にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロード/人間では戦士職最強だったクレマンティーヌ ガゼフも目じゃない

   

クレマンティーヌ26
▲ ボブ美人なクレマンティーヌ。というかキュート。まぁ崩れるんだけど。(笑)

かなりの盛り上がりを見せたオーバーロード8話。その立て役人であるクレマンティーヌですが、引き続き9話でも、そのほどは見せてくれましたね。

クレマンティーヌ20
「武器もろくなもんがないくせに、このクレマンティーヌ様に勝てる?」

それにしても、顔芸悠木碧さんの演技同様、目を引くのはその“ガチ”な戦闘スタイル。実際その強さは王国最強のガゼフ・ストロノーフをも凌ぐほどで、人類では最強の部類に入ります。

クレマンティーヌ21クレマンティーヌ24
▲ 身体能力の向上をふんだんに利用し、その素早さから、刺突剣スティレットで鎧の隙間や弱点を正確かつ確実に刺していく。回避と一点突破重視。

MMOゲームなどで言うならシーフや忍者職と似ている戦闘スタイルで、地味だけど練りに練られた玄人向けの戦術。<能力向上>と上位互換である<能力超向上>を立て続けに使うあたり、そのガチ加減が伺えます。

ゲーム好きにとっては見ていて楽しい戦闘だったかもしれませんね。筆者も見ていて楽しい戦闘でしたw

sponsored link


自分の強さにはプライドがある

クレマンティーヌ23
「アホかお前。テメーは単に肉体能力で剣振り回してるだけなんだよ、戦士ナメてんのか?」

ふざけていたのから一変して、静かに怒りをあらわにしたクレマンティーヌ。この言葉はアインズのぶんぶん丸な戦闘スタイル(戦士は初心者なので仕方ないのですが)に対しての言葉。

クレマンティーヌには自分の強さや戦術に並々ならぬ情熱をかけているのが分かります。(バフかけまくりますしね。)実際、上にも書きましたが、1vs1や、空を飛ぶフライなしの戦闘など、純粋な戦闘力はズーラーノーンのようなアングラ組織の露出していない世界では最強と呼び名も高いガゼフに勝ります。

以下、その抜粋。

クレマンティーヌ22
▲ 軽装なのは身軽にするため、攻撃は全て避けきる自信の表れでもある

クレマンティーヌ27
▲ スキル<不落要塞>

極限まで高めた身体能力と<不落要塞>(詳細は不明ですが、攻撃キャンセルスキルか、受け流しスキルか)から繰り出される刺突は、アインズも止められず。

クレマンティーヌ29
▲ 突きからスティレットを持ち替えるという離れ業と、持ち替えてまで目を狙い、かつ、すぐに引く判断力

クレマンティーヌ28
▲ 確実に仕留めるスキル構成。剣先で爆発したりするのは、アニメやゲームではエクスプロージョン的な名前でよくありますが、クレマンティーヌのは剣をひねることで爆発するというギミック的なそれ。ここは“設定”とMMORPGに対するくがねさんのこだわりが感じられる。

LV100のフルプレートと、物理無効というチートがなかったら、武技のない戦士職のアインズでは相手にならなかったかもしれません。実際それはクレマンティーヌも肌で感じている模様。(ただ同時に、アインズの全く裏表のない自信のほどの不気味さも感じ取っているようですが。その辺りは歴戦の戦士というか。)

クレマンティーヌ25
▲ ニグンに対するアインズのチートっぷりを見るなら、この「突き続ければそのうち貫ける」傷の具合は賞賛に値するのかもしれない。

まぁ、相手が悪かったという他なくアインズの先生になるに終わってしまうのですが…w

クレマンティーヌ30_
「この一戦は色々と勉強になるな。武技というものの存在。バランスよく攻撃することの大切さ」

クレマンティーヌ30
▲ 斥候を送らなかったり、わざわざ鯖折りにしたり、それなりに漆黒の剣に対する仕打ちにはキレていたアインズ

アインズがこの戦闘で得た実経験、しかも戦士最強の人間を相手にした経験は、次のシャルティア戦で生かされることになります。

クレマンティーヌ_アイン
それにしてもアインズ様、それシュールだよ。(笑)

 - オーバーロード

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーバーロード/イケメンな鈴木悟が見れる深山フギン版 フェアリーなタッチから生まれる眼窩の老獪さとデフォルメの可愛さ

2015年はオバロファンにとって、やはり革命の年になったでしょうか。 あっさり2 …

オーバーロード/深読みでアインズを持ち上げていくデミウルゴス 実はナザリックで一番賢い第7階層守護者

顔芸でかなりネタアニメとしての認知度・期待度があがってしまった感のあるオーバーロ …

オーバーロード/ポスト顔芸のソリュシャンはセバスの子を食べていた? 捕食型スライムは人間化の夢を見るか

公式サイトが神回だと自負していた9話は、その宣言通り、かなりの盛り上がりを見せる …

オーバーロード/ギルド:アインズ・ウール・ゴウンの強さとその理由 そのケースは稀だった

アインズ・ウール・ゴウン。その名はDMMOオンラインゲームであるユグドラシル内で …

オーバーロード/2期が決まったら始まるリザードマン編 萌え要素は本当にないの?

2期の製作が待ち望まれるオーバーロード。そんな声のなかで、「リザードマン」という …

オーバーロードの低予算っぷりについて考えてみる

10話から続いていたシャルティア戦が終わり、惜しまれながら放送を無事終えたオーバ …

オーバーロード/メカなアイドル、プレアデスのシズ・デルタ セバスとユリと並ぶ人間勢の一人

プレアデスの中でも異質な存在感を放つ、シズ・デルタ。 ▲ メイド服も、ヘッドドレ …

オーバーロード/アインズがゲームの世界なのを実感した12話 バフ27個がけを描写するほどのガチゲーム感

「ふっふっふ。やはりそうか。完全な敵対行動にみなさない限りは戦闘準備にすら入らな …

オーバーロード/アルベドの裏切りはなさそうだけど… 慈悲深き純白の悪魔は抱き枕を作りあげる(匂いつき

6話を迎えたオーバーロード。 のんびりとしたRPGの流れに、1クールで終えるのは …

オーバーロード/グッズのデザインが結構攻めてきてる 心配だったグッズの売り上げだけど結構大丈夫そう?

▲ 「最後の一撃は、せつない」(ワンダと巨像) コピーライターは、商品イメージを …