にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

クロムクロ/16話感想 凸凹姉妹コンビのスタイリッシュ潜入活動 剣之介とソフィーの関係にも変化が…?

      2016/08/02

クロム16-①凸凹ミッション
剣之介も回復し、ようやく日常を取り戻した黒部研究所。そこへムエッタとミラーサが大気圏外からダイナミック潜入を試みるクロムクロ第十六話『再会は水に流れて』のレビューです。

15話感想
17話感想

sponsored link


凸凹姉妹の潜入大作戦1~成功の鍵は一人分の小型重力制御

クロム16-②大気圏突破
宇宙服のみのエアダイビングで大気圏突破を果たしたムエッタとミラーサの凸凹コンビ。前回の感想で『どのように着地するのか?』と書きましたが、なんとポータブル重力制御装置を持っていることが判明。(重力を低減出来るだけかもしれませんが)

クロム16-③湖面突入
ギリギリまで地表に接近、重力制御で急減速した上で黒部ダム湖に直接飛び込むという荒業を見せます。

クロム16-④気を失うミラーサ
しかしミラーサはタイミングがズレて湖面に激突するドジっ娘ぶりを発揮。衝撃で気を失ってしまいます。

クロム16-⑤助けるムエッタ
ミラーサを助けるムエッタ。やはり姉妹感情がインストールされているせいでしょうか? とても優しいです。

ガウス部隊新編成とそこで描かれる人間模様

クロム16-⑥ブリーフィング
一方黒部研では単座仕様に改修されたガウス隊の再編成のため、パイロット4人の単座化転換シミュレーションが行われます。

クロム16-⑦トム
トム「戦争ってのは大人の仕事だってことだ」
ソフィー「そんな…いまさら…」

ブリーフィングでは改めてソフィーのフランス帰国が告げられます。徐々に外堀から埋められる感。前回の剣之介との会話で『自分の意思で決める』と誓ったはずですが、まだ最終的な結論には至ってない模様。

クロム16-⑧剣之介
剣之介「俺はトム殿に背中を預ける気はござらん」

戦力低下を理由にソフィーの帰国に反対する剣之介。彼にとって打倒エフィドル、そして雪姫奪還は悲願なので直接打撃部隊が手薄になる状況を避けたいのは当然です。

クロム16-⑨トラブル
命中率が著しく劣り、周囲の被害も多いトムではフレンドリーファイアを心配するのは当然でしょう。

ましてやムクロ・ガウス・グロングルら大型ジオフレーム同士の戦いは接近しての斬り合いがメイン。ほぼ0距離での戦いですから誤射は命取り、「安心して背中を預ける気にはならない」発言も致し方ないというもの。止めたシェンミィも、拳を収めたトム自身もそれが分かっているのでしょう。

それはさておき「後任のパイロット選定」と言っていましたが、実は他にパイロット候補がいたんですね。

凸凹姉妹の潜入大作戦2~枢石を探せ!

クロム16-⑩ミラーサを抑えるムエッタ
湖の中から給水口(?)を伝って研究所内部への潜入に成功する凸凹姉妹。たまたま通りかかった作業員を発見したミラーサはナイフを取り出しますが「服を汚すな」とムエッタに釘を刺されます。

クロム16-⑪首折り
作業員に忍び寄り、その首をへし折り華麗に瞬殺するムエッタ。

クロム16-⑫刺殺
ミラーサも同様に作業員を取り押さえますが、相手が抵抗したため止む無くナイフで刺殺。

クロム16-⑬作業員に変装
血で汚れた腹部を書類で誤魔化し研究所内部を闊歩する凸凹コンビ。相変わらずザルな警備体勢です。まぁゲート付近の警備を厳重にしている分、逆に内部は気が緩んでいるのかもしれません。

クロム16-⑭剣之介発見
地下に降りるエレベーター付近で剣之介と遭遇した凸凹コンビ。血の臭いで正体を看破した剣之介ですが相手が雪姫と知って手出しが出来ません。

クロム16-⑮枢石発見
ミラーサ「枢石…間違いない!」
剣之介「…枢石?」
ムエッタ「要石もあるな!」

剣之介を殺すより枢石確保を優先する凸凹コンビ。これも洗脳の影響でしょうか? 剣之介を人質に地下の発掘現場に辿り着いた二人はそこで枢石と共に要石をも発見します。フスナーニが来た際には枢石しか言及しませんでしたから、それ以降に発掘されたということでしょうか。

クロム16-⑯完成予想図
それにしてもこの枢石&要石の全部揃った完成予想図は…サッカーボール?

クロム16-⑰包囲脱出
警備隊に包囲される凸凹コンビですが重力制御装置を使って華麗に脱出を図ります。

クロム16-⑲ムエッタ刺される1クロム16-⑲ムエッタ刺される2
ミラーサ「ご苦労だったなムエッタ姉様。お陰で手柄を我が物とすることが出来た。礼を言う」

ところが母艦に帰還する寸前、突然ミラーサが裏切ります。ムエッタの突き立つ刃!

名誉欲が洗脳を凌駕したのか、それとも最初から妹のフリをしていただけだったのか。あるいは大気圏落下の衝撃――気絶した際に洗脳、上書きされた記憶が解除された可能性も?

クロム16-26飛び込み
ミラーサの追撃を逃れるため自らダム下に落下するムエッタ。重傷を負った彼女の姿は川面に消え――

個人の自由と主への忠義、思い通りにならない想い

クロム16-20ソフィーと剣之介
今回大幅に関係性の変化があったのがソフィーと剣之介です。

両親の想いと自分の想いの板挟みに苦しむソフィーはやはり忠義(雪姫)と目の前の現実(ムエッタ)の板挟みに揺れる剣之介とシンパシーを覚え、それと共に新たな感情が芽生えます。

クロム16-21ヤキモチソフィ
ソフィー「違う…それは忠義なんかじゃない…!」

しかし目の前に現れたムエッタに雪姫への忠義を重ねる剣之介の姿にソフィーは断固声を荒げます。それは彼女の信じる武士道からの発言――ではなく、もっと別の感情の様に見受けられます…が果たして?

ソフィーと剣之介の関係性にも変化が? まさかのゆきな・ムエッタ(雪姫)・ソフィーの四角関係に発展!?

好感度をMAXまで高めたゆきなは放置(笑)

クロム16-22撮影旅行
一方ゆきなは今回ほとんど物語の蚊帳の外でした(笑)しかも美夏のコスプレ撮影会に付き合う有様。

しかし富山の状況は色々逼迫しているはずなのに、割とノンビリ気味ですよね。人口は疎開して少なくなっているのかもしれませんが、ゆきなの周辺にSPもいませんし。もちろん遠巻きに隠れて警護している黒服がいるのだとは思いますがね(笑)

クロム16-23コスプレ1クロム16-24コスプレ2
なお今回文化祭のムエッタ襲撃事件で責任を感じた茉莉奈先生は辞表を出したことが発覚。意外と来週辺り傷付いたムエッタさんを拾って看病しちゃいそうな気もしますが……

クロム16-25次回予告
ミラーサに裏切られ川面に消えたムエッタ。ソフィーの剣之介に対する感情の行方。最後の枢石と要石が黒部研に揃っている事実。そしてムエッタ達の動きを感知していた謎の剣士――様々な因子が発覚して、いよいよ終幕に向けて収束加速しそうな雰囲気です。

全ての枢石が揃い完成した時、一体そこで何が起きるのか? エフィドルグの真の目的も含め、次の展開が気になります。それに、もしかすると銃撃を食らった&落下のショックでムエッタも記憶を取り戻す…可能性も? 果たしてどうなる次回!

(ごとうあさゆき)

15話感想
17話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

幼女戦記/4話感想 ょぅι゛ょのウキウキ学園天国!? 上司に媚を売りまくると逆に墓穴を掘ってしまうので要注意!

幼女戦記結構楽しんで見てる落書き 存在Xくんすき pic.twitter.com …

斉木楠雄のΨ難/16話感想 楠雄と心美が隠れてデート!?そしてふたりは急接近!?

今回は訳あって心美とデートすることになった楠雄と心美のドキドキ初デートをじっくり …

ラブライブ!サンシャイン!!/5話感想 堕天使様の願いは普通の女子高生になること!? 中ニ病でもアイドルがしたい!

ルビィと花丸が正式に加入したことで5人になったAqours。本格的なスクールアイ …

双星の陰陽師/44話感想 涙の離婚!? ろくろの決意と紅緒の迷い。人類を滅ぼす最強の陰陽師と人類を護る破星王の戦いが今始まる!!

大きな災厄に巻き込まれたものの、着実に復興の道を着実に歩む鳴神町。そんな中、生還 …

斉木楠雄のΨ難/23話感想 札束風呂って温かいのかな?常識外れの御曹司、才虎芽斗吏登場!!

3回目の「2年の2学期」またしても転校生がやって来ました! ここではストーリー重 …

迷家-マヨイガ-/6話感想 それぞれが抱える過去の闇…真咲ちゃんは何者?

ご視聴ありがとうございました!今回はこはるんのハリルジャパンもびっくりな華麗なス …

ろんぐらいだぁす!/1話感想 ゆるふわサイクリングアニメ登場!! アクタス制作による2D美少女と3D自転車の融合による映像美に期待!

『月刊ComicREX(一迅社)』にて好評連載中のコミック、三宅大志原作による女 …

双星の陰陽師/27話感想 とことん繭良サービス回!兄弟子士門の妹弟子大特訓!意外な十二天将の素顔と過去

日本中で開きまくる龍黒点。それを塞ぐために奔走するろくろと紅緒、そして十二天将達 …

ワンパンマン/2話感想 レオモンな獣王がかわいい!ジェノスはサイタマの孤独を救った…かもしれない

今季一番の期待されるアニメとして話題を呼ぶワンパンマン。 ▲ まだ髪のあった頃。 …

迷家‐マヨイガ‐/1話感想 ゲロインが出るアニメは名作

【キャスト】 監督:水島 努 シリーズ構成:岡田 麿里 キャラクターデザイン:井 …