にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

鉄血のオルフェンズ/48話感想 まさかのオルガ死す!? ギャラルホルン大攻勢を目前に鉄華団は決死の脱出

      2017/04/03


アリアンロッド艦隊との戦いに敗れた革命派と鉄華団は火星圏に撤退、再起を図ります。しかし既にラスタルの手は遠く火星圏にまで及び、マクギリスは全ての権力を奪われ、鉄華団の周辺にもまたその影響が及んでいました。

ギャラルホルンの総攻撃が迫る中、鉄華団が生き抜く道を模索する機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第四十八話『約束』のレビューです。

47話感想
49話感想

sponsored link


火星決戦~終わりの始まり


鉄華団火星本部を包囲するギャラルホルン(GH)の地上軍。それは火星のマスコミを呼び、衆人環視の下でGHの大義を示そうとするラスタルの采配でした。


一方何とか生存の道を模索するオルガ。そのためにはなんとしてもアーブラウ代表の蒔苗東護ノ介とコンタクトを取らなければなりません。


雪之丞「確かここの地下には厄祭戦時代の古い送電ケーブルが通っていたはずだ。そのトンネルが生きてりゃクリュセ方面に出られっかもしれねぇ」

通信も途絶され周囲は完全にGH軍に取り囲まれた状況。そこで発案されたのは基地の地下深くを走る通信ケーブルの連絡通路。そこを使って脱出する策です。

しかしやはり蒔苗先生とはなんとしても先行して渡りを付ける必要があります。たとえ鉄華団を捨て基地の脱出に成功したとしても、いずれ先がどん詰まりになってしまうのは明白ですから。


オルガはマクギリスに連絡通路を使った脱出を打診。マクギリスは単独でバエルを駆り包囲網を突破すると言い出します。そしてそれを囮にすれば少数ならクリュセ市のアドモス商会に向かうことも可能だとも。


マクギリス「それを君達が利用しようとしまいと一切関知はしない。君達の作戦は私にとっても利用価値がある。君達がここに残ると見せかけることでラスタル・エリオンをおびき寄せることができる。私は君達を利用してラスタルを討つのだ」

マクギリスにはまだ腹案がありそうです。というかこの状況で「ラスタルを討つ」とまで言い切っていますが果たして…? 包囲網を抜けて脱出するのに『もぬけの殻になった鉄華団を利用させて貰う』とは一体どの様な策を考えているのでしょうか。


そして出撃するガンダムバエル。ラスタルから交戦命令の下りていない包囲網部隊は動けませんが、そんな中で前線部隊指揮官のイオク・クジャンが独り行動を開始します。


指揮官「クジャン公、何を!?」
イオク「すまん指揮官殿。しかし流さねばならぬ血があるのなら…!!」

自ら囮となり、マクギリスに先制攻撃させて反撃の口実を得ようとするイオク。この時点でラスタルの命令に背いてますけどね(笑)


マクギリス「私は今機嫌が悪くてな。少々八つ当たりにつきあってもらおう」

脱出するオルガ組の囮となるべく行動するマクギリス。しかし包囲網を抜けたとして、どこに向かうつもりなのでしょうか。

狼の群れと一匹狼、それぞれの戦い


マクギリス「ここまでのようだな。さらばだ鉄華団」

鉄華団を飛び出し、独り行動を開始するマクギリス。その際に当ってマクギリスは鉄華団の中でもただ一人、三日月・オーガスにだけ声を掛けています。


マクギリス「三日月・オーガス。私の下に来ないか?」
三日月「なんで?」
マクギリス「そうだな…分かっている」

結局三日月には断られ、オルガの邪魔が入ったこともあって諦めていますが、「君の戦いを美しいと思った」と言っている点といい、『力』に対する憧れ――執着みたいなものが感じ取れます。

その後「さらばだ鉄華団」と基地を後にしていますが、果たして本当に未練は無かったのか?気になるところです。


一方、バエルの奮闘を囮に無事アドモス商会に辿り着いたオルガとクーデリア達一行。

さっそく蒔苗先生の元に連絡を取ります。


蒔苗『ただし正式な手続きはこちらに来てもらわんとできんぞ。急いでくれよ。お前らのことが心配で仕事が手につかん奴がおってな。わしの仕事も滞って困る』
タカキ『ちょっと先生そんなことは…』
チャド「その声、まさか!?」
ライド「タカキ!?」
タカキ『えっ、ライド?』

蒔苗とのコンタクトで何とか活路を見出す鉄華団。問題は地球への移動方法ですが、それもアジーからのメールで目処が立ちます。


アジー《状況はニュースで見た。もし私らが力になれることがあるなら火星のテイワズの事務所を訪ねてくれ。積み荷に交ぜてどこへだって運んでやる》

鉄華団に政治生命を救われ、チャドの活躍でテロから直接の命を救って貰った蒔苗。そしてその下で働く元団員のタカキ。鉄華団と一緒に生死を共にし、名瀬とアミダとラフタの仇を取って貰ったタービンズのアジー。そして密かにそれを支援するマクマード……全てを失うこの状況に至って、これまでの鉄華団が築いてきた絆が一つの形になります。

一筋の光明を見出し、そこに向かって走り出すオルガでしたが……

遺された者たちの戦い


アドモス商会を出たオルガ達に降りかかる突然の襲撃。オルガはライドを庇い、その身に銃撃を食らいます。


全身血まみれになりながらも起き上がり、なおも前に進もうとするオルガ。その姿に遺された者たちは声をかけることすら出来ません……


三日月「謝ったら許さない」
オルガ「(ああ…分かってる…俺は止まんねぇからよ。お前らが止まんねぇ限り、その先に俺はいるぞ! だからよ…止まるんじゃねぇぞ――)」

まさかの残り2話残してのオルガのリタイア。残された鉄華団のメンバーの未来がこれでまた未知数に…。

それにしても今回の襲撃は誰の手の者だったのでしょうか? GHの手の者にしてはラスタルの思惑からは外れていますし、装備や恰好も合いません。可能性があるとすればノブリス関係者か、別のマフィアかならず者、あるいはマクギリス関係…?

そして頼れるリーダーを失った鉄華団の運命は。彼らにどんな結末が訪れるのか。次回の展開、そしてラストバトルがどうなるのか非常に楽しみです。

(ごとうあさゆき)

47話感想
49話感想

 - アニメ感想

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ReLIFE(リライフ)/1話感想 ニートの社会復帰のため高校生をやり直させる!?大人気WEB漫画をアニメ化!

深夜に大量のツイート投稿、失礼致しました!ReLIFEチャンネルOPEN、そして …

双星の陰陽師/13話感想 二人の想いと勇気が重なる時、双星の真の力が発動する!発動せよ《レゾナンス》!

仇敵神威との戦いで大きなダメージを受けた紅緒。ろくろの乱入で九死に一生を得たもの …

クロムクロ/14話感想 鬼と宇宙人が舞台でチャンバラを繰り広げる富山の文化祭。仲の悪い女子2人組vs意外と仲が良い女子3人組の戦いの行方は!?

盛り上がる立山国際高校文化祭に現れたエフィドルグの女戦士ムエッタ。その凶刃が剣之 …

七つの大罪 聖戦の予兆/3話感想 キングの初恋に進展は!?小悪魔ディアンヌに翻弄されて…

今回はディアンヌとキングのお話です。メリオダスが大好きなディアンヌと、ディアンヌ …

落第騎士の英雄譚/7話感想 綾辻絢瀬を演じた“画伯”あっぱれ!思わず息を呑む決死の剣戟戦

6話終わり間際で見られた次なる対戦者、綾辻綾瀬の不適な笑み。 そこから続いた7話 …

あまんちゅ!/7話感想 幸せの為に労力は惜しまない!それぞれの梅雨の過ごし方

今回のお話は2本立てです! こちらは夏も終わりに近づいていますが、お話の中では梅 …

クロムクロ/10話感想 フスナーニの脱走劇のその先は 剣之介自身から語られる雪姫と黒骸の出会い

激しい戦いの末、虜囚となったエフィドルグの監査官。虜となった男の真の狙いとは? …

ろんぐらいだぁす!/2話感想 サイクリングの聖地三浦半島へ!頼りになる先輩の案内で、美味しいグルメと綺麗な景色の自転車旅行

たまたま見かけた折りたたみ自転車の可愛さに釣られ、勢いで購入してしまった亜美。人 …

坂本ですが?/12話感想(終)さらば坂本!最後はスタイリッシュではなく、泥臭いまでの熱意で奇跡を呼び起こす!

卒業式というハレの舞台を戦場にラスボス深瀬先輩(声:岩田光央)の尖兵と化したあっ …

天鏡のアルデラミン/10話感想 族長は幼馴染!? 迫り来る危機にまさかの帝国とシナーク族の共同戦線! そしてついに黒幕登場――その名は『不眠の輝将』

激しいシナーク族の総攻撃を多くの犠牲を払いながらも何とか凌いだ北域鎮台本隊。戦い …