にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロードの低予算っぷりについて考えてみる

   

低予算_シャル
10話から続いていたシャルティア戦が終わり、惜しまれながら放送を無事終えたオーバーロード。

低予算_アインズ
「(あーあ、明日は4時起きか…サーバーが落ちたら早く寝ないと…仕事に差し支える)」

BDは8000枚は確定、1万枚にはどう考えても届くということで、鈴木悟が嫌になっていた朝4時起きという、なかば企業戦士な勤務状況で2期製作の発表を今か今かと待ち望んでいたり、

アニメが終わると同時に原作を買い漁り、ニグレドの登場シーンや、魔術師組合長ラケシルの、第8位階魔法を込めた水晶を少年のような態度でペタペタ触りまくって周りから苦笑されまくったシーンなど、カットされたシーンの数々に笑みをこぼしていながら待っている頃かもしれませんね。(笑)

sponsored link


メリハリの利いた物語

筆者も幾度となく読み返していますが、その度によく思ったのは、カットされていたシーンの数々が、尺の関係上仕方ないという理由ながら、うまい具合にカットされていたんだなぁと。

nabe
▲ 非情な御方(笑)

ナーベラルのチョップや、パンドラズ・アクターの宮野真守さんによるアドリブなど、どのシーンを目立たせるか?ということも含め、昇・沈、メリハリの利いた展開を考慮した、スタッフの手腕に思わず考えが及んでしまうところ。

低予算_イグヴァルジ
▲ カットされたイグヴァルジの逃走&アルベドたちによる追撃シーン

ですが、オーバーロードは元々低予算アニメと言われてきました。それはOPやエ・ランテル共同墓地での大量のアンデッドやスケリトルドラゴンのCGシーンで、主に指摘されています。

低予算_スケリトル1

水面下で人気を呼ぶ低予算アニメ

そもそも低予算アニメと言われるアニメは、一般的にかかるアニメの製作費用より少ない費用で製作できるアニメのこと。

一番分かりやすい形だと、作画が非常に荒いものや動き、つまりコマ数の少ないもの、車アニメなどのCGが多いもの、それからそもそも放送時間が短いものなどが挙げられます。

低予算_gdgd
▲ CGオンリーな「gdgd妖精s」 低予算を売りにして映画化までしてしまった稀有な例

とはいえ、アニメは人の手によるもの。それに情報は秘匿でファンにはあまり知らされません。平均的なアニメの製作費用は考えているよりずっと年々少なくなっているかもしれませんし、原作者や、作画を担うイラストレーターが非情に人気で高額だったり、何を元に低予算アニメとするのか、一概には言えません。

低予算_スケリトル
▲ 光量の強い、実写に近い雷でむしろ新鮮だった

ですが、アニメとしての充実度、作品としての完成度が高いアーティスティックな作品よりも、井戸端会議的な気兼ねない作品の方が人気が出るというのが、傾向としてあるのは、言わずと知れたこと。「けいおん」「WORKING!」など、日常系アニメは依然として聖地ができるほど人気があります。部屋で長々と女子会をしたりすることも多いので、もちろん低予算としても相性が良いです。

ただ、飽きももちろんあり、そうした何回女子高生の学校生活を覗き見したら気が済むんだ、この変態どもと言いたくなるような日常系アニメの応酬の壁をぶち抜いて登場したオーバーロードは、亜人種という点で類似性の発見できるモンスター娘の日常同様、その流行り廃れの点を上手く突けたかもしれないというのは、以前の記事でも述べたところ。

アインズ5
低予算のほど、詳細な金額は、製作現場の金銭事情が発表されない以上、どれも予測の範囲を出ませんが、でもお金をかけているようなシーンがちょいちょいある滑らかなバトルシーンと、12話のシャルティア戦の魔方陣の応酬くらいしかないのも事実。(4話のニグン戦はむしろチープだった。)

オーバーロードは全編通じて顔芸という盛り上がり所以外は崩れのない美作画ですが、それは言うなれば、綺麗なデッサンイラストのようだとも言い換えることができます。

低予算_ナーベ1
▲ 特に美人度のすごかったナーベラル・ガンマ

まぁ、アニメにリアリティを求めるのは海外の考え方であって、日本人の感性には合いません。需要もそれほどでなかったでしょうから、作画に関しての雇用費はそれほどかからなかったのではないかと推測してみます。(ただ、男性的な骸骨のアイコンは、男性比率の圧倒的に多いアニメオタク層にとって受けがそれほど悪くなかったのも好意的にヒットした理由でしょう。

低予算_ハムスケ
▲ ハムスターそのままのハムスケもまた功労者の一人

お金がないからないなりに頑張る。オーバーロードの面白さは挙げれば色々ありますけど、メリハリの利いた丁寧なアニメ作り・オリジナリティは、「低予算であるがゆえ」がかなり影響していたかもしれませんね。だからこその、高級だけど手作り感のある類を見ない原作販促アニメに仕上がったのかもしれません。

 - オーバーロード

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

リゼロとオバロに思ったこと タイプの正反対な二人のゲーム好きの異世界主人公

今季春から夏にかけて放送しているRe:ゼロから始める異世界生活。 一つ目のピーク …

オーバーロード/新たな顔芸キャラ参入?クレマンティーヌは英雄級の強さを誇るけど人格破綻者

5話で登場したナーベは、ヒロイン二人の顔芸がインパクトあったこと、守護者たちから …

オーバーロード/深読みでアインズを持ち上げていくデミウルゴス 実はナザリックで一番賢い第7階層守護者

顔芸でかなりネタアニメとしての認知度・期待度があがってしまった感のあるオーバーロ …

オーバーロード/ナザリック相手に果敢に努力する天才剣士ブレイン ガゼフとは戦友

オーバーロードは、ナザリック地下大墳墓の主たるアインズを主人公に据えた物語。 ア …

オーバーロード/アルベドのその強さはそれこそ守護者(アインズ“の”だけど) 留守番役なのはアインズを活躍させるため

異常な盛り上がりを見せていたズーラーノーン回を終え、オーバーロードも5話より続い …

オーバーロード/ポスト顔芸のソリュシャンはセバスの子を食べていた? 捕食型スライムは人間化の夢を見るか

公式サイトが神回だと自負していた9話は、その宣言通り、かなりの盛り上がりを見せる …

オーバーロード/漆黒聖典から洗脳を受けてしまったシャルティア その罰は、椅子?【ネタバレ】

アニメではもう少し先になりそうですが、シャルティアにはアインズとの戦いが控えてい …

オーバーロード/OPアニメからアインズたちの軌跡を辿る 稀に見る最高にクールな疾走感のOP

今期のアニメ、ガチ勢としては屈指の人気を誇るオーバーロード。原作である書籍版は8 …

オーバーロード/ギルド:アインズ・ウール・ゴウンの強さとその理由 そのケースは稀だった

アインズ・ウール・ゴウン。その名はDMMOオンラインゲームであるユグドラシル内で …

オーバーロード/デミウルゴスが完遂したゲヘナ作戦とは 国の存亡をかけた戦いでの唐突な雑談シーン

洗脳されたシャルティアによる謀反行為、(アインズがそうなるように仕向けていたとは …