にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

クロムクロ/9話感想 由希奈の決意が血路を開く!そしてまさかの展開でこの先どうなる!?

      2016/06/13

クロム09-①メイン
エフィドルグの新たな作戦のスタートから始まるクロムクロ第九話『岩屋に鬼が嗤う』のレビューです。

8話感想
10話感想

sponsored link


視界にも入っていなかった涼斗が可哀相すぎる件(なお自業自得)

クロム09-②ゆきな1
カタクスに襲われた由希奈を間一髪救い出した謎の剣士。しかしその正体は明かされることなく由希奈は僅かに父の残した血まみれのノートを読んだところで意識を失ってしまいます。

クロム09-③ゆきな2
次に由希奈が目を覚ますとそこは山麓のバス停。目の前にはタイミング良く(悪く?)涼斗達が現れます。

クロム09-④涼斗
涼斗は調子に乗って由希奈に告白するものの華麗にスルー(笑)

そりゃトラウマになっている(今回の家出の切っ掛けとなった母親不和の原因でもある)「宇宙人」呼ばわりしていたのが彼なのですから仕方がありません。しかしフォローすらしてなかったのか…ダメダメですね(笑)

クロム09_5クロム09_5_クロム09_⑤
逆に「雨降って地固まる」となったのがこちら。互いに素直になり想いの丈をぶつけ合ったことでわだかまりの解けた由希奈はクロムクロ再搭乗を承諾するのでした。

クロム09-⑥ノート
娘のことを想っていた父親の気持ちをきちんと理解出来たことで、心に余裕が生まれたんでしょうね。

クロム09-⑦涼斗2
由希奈のことを諦めない宣言する涼斗くん。ですがまずはマイナスになっている好感度を0まで戻すことから始めないといけません(笑)

出撃クロムクロ!まるでロボットアニメの様な発進シーン(笑)

クロム09-⑧ワンダバ
専用ケージから射出カタパルト(マスドライバー)に搬送されるクロムクロ。まるでロボットアニメの様なワンダバシーンです。

クロム09-⑨スーツ
ようやく剣之介と由希奈専用パイロットスーツも完成。昨今流行のSF微エロスーツでないところにスタッフの愛を感じます。商業的にはエロパイスーの方が売れると思いますけどね(笑)

クロム09-⑩ローンチナウ
由希奈「えと…クロムクロ、ろーんちなう!?」

クロム09-⑪飛行
射出され空を飛ぶクロムクロ。剣之介が驚いているところを見ると、重力制御可能なクロムクロですがそれを生かして飛行したことは戦国時代も含め今回が初めての様です。

クロム09-⑫発射
しかし300tもあるクロムクロを射出した負荷のせいか、カタパルトが破損してしまいます。

クロム09-⑬煙を上げる研究所
あるいはマスドライバー側の重力制御よりクロムクロの重力制御の方が出力が強過ぎて、パワーが逆流しちゃったのかもしれません。(ガウス投射時に重力子を同調させてる手順があると思われるのはそのため?)

形状の誤差が許容範囲を越えていると言ってたのでどっか引っ掛けて物理的に壊してしまった可能性もありますが(笑)

互いの知略と戦略が絡み合う攻防!前線の見えるバトルと後方の見えないバトルが熱い!

クロム09-⑭クロムクロ抜刀
ガウス射出が不可能なためクロムクロは支援なし、単独による戦いを強いられることに。

クロム09-⑮ロングアーム抜刀
ロングアームの指揮するヘッドレス部隊は多勢で一気に襲い掛かってきます。しかも斬られることも前提。勢い任せに張りつくスクラム作戦です。

クロム09-⑯スクラム
その狙いはクロムクロの回収でした。味方もろとも身動きの取れない状態にして、トラクタービームで母艦に強制収容するという力技な作戦です。

クロム09-⑰母艦
しかし高度300キロの成層圏外から大型ジオフレーム6機をまとめて回収出来るなんて凄まじい出力。(全機クロムクロと同程度としても1800t)

クロム09-⑱洋海
洋海「あくまで仮定ですけど、重力子を制御しているトラクタービーム内部では重力シールドは作動しない可能性があります」

カタパルト修理と並行して司令部ではトラクタービームへの対策が講じられます。クールでクレバーな科学者としての側面と、母親としての情感のスイッチが一瞬で切り替わる洋海さんが実に可愛いです(笑)

クロム09-⑲下向きに力
もちろんクロムクロも必死に抵抗。重力アンカーを必死にかける由希奈が可愛いです。由希奈が気張っても全然意味ないのに。まぁ気持ちは分からなくもないですが(笑)

クロム09-20ミサイル飽和攻撃
対艦ミサイルでここぞとばかり飽和攻撃する自衛隊。切り払いでミサイルを撃墜する様子を見ても洋海の推察は正しい模様。下手をすればトラクタービームが母艦内までミサイルを引き込んでしまう可能性もありますしね。

クロム09-21降下しながらバトル
衝撃で生まれた一瞬の隙を突き、周囲をバッタバッタと斬りまくるクロムクロ。トラクタービームからの脱出に成功します。(母艦側が慌ててトラクタービームを切ったっぽい?)

クロム09-22騎兵隊到着
カタパルトも修理完了、到着するガウス部隊。反撃の準備完了といった感。新装備として近接武器の爆導ランスを搭載。クロムクロはロングアームとの一騎打ちに。

クロム09-23ロングアーム飛翔
空中を機動、4本の腕と両足からも超振動ブレードを展開してクロムクロに迫るロングアーム。2本対6本では圧倒的に不利です。

クロム09-24崖を見るゆきな
咄嗟に地形を判断し、有利な場所で戦うよう剣之介に進言する由希奈。

クロム09-25止め
足元が崩れ、崖下に落下するロングアーム。一瞬体勢が崩れたその隙を突き、見事と急所を捉えます。まさに地の利を活かした作戦勝ちと言えます。

クロム09-26投降
止めを刺そうとするクロムクロ。ところがロングアームのコクピット内から人影が姿を現します。驚くべきことにヘルメットを脱いだその人物は、投降の意思を示すのでした――

やっと由希奈が帰って来たと思ったら、今度は珍客がやって来た!?

クロム09-27次回予告
突然現れたエフィドルグ幹部の一人。行動不能にされた上、トラクタービームでの回収を封じられてしまったので投降するしか無かったのでしょうか? それともこれも最初から計画のうち?

果たして彼の真意はどこにあるのでしょうか。実に面白い展開になってきましたね。

次回のタイトルから見るに、捕虜になっても相当に偉そうな態度を取りそう(笑)なので、どういったコミュニケーションになるのか非常に楽しみです。

クロム09_28
というか今回のサブタイトルって、謎の剣士やエフィドルグが『嗤う』というより、「鬼が笑っちゃうくらい二人の仲は食えないね♪」って意味だったんでしょうか?(笑)

(ごとうあさゆき)

8話感想
10話感想

 - アニメ感想

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

双星の陰陽師/6話感想 婚約者と幼馴染の接近遭遇!?修羅場待ったなし?ろくろ絶体絶命!

双星の陰陽師第六話『紅緒と繭良』のレビューです。トラウマを乗り越え、陰陽師として …

クロムクロ/15話感想 復活、不死身のサムライ剣之介!その頃ムエッタとミラーサは再洗脳でゆりんゆりんの関係に!?

文化祭の惨劇に遭いつつも、なんとか連携でエフィドルグの侵略を撥ね退けた黒部研防衛 …

ドリフターズ/3話感想 黒王軍が強すぎる!!十月機関とドリフターズに勝ち目はあるのか!?

今回は新キャラがたっぷり登場する上に、新情報も次々と…。私はアニメを見ながら大混 …

斉木楠雄のΨ難/8話感想 テレパシーが使えない!?常人になった楠雄が見た世界とは!?

今回のお話では、次回予告でも言っていた新キャラに注目です!!どうせ燃堂父だろうな …

クロムクロ/20話感想 侍敵地にて大暴れ!意外な由希奈大活躍とムエッタがついに仲間に!

攫われた由希奈を救うためクロムクロを囮に母艦への帰還を図るムエッタと剣之介。一方 …

斉木楠雄のΨ難/11話感想 正義の味方、Ψダーマン!!その正体は斉木楠雄!?

今回も新キャラ登場です! そして、國春の職業が明らかに!! 靴舐める仕事じゃなか …

幼女戦記/9話感想 ょぅι゛ょがマッハで空を飛ぶ!まさかの人間ロケットで敵司令部を強襲せよ

地獄の様相を呈する西方ライン戦線。しかもその裏、押し上げた戦線の背後でパルチザン …

幼女戦記/7話感想 強襲ょぅι゛ょ大奮戦!協商連合滅亡までのカウントダウンは新たなる幼女参戦のフラグ?

帝国が抱える2大戦線――西方と北方、両面作戦の継続を回避するべく、参謀本部はター …

ラブライブ!サンシャイン!!/6話感想 ついに廃校宣言!果たしてAqoursは母校のピンチを救えるか!?

堕天使ヨハネの加入で6人になったAqours。そしてラブライブフォーマット最大の …

ReLIFE(リライフ)/2話感想 海崎の高校生活はなかなか上手くいかず…。ってなんだこのED!?

ニコ生での第2話上映会、ご視聴ありがとうございました!公式サイトでは第3話の予告 …