にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

クロムクロ/8話感想 プチ家出した女子高生、山で鬼に襲われる事案発生。彼女を救うのは武辺者かあるいはクラスメイトか

      2016/06/05

クロム08-①馬ジャンプ
東の空が明るくなる頃忽然と姿を消してしまった由希奈。しかし彼女の揺れる気持ちに関係なく事態は刻一刻と進行するクロムクロ第八話『黒鷲の城』のレビューです。

7話感想
9話感想

sponsored link


由希奈失踪――家出は現代ロボットアニメの通過儀礼です

クロム08-②探す剣之介
鬼――エフィドルグが人間だったことにナーバスになっていた由希奈。母洋海との感情の行き違いもあってとうとう家出してしまいます。

クロム08-③小春電話
あちこち探し回る剣之介と小春。もちろん見つかるハズもなく――お腹を空かせた小春は洋海に電話。姉の心配もさることながら食事の心配をするところが(和尚の食事は余程不味いのか)さすがです(笑)

クロム08-④馬
剣之介「…何と大きな馬だ」

現代の牧場等で飼われているサラブレッドなどの馬体の大きい競走馬が日本にやってきたのは江戸時代も中期になってから。繁殖に至っては明治後期になってからです。

それ以前の戦国時代に使われた軍馬は非常に小柄だったことで知られています。剣之介が驚くのも無理ありませんね。

クロム08-⑤おばちゃんと警官
なお由希奈を探すため結構遠出したり、近所のおばちゃんやお巡りさんと親しげに会話したり、道に全く迷わず登下校しているところを見ると、剣之介完全に現代に馴染んでいる模様です。

クロム08-⑥黒部研
その頃世界中ではエフィドルグから送られてきたメッセージへの対応に苦慮していました。しかし洋海の鶴の一声で国連事務総長の決意は固まります。

7話の描写(7時の時報)から約12時間以上もぶっ通しで話し合いが行われたんでしょうね。そして結論は出なかったと。

それでもクロムクロを渡そうとする国(派閥?)が勢力拡大しているというのは地球の結構切羽詰まった状況を示しています。恐らくは対抗戦力を持たない後進国の殆どがそう考えてしまったのでしょう。手段が無い以上、生存の可能性を考えると止むを得ないところです。

クロム08-⑦エフィドルグ
一つにまとまっていない組織に対して、内部対立を誘発させる策略は極めて有効です。発言だけならタダですしね。この辺りエフィドルグのメンタリティーや思考形態はほぼ地球人と同一と考えていいみたいです。

それに、逆に深読みすると7話の会議での様子といい、実は派遣部隊の台所事情は相当に苦しいのかもしれません。

クロム08-⑧ゆきな手帳
失踪していた由希奈は一旦家に帰宅、父の手帳を見て何かを決意します。向かった先は――黒鷲谷。そう、かつて鷲羽の城があったその場所でした。

クロム08-⑨涙
それを追うように剣之介も一路鷲羽の城を目指します。しかしそれは剣之介にとっては辛い現実――非情とも言える時の流れを目の当たりにすることでもありました。

クロム08-⑩カクタス遭遇
森を探索中エフィドルグのカクタスと遭遇する由希奈。
必死で逃げるも追いつめられてしまいます。

クロム08-⑪蒼のジオフレーム
間一髪――そこに現れる謎のジオフレーム。そしてカクタスを一刀両断に斬り伏せる驚くべき剣捌きの使い手の登場。(剣之介でさえカクタス相手では2戦共に苦戦しています)

ところで気になったのは、

クロム08-⑫剣
▲ この剣って…?

クロム08-⑬OP剣
(OPより)この剣と同一の実剣ですよね…???

クロム08-⑭腕時計
そして由希奈が朦朧とする意識の中で目にしたもの、それは剣使いの腕にはめられた父親の時計でした…!?

クロムクロの秘密――驚異のナノマシン技術、メンテ補給要らずの完全兵器

クロム08-⑮クロムクロ
今回クロムクロ、その超絶性能の秘密の一端が明かされました。それは全身をナノマシンで構成された機体であるこということ。整備や修理、補給要らずの戦闘マシン。まさに理想的な兵器ということです。

クロム08-⑯NM捕食
近くの物質を食らうことでナノマシンは必要なマテリアルを確保、それを変換して機体修復やエネルギーに転化しているのでは、と思われます。とすればこれまでの話を踏んで考えると一つの仮説が浮かび上がります。

450年前の戦いで雪姫が散った際の映像、あれは剣之介の想像ではなく実際にあった出来事なのかもしれません。

1話で目覚めたばかりの剣之介はキューブの内部を確認して「壊れては…おらぬのか?」と呟いています。つまり、1度破壊されたキューブはナノマシンの力で復元された(もしかするとその際剣之介も一緒に復元され、後に凍結状態で待機モードに入った?)可能性があるということです。

エフィドルグの真の目的?――鍵は鷲羽の城にあり?

クロム08-⑰敵母艦
今回アメリカのエリア51から持ち出された物体が一体何なのか気になります。7話でフスナーニが報告した「回収した『クルルイシ(枢石?)』」のことなのか、それともそれとは全く別の何かでしょうか?

そしてエフィドルグが地球にやって来た理由、探している『カナメイシ(要石?)』。それが一体何なのか、その所在はどこなのか?

まだ断定は出来ませんが、『枢(クルル)』と『骸(ムクロ)』、このキーワードの意味の相似性からも柩石とはムクロのコアユニット(ナノマシン生成装置?)、要石は宇宙船のコアユニットのことかもしれません。

問題は450年前のコアユニットを今さら回収する理由です。この辺り、本国に救援を要請出来ないほどの台所事情と何か関係があるのかもしれません。

クロム08-⑱ロングアーム
そして痺れを切らしたエフィドルグは新たなる作戦をついに開始。巨大ジオフレームが富山に降下、まさに世界の運命が富山防衛に懸かっています。

そして気を失った由希奈の運命は――!?

クロム08-⑲次回予告
因縁の地、黒鷲谷を舞台に激しいバトルが始まりそうな次回。蒼いジオフレーム、そして謎の剣使い。由希奈を追って黒鷲谷にやって来た剣之介と涼斗たち。

クロム08-20気絶ゆきな
複数の運命と謎が交錯する黒鷲の城跡――鷲羽の山の中腹に一体何があるのか?

次回も目が離せません!

(ごとうあさゆき)

7話感想
9話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

双星の陰陽師/39話感想 新生白虎爆誕! 男清弦の過去と罪。父娘の愛と勇気が新たな慈愛の爪となる!

浮上する鳴神町、町の内と外、地上地下で繰り広げられるケガレと陰陽師達の大決戦―― …

ドリフターズ/6話感想 新キャラ登場で話は更なる混沌へ!!エルフの次はドワーフ!?

エルフ達の惨状を見て激昂した豊久のシーンで終わった前回。このままエルフ達と国盗り …

不機嫌なモノノケ庵/11話感想 見えない花繪が見る世界。失って気づくものは…

前回、報告をすっかり忘れておりました…。「齋」書けるようになりましたよ! どうし …

斉木楠雄のΨ難/21話感想 弟の空助とロンドンを舞台に鬼ごっこ!?超天才VS超能力者の結末は!?

ようやく楠雄の兄、空助の登場ですね! ここではストーリーを中心にご紹介しますので …

クロムクロ/11話感想 戦国の侍vs異星の戦士の肉弾バトル!それにしてもこの研究所、ちょっと警備がザル過ぎます

虜囚の身ながらも不遜な態度を崩さない男フスナーニ。国連の尋問官も手玉に取るエフィ …

ビッグオーダー/4話感想 仲間と協力して核を止める熱い展開。結局壱与ちゃんは?

「ビッグオーダー」オリジナルオーディオドラマも第4話を絶賛配信中出演星宮エイジ  …

クロムクロ/10話感想 フスナーニの脱走劇のその先は 剣之介自身から語られる雪姫と黒骸の出会い

激しい戦いの末、虜囚となったエフィドルグの監査官。虜となった男の真の狙いとは? …

双星の陰陽師/43話感想 ろくろの正体が遂に判明!「破星王」とは?全ては安倍晴明の千年計画。

闇無が取り込もうとした瞬間、逆に闇無の呪力を自らのものとし大復活を遂げた悠斗。再 …

天鏡のアルデラミン/5話感想 イクタとヤトリの過ぎ去りし日の思い出 炎の想いと光の嘆きが織り成す追憶の日々

高等士官学校の演習の背後で進められていたファミーユ姫誘拐事件。しかしそれはイクタ …

幼女戦記/11話感想 ょぅι゛ょvsストーカー親父、北海の決戦!『神の加護』を得た2人の戦いと帝国の未来は!?

第203航空魔導大隊の選抜中隊が参加した極秘作戦――『衝撃と畏怖』によって共和国 …