にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

落第騎士の英雄譚/父親とよく似ているステラのバカわいい感じ 親しみやすい外国人ヒロイン

      2016/04/21

落第騎士の英雄譚は一輝を中心としたひたむきに強さを求める物語ですが、ステラのヒロイン力を描いている物語でもありました。

ヒロイン力は言ってみれば、男性主人公をいかに好きか、いかに支えるかという女性的魅力のほどを差す言葉なのですが、これを100%描ききった、あるいは描ききろうとしたラノベ作品となると、近年ではハーレム要素や交際にいたらない友達以上恋人未満な作品がほとんど占めているためにそれほど多くありません。(それを二次創作の言動力として残しているとの見方もある。)

ヒロイン_DQ5
▲ 結婚後の話が展開されるDQ5などがその少ない例にあたる

どちらかと言えば、美人なサブキャラクターの恋愛で展開されることの多いこのテイストですが、ヒロインが一人な落第騎士はこれを大々的に展開しています。(全校生徒の見てる前でという意味でも(笑)。)

ヒロイン3
この100%まで突き進もうとするヒロイン力の現実は落第騎士の作品性をラノベながら深めている要素の一つでもあるのですが、以前もちらりと述べましたけど、ステラの外国人なキャラもこれに拍車をかけてます。

sponsored link


言動が残念な外国人

ヒロイン
ファンタジーの要素を多分に含んでいるラノベの世界には、日本と外国をごっちゃにした世界も多く、ちゃんとそのあたりを区切っている作品は少ないと言えるでしょうね。

名高い名家の黒鉄家のもとに生まれ、道場破りなどの並々ならぬ努力で剣術家となった一輝は、主に耐える穏やかな性格や、黒鉄家の鍛錬が剣道っぽい背景などから、典型的な日本男児ともいえます(節々のイケメンな言動は、その強さと自信ゆえ。)

ステラはアニメ内では唯一の外国人ですが、その外国人っぷりは、Aランクだとはいえパワーで押し切る戦闘スタイルや、言動のストレートさから、いわゆる態度のでかい外国人のそれにあたります。

ヒロイン1
「あんた結構大人なのね。ちっこいくせに」
▲ 口が悪い、というより言動がストレートな点は外国人的で、このシーンの珠雫の返しは日本人的

でも、敗北によってしょっぱなから瓦解し、親しみやすいヒロインもといバカわいいヒロインとして開花。

ヒロイン2
クリーム髭や、ジャパニーズヨッバイ!?(笑)などは本当にびっくりするほど芸人ですが、多分このあたりは、外国人らしいリアクションの大きさというよりも、熊を着て監視したほどの父親似という設定なのでしょうね…w

ヒロイン4
「ダメよ一輝、こんなとこで…夜の一刀修羅は~…みんなにみられちゃうってぇ~」

ステラが好意的に受け入れられているのは、外国人らしくはありながらも、外人キャラに特有の上から目線がおおよそ失敗しているためもあるかもしれませんね。

ヒロイン5
「はっ!!これが噂に聞く、ジャパニーズヨッバイ!…なのね!?」

それは昔の閉鎖的な村落の風習のことだよね?w

 - 落第騎士の英雄譚

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

落第騎士の英雄譚/各キャラの固有霊装登場シーン一覧 SILVER LINKは前座にも手を抜かない

落第騎士の戦闘には放映開始当初から力が入っていました。主にそれは、具体的には、視 …

落第騎士の英雄譚/実は一刀羅刹という一刀修羅の上位互換がある アニメは一刀羅刹の披露とプロポーズまで?

落第騎士も6話の折り返し地点を迎えましたね。 「僕、黒鉄君に教われば、もっともっ …

落第騎士の英雄譚/5話感想 リア充ごちそうさま(-人-)なにげに細かいところが凝ってた

前話は桐原静矢(と、観客)に散々いいようにやられながらも勝利を掴んだ一輝。 本来 …

落第騎士の英雄譚は一輝がコツコツ努力したように3つの見所を着々と進化させていった

落第騎士は終わりを間近にして3つの沸点を迎えました。 9話でのステラの工口パート …

落第騎士の英雄譚に2期はあるのかな?【続編じゃなく新章として続けられる強み】

「人に認められるって嬉しいものなんだね」 一輝の“最弱”であったことで受けた破軍 …

落第騎士の英雄譚/画家サラ・ブラッドリリーは一輝にヌードモデルを迫る 【七星剣武祭編のメイン・サブヒロイン】

もはやステラが一輝を見捨てる、はたまた一輝がステラを見捨てるという展開は、天変地 …

落第騎士の英雄譚/10話で珠雫が使った技一覧【ハイクオリティすぎて把握できなかった】

選抜予選は今年度よりトーナメント形式。 数日に1回行われてきた校内戦では、伐刀絶 …

落第騎士の英雄譚/“剣士殺し”倉敷蔵人 「強者との『死合い』」これに勝る喜びはなし

5話での水着回、もといバカップル回は綾辻絢瀬という、次なる物語への伏線もちゃんと …

落第騎士の英雄譚と学戦都市アスタリスクの類似点 比較しながら見るという新しい見方

「ヒロインの着替えを覗いた主人公が炎技で“消し炭”にするのが得意なヒロインと決闘 …

落第騎士の英雄譚/有栖院凪と一輝の微妙な友情関係 落第騎士は一輝×ステラと、珠雫×凪の深イイ話

愛する兄を追って破軍学園にやってきた珠雫は、出会い頭にその思いの丈を行動で示しま …