にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロード/アルベドのその強さはそれこそ守護者(アインズ“の”だけど) 留守番役なのはアインズを活躍させるため

      2015/09/17

異常な盛り上がりを見せていたズーラーノーン回を終え、オーバーロードも5話より続いていた戦士編が終わりを迎えました。

アルベド_アインズ6
言ってみれば、オーバーロードは全てがチュートリアルなアニメ。そう呼ぶことによって、オバロの魅力も一層輝くものですが、一応展開的に序幕、仮面魔法詠唱者編、戦士編、シャルティア編と分けることはできます。

シャルティア12
次回の10話からは終章にあたるシャルティア編に入り、クローズアップされるのはもちろんシャルティア。ちょいちょい言ってますが、3つある盛り上がり所の最後かと思われますね。(この流れからすると、ナザリック勢、特に守護者が勢ぞろいのシーンで終わりそうな気がします)

シャルティア11
「君命に従い、これから先に出たセバスと合流しようと思ってるでありんす。」(5話)

シャルティアとともに一番最初にオバロを盛り上げたアルベドは、今まで同様に10話ではちょい出、クローズアップ的な出番はちょっと見込めなさそうです。(´・ω・`)

sponsored link


だけど、それが統括たるアルベドの役目かもしれない

アルベド26
アルベドは、原作でもそれほど活躍の場は与えられていません。

主に守りに長けたスキル構成で、どの守護者と対峙しても引けを取らない高バランスな能力を持っているにも関わらず。(例外的に、軍事面でデミウルゴスや、純粋な肉弾戦では妹のルベドやセバスに劣ったりはしますが)

アルベド32
▲ 超位魔法を3回まで完全に防げる全身鎧ヘルメス・トリスメギストス

転移前より引き継いでいるヒロインの立場(なんだかんだ可愛いですしね(笑))もあるでしょうが、理由の多くは、守護者統括という立場でしょうね。

ニニャ_守護者
くがねさん曰く、アルベドを作ったのは、指導者としての役割のせいかだんだんと出番が減っていったweb版のアインズを見かねてなんだそう。それこそ「誰か留守番役を作ろう」という名目だったそうです。

(そのヒロインの立場はおいておいて)仮に活躍させても、防御特化という特殊なスキル傾向は、守護者として、または強大な力を誇るナザリック勢のメインキャラクターらしく活躍させるにはなかなか難しかったかもしれません。

やはりヒロイン枠なんでしょうね。抱き枕をつくるほど貞操観念も強く、アインズ以外と寝たくないがために処女も守っていますから。(シャルティアも処女ですが、女性相手には経験済み。)

アルベド30
▲ 守護者統括というより、秘書官のような立場が似合ってる

今まで通りアインズをうろたえさせたり、アインズに抱きついたりするシーンしかもう残されていないのかもしれません。(笑)それでもアインズとのやり取りは(主にアインズが)いつも初々しくて貴重な癒しシーンですが。(*´∀`)

アルベド31

 - オーバーロード

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーバーロード/アルベドの裏切りはなさそうだけど… 慈悲深き純白の悪魔は抱き枕を作りあげる(匂いつき

6話を迎えたオーバーロード。 のんびりとしたRPGの流れに、1クールで終えるのは …

オーバーロード/顔芸の次はやれぐれアインズ? とりあえず森の賢王の(´・ω・`)そんなーがかわいいw

2話での顔芸のインパクトもだいぶ薄れてきた印象のあるオーバーロード第7話。 華だ …

オーバーロード/蜘蛛人のプレアデス、エントマ 仇敵のイビルアイはアインズに惚れてしまう

プレアデスの中でもシズ・デルタとともに、妹感の強いエントマ・ヴァシリッサ・ゼータ …

オーバーロード/アインズがゲームの世界なのを実感した12話 バフ27個がけを描写するほどのガチゲーム感

「ふっふっふ。やはりそうか。完全な敵対行動にみなさない限りは戦闘準備にすら入らな …

オーバーロード/迫り来るアインズvsシャルティア シャルティアのその後は?【ネタバレ】

10話にて、漆黒聖典により洗脳を受けてしまったホニョペニョ子シャルティア。 シャ …

オーバーロード/アインズのお供をするプレアデスのナーベラルがかわいい!剣士風だけど生粋の魔法職

このまま顔芸アニメとして一時代築き始めているのと平行して、アインズの突っ込みとリ …

オーバーロード/エントマの“声”になったアルシェ 切なさを呼ぶ早熟の魔法詠唱者はアインズの前ではゲロを吐く

エンちゃん pic.twitter.com/Tx60T0EeUL— …

オーバーロード/グッズのデザインが結構攻めてきてる 心配だったグッズの売り上げだけど結構大丈夫そう?

▲ 「最後の一撃は、せつない」(ワンダと巨像) コピーライターは、商品イメージを …

オーバーロード/宮野真守のテンションが絶好調!最後の顔芸人となるか、パンドラズ・アクター

と言っても、パンドラズ・アクターにはナーベの本性同様、子供がペンで塗りつぶしたよ …

オーバーロード/プレアデスのまとめ役ユリ・アルファ 地味だけどなにげにボクっ娘

ドタバタ小劇『ぷれぷれぷれあです』も5話に入り、メイドたちそれぞれの紹介がされま …