣な、クールなメイドそのものでしたが、スバルから魔女の匂いを感じ取るとかつての事件を思い出すレムに容赦はありません。

それでも逆に魔女の匂いを逆手にとってロズワール邸に襲いかかる魔獣の引きつけ役を買って出、エミリアや子供たち、ロズワールの屋敷という場所を守ろうと奮闘する、あまりにも弱く、あまりにも犠牲的なスバルの姿にレムは心を打たれ始めます。かつての神童っぷりのように、自分を守るための冷静で冷徹な決断ができるラムという絶対の正しさが揺らぐほどに。「スバルくんが……スバルくんが……!」

そして、なんとか事が終わったあとには「生きてる。生きててくれてる。スバルくん、スバルくん」という、傷だらけのぼろぼろの体にとどめを刺す、ヒロインの一人になったレムによる涙と抱擁がスバルくんには与えられるのでした。気絶と引き換えに。(笑)

「でも、いてくれたのはお前だ。レムがいてくれてよかったよ。ありがとう」
「――ッ」
「レムは……レムは、姉様の代替品だってずっと…」
「そんな寂しい自己定義やめとけよ。そもそも、ジャンル分けからして違うぜ、ラムとレムじゃ。なにせ、姉属性と妹属性――事によっちゃ戦争が起きる」

(web 第2章49『未来の話』より)


レム4
スバルによって肯定されまくり、救われたその後のレムはスバルと時間を過ごすことに至上の喜びを見出します。それはもう愛嬌たっぷりで可愛く、エミリアへの猪突猛進な心を後押しできる余裕を持てるなど甲斐甲斐しさの鏡で、「今はただのひとりの愛しい人。――いずれ英雄となる我が最愛の人、ナツキ・スバルの介添え人、レム」こんな台詞もあったりして、スバルの嫁の一言です。(4章73は、泣ける。)

レム5
魔獣ジャガーノート戦後のネガティブな吐露を肯定しつくし、優しく頭を撫で続けるシーンも名シーンですが、レムを抱えて疾走するスバルたちのやり取りの必死さ、熱さ、レムへの「3つのバーカ」のスバルの主人公らしい魅力はどうにかしてテンポ良く仕上げて欲しいなぁと思います。

 - Re:ゼロから始める異世界生活

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

リゼロ(Re:ゼロ)/獣感を強調されていた超大型の猫科パック 長毛種にもそれらしいのはいた

次々と出てくる強大な敵の前に死に戻りを強いられている原作では3章にあたる王選編後 …

リゼロ(Re:ゼロ)/スバルと全仏オープンのコラボがちょっと面白かった【収束する世界線】

8話では、4話から続いてきたロズワール屋敷編がようやくトゥルーエンドの兆しを見せ …

リゼロ(Re:ゼロ)/ユリウスの虹の刃は戦友のために こんなに大活躍するキザ(美形)キャラも久しぶりかも【ネタバレ】

アニメでは、特にファンタジー作品では幼女もとい少年のキャラはその幼い見た目に反し …

リゼロ(Re:ゼロ)/エミリアとスバルのごたごた恋愛に目が離せない 世にも珍しいエルフ×正統派ヒロインは「くっ殺」なんて言わない

スバルの異世界生活が始まったのは、設定的な意味ではカドモンですが、原動力的な意味 …

Re:ゼロから始める異世界生活のタイトルの深い方の意味

アニメ版4話から始まっているリゼロの物語は、腹を切られたスバルの静養を目的に、エ …

リゼロ(Re:ゼロ)/エミリアから名前を聞くまで 時系列順・1章まとめ

「君の名前を教えてほしい(イケボ)」 Re:ゼロから始める異世界生活も3話が終 …

リゼロ(Re:ゼロ)/ミミ、ティビー、フレデリカにガーフィールに、かわいい系獣人が戦場に出るアニメって意外と少ない?

筆者がリゼロを見ていて、原作を読むだけでは味わえない、“アニメならでは”だと思っ …

リゼロ(Re:ゼロ)/テレシア・ヴァン・アストレアの死因 「死神」と剣に愛され、花を愛した可愛すぎる剣聖

▲ パンチパーマの老兵はコンウッドという名前らしい 白鯨の討伐を終えたクルシュ、 …

リゼロ(Re:ゼロ)/ペテルギウスは昔“ジュース”としてエミリアの父のような存在だった【「デス」=魔女因子】

リゼロの書籍版は現在8巻まで発売されていますが、9巻の発売が9月23日に決定して …

リゼロ(Re:ゼロ)/リカードの想像以上のワイルドさとミミのクレしんのひまわりばりの好演技にびっくり仰天してた

大評判に終わったレムとスバルが語り合った18話。 回毎では、個人的には序盤でもあ …