にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

アルスラーン戦記/王妃タハミーネがアルスラーンに冷たい理由【ネタバレ】

      2016/04/18

タハミーネ1
「大儀である。永遠なるパルスへの忠誠を期待します」

1話にて、整列した兵たちにテラスから厳粛な言葉を発したタハミーネ。
兵たちの士気を維持する恒例行事なのでしょうね、その一言を言い終え、侍女たちとともにあっさり引き下がるタハミーネに11歳のアルスラーンは追いかけて声をかけます。

「ああ、いえ……お待たせして申し訳ございません。……は、はい!父上のような立派な王になるために励んではいるのですが、なかなか上達いたしません…」

「いつもバフリーズに」
苦笑いしながら話を続けようとするアルスラーンに、目を閉じ、「そう」とだけ言って去ってしまうタハミーネ。

寂しすぎる親子関係。ですがこれにはいくつかの理由があります。

sponsored link


1.アルスラーンは実の息子ではない

ありがちではありますが、アルスラーンは王家の子、つまりアンドラゴラス三世とタハミーネの子ではありません。

二人の間には女児しか生まれませんでした。パルス公国は男児しか王位を継承できません。アルスラーンは、実の娘と引き換えに名もなき中流騎士の家からもらってきた子どもでした。

バフリーズは、2話のダリューンとの会話にて、この事情を全部ではないにせよ勘付き、憂えている描写があります。

タハミーネ4
「ダリューン、アルスラーン殿下に忠誠を誓ってくれぬか」

2.タハミーネは自分の本当の娘だけをずっと気にかけていた

タハミーネは本音では自分の娘を一心に気にしています。
それは表面的には王妃という理性的な人格がそうはさせていないものの、アルスラーンを憎んでしまうほど。

本当の娘はどこにいるのか? それは秘匿させたアンドラゴラス三世ももはや知らない様子。

アルスラーンの本当の生家である「名もなき中流騎士」の家は母親はアルスラーンを生んで難産で死亡、父親は戦争で戦死。娘は孤児に。
原作でもタハミーネの娘がどこにいるのか、まだ明かされていません。

タハミーネ2_
アンドラゴラスは不器用ながら、タハミーネを愛していました。側室をとらなかったのもそのためですし、アルスラーンを迎え入れたのも、ひとえにタハミーネが男児が産めない王妃として批判を浴びるのを避けるため。

本当の子供を秘匿したのは、タハミーネの愛情が哀れな娘にいかないようにするためでした。

3.傾国の美女タハミーネの美貌と性格

タハミーネの美貌は絶世の美女級。それは武道一直線だったアンドラゴラス、信仰一直線で女性に目もくれなかったイノケンティウスが一目ぼれするほど。

タハミーネ3
ただ、タハミーネのためにかつてから男たちは争い、自殺者を出し、その末路は国の滅亡というのだからやりきれませんね。

タハミーネの性格はもともとなのか、それともこうした不幸の連続で鉄面皮な性格へと変化してしまったのか。
それは、アルスラーンを恨んではいても暴言や暴力にいかなかったこと、ルシタニアに捕らえられてもほとんど完璧に王妃の振る舞いを変えなかったことなどから、おそらく元から固い意思、慎ましく理知的な面があったのだとは思います。王妃という、ある意味無感情が強いられる立場もあったとは言え。

アルスラーンがタハミーネから、アンドラゴラスからも冷たくされていたのはこうした経緯からでした。
各伏線がシンプルで、それほど絡みに絡んでいるというほどでもないので、ある程度予想できた方は多いかもしれませんね♪

 - アルスラーン戦記

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アルスラーン戦記/三大老人の一人ボダン カイジ似教祖のとどまらない欲求の先は

アルスラーン戦記のなかでも屈指の強烈な存在感を放ち続けているジャン・ボダン。 ボ …

アルスラーン戦記/殿下への忠誠度の上昇率は随一 ファランギースへの愛は?

アニメではアルスラーン一行最後の仲間となりそうな、ジャスワント。(「殿下の護衛を …

アルスラーン戦記/アニメ内随一の癒しキャラ イノケンティス最期の覚悟【ネタバレ】

王都エクバターナが占領され、ルシタニアに捕らえられたタハミーネ王妃。 突きつけら …

アルスラーン戦記/海上商人のグラーゼ △ガハハキャラ◎海の流浪人【社長!社長ではないですか!】

2期にあたる今回のアルスラーン戦記 風塵乱舞。 1期は2クールで、ヒルメスとの戦 …

アルスラーン戦記/“エトワール”として従軍したエステル 影響を受けあうアルスラーンと恋の予感?【ネタバレ】

まだ11歳のアルスラーンを誘拐した若い兵エトワールことエステル。エトワールは男性 …

アルスラーン戦記/裏切りのシャガード ヒルメス並みに復讐に燃えるナルサスの旧友【ネタバレ】

アルスラーン戦記2期も4話。一行はOPと同じく青々とした海の美しい港街ギランへ。 …

アルスラーン戦記/有能な者が王位につく ルシタニアを捨て、ギスカールはマルヤムへ【ネタバレ】

愚王イノケンティス七世の後ろに苦虫を噛み潰した顔で立つ、弟のギスカール。ですが、 …

アルスラーン戦記/ヤフーでアルスラーン戦記のテーマに変えるとエラムが一番上になる

スマホのyahoo!japanページからアルスラーン戦記をぐぐってみると、 上部 …

アルスラーン戦記/バフマンとヴァフリーズの違いと想い 手紙の内容

万騎長キシュワードとともにペシャワール城砦を守っていたバフマン。 そのおかげで大 …

アルスラーン戦記/エラムがついにナルサスからアルスラーンに心変わり?本当の意味での奴隷解放

12話にて、魔導師の一撃をくらって吹っ飛ばされたアルスラーンを助けるため、ダイビ …