にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

鉄血のオルフェンズ/43話感想 マクギリスの野望、ヴィダールの正体、そしてギャラルホルンの闇が遂に明らかに!?

      2017/02/27


ジャスレイ軍を文字通り叩き潰し、宇宙と火星における全てのしがらみにケリをつけた鉄華団は未来を掴むため地球に向けて旅立ちます。

一方その地球ではギャラルホルンの行く末を案じる革命派が立ち上がり――いよいよ物語が最終フェイズに突入する機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第四十三話『たどりついた真意』のレビューです。

42話感想
44話感想

sponsored link


力を求めて動き出す若者たち


ギャラルホルン地球本部施設が青年将校達のクーデターにより制圧される一方、宇宙ではラスタル麾下のアリアンロッド艦隊が集結を始めます。


その真っ只中、本部地下施設へと向かうマクギリスの姿がありました。彼の狙いは本部の地下――バエル宮殿に封印されたガンダムフレーム『バエル』。


かつてギャラルホルンを作った男、アグニカ・カイエルが乗り込んでいたとされるガンダムフレームの1番機です。

そしてついに封じられていた扉が300年ぶりに開く――しかしそこに天井を突き破って現れたのはヴィダールでした!


ヴィダール「やはり…ここに来たか」


ついにその仮面を脱ぎ捨て正体を現すヴィダール――いえ、そこにいたのは死んだと思われていたガエリオ・ボードウィンでした。


ガエリオ「バエルに乗れ」
マクギリス「てっきり止めるのかと思っていたが…俺がこれを手に入れることの意味。分かっているんだろう? それとも一度は死んだ身、何も失うものは持たないと?」

マクギリスの真意を理解し、その上で己の信念と理想を叶えるためにマクギリスとの正面からの対決を望むガエリオ。

しかしそこに鉄華団――バルバトスが乱入します!


強化改造されたバルバトスルプスレクス相手に劣勢のヴィダール。ついにガエリオは禁忌のシステム――阿頼耶識タイプEを発動します。


三日月「今の動き…知ってるヤツだ」

覚醒したアインヴィダールは覚醒バルバトス並の超高機性能を発揮。得意の蹴りを放ちます。見覚えのある蹴りに強敵の臭いを嗅ぎ分ける三日月もさすがです。なおアインが逆にガエリオ(の体)を動かしている状態なので、恐らくコクピット内のGはとんでもない状態になっているのではないでしょうか。


バルバトスと互角の戦いを繰り広げる覚醒ヴィダール。そしてついにマクギリスはバエルに搭乗、起動に成功します。


ギャラルホルンの象徴であるガンダム・バエルを手に入れたマクギリス。錦の御旗を手に入れたマクギリスの次の行動は…!?

マクギリス――もう一人のオルフェンの野望


Pixiv 月色火焔様

今回の話は徹頭徹尾マクギリスとガエリオのこれまでとこれからが描かれた回でした。

以前からウワサされていたマッキーの過去も遂に全貌が明らかに。やはりもう一人の孤児《オルフェン》説は当たっていましたね。


オルガや三日月の幼い頃と同様な孤児時代を過ごしてきた少年マクギリス。様々な苦難の時代を経て、自らの力で自他共にファリド家当主として認められるまでに成長した訳ですが、その心中の『力』への渇望は留まることを知りません。

その最終目的は力の究極点――『バエル』。ギャラルホルンの象徴であるガンダムフレームを手に入れること。あるいはバエルそのものに何か秘密の機能があるのでしょうか。


バエルに搭乗するため上半身を脱いだマクギリス。その背には阿頼耶識に似たプラグが…?

かつてのグレイスアインの研究を応用したものだそうですが、となるとヴィダールと同じ阿頼耶識タイプEかそれに類する人機一体化した人間とコンタクトするシステムなのでしょうか。であるとするなら、バエルの内部には一体誰が『搭載』されているのか…?

ギャラルホルンの闇


今回ギャラルホルンの旗機であるガンダムバエルが登場したことで、ギャラルホルンが潜在的に抱えている闇が明らかになりました。

ギャラルホルンを作った男という伝記が残されているにも関わらず、なぜセブンスターズの家名にカイエルの名がないのか。アグニカ・カイエルは戦中、そして戦後一体どうなってしまったのか。そしてなぜギャラルホルンは阿頼耶識を禁忌のシステムとして封印したのか。


マクギリス「300年だ…もう休暇は十分に楽しんだだろうアグニカ・カイエル。さぁ目覚めの時だ」

ギャラルホルン本部地下に隠匿されていたバエル。そしてマクギリスはまるでバエルをアグニカ自身の様に扱います。いえ、バエルこそが間違いなくアグニカ本人なのでしょう。

三日月の半身がバルバトスに囚われている様に、そしてアインの脳がヴィダールの一部として組み込まれている様に、アグニカもまたバエルと一つになっている可能性が高そうです。


そうなのであれば、かつてのグレイスアインや阿頼耶識タイプEの様な阿頼耶識をベースとするシステム技術がギャラルホルン側に残されている件も理解出来ます。阿頼耶識システムとその性能をフルに引き出せるMSさえあれば、人は圧倒的な戦闘力を手にすることが出来る――それは戦後のギャラルホルンにとって非常に都合の悪い事態になる違いありません。

もしかすると厄祭戦でMAを倒し戦功を稼いだというセブンスターズの序列そのものが実は……なぜなら当時の(真の)ガンダムフレームのパイロット達、本当の英雄達は全員ガンダムと一体化していたのかもしれません……


その不都合な真実を闇に葬り、セブンスターズは自分たちの栄華をその上に築いていたのかもしれませんね。

マクギリス対ガエリオ


仮面を脱ぎ捨て、立ちはだかることでガエリオは互角の気持ちでマクギリスに対抗します。しかしマクギリスの仮面――モンタークとしての存在と真の目的は未だに誰にも悟られていません。しかし気になるのはマクギリスが手にしようとしているアグニカの魂。果たして本当に彼はマクギリスの味方となりうるのでしょうか…? セブンスターズが歴史の闇に封じ込めていたものの正体が気になります。

バエルとアグニカが舞台上に上がったことでますます混迷の度合いを深める鉄オル世界。この先、鉄華団が迎える『あの日』が一体どういうものになるのか、その行方がますます気になります!

(ごとうあさゆき)

42話感想
44話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

七つの大罪 聖戦の予兆/2話感想 約束の決戦メリオダスVSバン、その勝利は誰の為に!?

前回のお話で「明日の朝、裏山の頂上で」と約束したメリオダスとバン。そして、ついに …

三者三葉/6話感想 西山家の戦闘力の高さが判明 お嬢様は食料を現地で調達する

6/29発売三者三葉BD&DVD第1巻に付くTV未放送エピソード①「キノ …

天鏡のアルデラミン/7話感想 帝国に内乱勃発!? 北域に吹き荒れる戦いの嵐!果たしてその裏で糸を引く者は?

北域出張の演習にやってきたイクタ達新人士官候補生。一見平和で穏やかそうに見えた北 …

だがしかし/5話感想 そもそも薬よりほたるんの顔芸っぷりのほうがキマってたという事実

2月7日、今年も日本最大の造形イベント「ワンダーフェスティバル」が幕張メッセで開 …

双星の陰陽師/45話感想 最凶の陰陽師vs破星王!自暴自棄になった悠斗は一体安倍晴明の記憶に何を見たのか

婆娑羅と陰陽連の壊滅、ろくろの正体の判明――甦った悠斗によって双星、ろくろと紅緒 …

不機嫌なモノノケ庵/9話感想 人間にどう思われても構わない…。安倍と花繪の覚悟の差

今回は大きなお屋敷でのお話です。珍しく次回予告でも妖怪の姿が登場しなかったので、 …

だがしかし/1話感想 三白眼ヒロイン枝垂ほたるの残念美人っぷりが凄まじい マシンガンコメディ駄菓子アニメはここですか?w

2016年に入り、冬アニメも続々放映されています。 ▲ 冬アニメどれ見る? アニ …

甲鉄城のカバネリ/11話感想 生駒復活!無名ちゃんを救うべく金剛郭へ!

『甲鉄城のカバネリ』Blu-ray&DVD第1巻好評発売中です!遂に迎える最終回 …

双星の陰陽師/25話感想 名古屋に超巨大ケガレ出現!立ち上がれ、僕らの陰陽ロボ!その名はテンゲンクーガ!!

龍黒点を封じるため今日も日本全国を駆けずり回るきなこカー。ろくろ達が一家団欒でく …

双星の陰陽師/2話感想 双星の意味が判明 ろくろの「恋して人生変えたい」糸冬

究極のボーイミーツガール、ハジマル。 1話感想 ← → 3話感想 最悪の出会いか …