にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

ACCA13区監察課/11話感想 13本のタバコとクーデターの行方 ニーノの犠牲は即位を受け入れるジーンに何を?

      2017/04/03


リーリウムが黒幕でグロッシュラーを操り全てを思い通りにし、真の目的はリーリウム家が権力を握ることだとわかった前回。

そして今回、ジーンはリーリウム家が取り仕切るフラワウ区へ最後の視察です。直接的な話が聞けるのか、ジーンはクーデターに参加するのか…。それでは、第11話「フラワウの花は悪意の香り」の始まりです。

10話感想
12話感想

sponsored link


フラワウの微笑み


最後の視察先、花に囲まれ人々が優雅に暮らすフラワウ区で丁重なもてなしを受けるジーン。区長と支部長であるリーリウム兄たちとの談笑の中で、フラワウ区民の願いは資源が有効に活用されること、区民の誇りは全体の9割を占める石油を提供しドーワー王国を支えていること。という話を聞きます。


その話からプラネッタ区長が、資源が出れば他区と分け合いたい気持ちはあるが、もしも一方的に奪われるなら納得はできない。フラワウ区はドーワー王国が今の形になる前から資源を持っていて、奪われたような状態だ。フラワウはそのことをどう思っているのか…。と話していたことを思い出します。


夕食の後、リーリウム兄弟に連れられたジーンの目の前には、1本のタバコが置かれていました。クーデターの主導者はフラワウ区だと確信したジーンに、「あなたは立たれるのですよね? 我らとともに」とリーリウム区長が問いかけます。


リーリウム兄弟との会食を終えホテルに戻ったジーンを狙っているのは第一王女の手の者でした。

やらないと殺される。追い詰められた刺客は、他者の巻き添え覚悟で車から降りたジーンを狙い引き金を引きます。その瞬間、ジーンの名を叫び駆け寄る人影が…。


突き飛ばされたジーンに覆い被さるように倒れ込んだのは、フラワウの装束を纏ったニーノでした。暗殺失敗を確認し、すぐさま逃げ去る刺客たち。ニーノが庇ったおかげでジーンは無事でしたが、大量の出血をしているニーノはそのまま意識を失います…。

ニーノの意志とジーンの決意


意識を取り戻したニーノの元へ来たジーン。フラワウは初めてだ。ドーワー家の人間には手を出さなかった。今回は褒めて貰えると、いつも以上に喋るニーノ。最近のジーンについて、巻き込まれているのか自ら首を突っ込んでいるのかわからない。でも、口出しはしないただ見守ると伝えます。

その言葉に、お前の人生はドーワー家のものじゃない。そんなの俺もロッタも喜ばないと強い口調で返すジーン。


ニーノの見舞いを終えたジーンはリーリウム兄弟に向き合い、自分の意志を伝えます。「王家の面倒に巻き込まれるのはまっぴらだと思っていましたが、ACCAが無くなるのは困ります。国民が。受け取りましょう例のものを」ジーンの言葉にほっとした表情を見せるリーリウム兄弟はバードンで弟と話すようにとジーンに伝えます。


その頃城では、ACCA100周年式典に国王が出られない為、次期国王として出席することになったとマギーから聞かされたシュヴァーン。苦い表情をしながら式典に出席したらすぐ帰ることを条件に、渋々出席を了承します。


バードンに戻りリーリウムを訪ねたジーン。出迎えたリーリウムは、ニーノを心配する言葉を述べた上で、ジーンの決意を歓迎すると伝えます。

ワインで乾杯しようと差し出しすリーリウムに、ジーンもグラスを受取り乾杯に応じます。そして、タバコは何本集まった?とジーンに問いかけます。

13本のタバコの意味

クーデターに賛同する区はジーンにタバコを渡すようにと、事前に伝えてあったというリーリウム。ジーンのタバコケースにはドーワー区を含む13本のタバコがありました。ドーワー区に関しては支部長の意向で王室の意見ではないと説明するも、全区がクーデターに賛同するという結果に。


こうして皆があなたの即位を望んでいる」リーリウムのその言葉に「あの王子じゃなければ私じゃ無くてもいいはずです」と答えるジーン。クーデターを成功させ皆が今まで通りの平和な暮らしをするには、あなたしかいないんだと訴えるリーリウム。心配しなくて良い、私たちが着いている。心配しなくて良い…。


ACCA100周年式典に向けて各区から集まるリーダーたち。バードン支部リーダーのグルスとファーマス支部リーダーのエイダーが、いつの間にか付き合っているという話で盛り上がります。そして、次の副課長の座はウォーブラーかという話からクーデターの話に話題は変わります。


遅れて到着したスイツ区リーダーのウォーブラーは、クーデターの話を知りませんでした。何故クーデターなのか!?シュヴァーンは愚君にはなっても暴君にはならない。クーデターを起こすほどのことではないと異議を唱えますが、オウルに呼ばれ5長官や本部長の決定だと諭されてしまいます。万が一ACCAが無くなったら?愚君ほど怖いものはない…国民がACCAを望んでいるのだと…。


モーヴの元へ報告に来たジーンは、タバコが13本集まったことなどリーリウムから、5長官を通じてモーヴまで伝わっていたことを知ります。「報告はもう良い」と言われたジーンが退室しようとすると「オータス大丈夫だな?」と問いかけるモーヴ。「ええ」と笑顔で返すジーン…。

フラワウ国の陰謀


玉座なんて興味ないでしょう、ACCAの為ですか!?バカらしくないですか!?」とジーンに食ってかかるウォーブラー。そんなウォーブラーの姿に、次の副課長を任せたかったけど、あともう少しかな、あの王子は本当に困った王子なんだよね。と言い残し去って行くジーン。


一方、その困った王子は飛行機で式典が行われるバードンへ向かいます。他人や国のことに興味を示さず、部下や身内にも冷たく横柄な態度をとるシュヴァーンに、せめて身内には好かれるようにしては?と意見するマギー。マギーに反発するシュヴァーンは、僕はドーワー王国の国王だと小さくつぶやきます…。


式典の前日「ついに明日、輝かしい未来が見える。リーリウム家はこれを待っていた」と言うリーリウム。本音を言えというグロッシュラーに「オータスを立て、オータスを動かし、国を動かす。皆気づいた時にはフラワウが国の実権を握っている現状を受け入れるしか無くなっている。そう今の君のようにね」と言うリーリウム。


不敵な笑みを浮かべ、冷たい視線を送るリーリウムは「このままではいけないとわかっているはずなのに、なぜ抗えないのか…。相手がフラワウ国のリーリウム家だからさ」と言葉を続けます。リーリウムの言葉に動けなくなったグロッシュラーは、そのまま立ち尽くします。


協議に出席せず一点を見つめ思い詰めたような表情のグロッシュラー。ジーンとリーリウムが直接繋がっていると報告をしに来たモーヴが、「大丈夫ですか?」と声をかけると「ああ」とだけ返します。グロッシュラーに何か考えはあるのでしょうか…。

感想まとめ

話が進んだような、進んでいないような…。結局ジーンはクーデターに参加することを決意しましたね。しかし、すんなり言いなりになるとは思えません。グロッシュラーとモーヴもリーリウムに対して何か策があるようにも見えます…。誰が何を考えているのか…。展開が全くわからないです(*゚д゚)

ひとつだけ確かなのは、このままリーリウムの言いなりになってはいけないということ「フラワウ国のリーリウム家」リーリウムの描く未来がドーワー国ドーワー家の椅子に自分たちが座ることだとすれば、シュヴァーンが掲げる王族に権力をという思想と変わらないじゃないですか…。

どんな形で抗うのか、クーデターは失敗するのか、全ては来週わかりそうですね!…ここまで来ましたが、ジーンにはACCA本部の制服を着てタバコを燻らせていて欲しいなぁ!!という私の気持ちは変わりません! それがジーンらしいと思います!

しかし、どうすれば!?…それでは、また来週です(´∀`*)

(saku)

10話感想
12話感想

 - アニメ感想

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

双星の陰陽師/26話感想 驚愕、婆娑羅も死ぬ!? 続々新キャラ登場、千々石と百道。そして深まるさえちゃんの謎!その正体は…?

名古屋からさらに西へ向かうろくろ達一行。今回の双星陰陽師・第26話『双星VS双生 …

鉄血のオルフェンズ/41話感想 まさかのラフタ死亡に阿鼻叫喚!?仁義なきガンダムの本領発揮にあきひろ憤怒の仁王化!

▲Pixiv Spring Rain様 一人の男と一人の女が家族を守るために散っ …

双星の陰陽師/48話感想 ついにラスボス降臨…安倍晴明復活!新人類だけで理想世界を築こうとする『新世界の神』!?

大祓の儀、それは覚醒した破星王の力によって人間から呪力を奪い、弱い呪力しか持たな …

鉄血のオルフェンズ/32話感想 アストンの死。地位も名誉もなくあるのはただ名無しの墓標と友情だけ

アーブラウ防衛軍発足式典のテロ事件を切っ掛けに事態は隣国SAUとの戦争にまで発展 …

あまんちゅ/2話感想 「ジャイアントストライド」でまだ見ぬステキに「エントリー」!

少しだけ前を向けたてこと、いつも元気いっぱいのぴかり、ふたりの高校生活がいよいよ …

落第騎士の英雄譚/7話感想 綾辻絢瀬を演じた“画伯”あっぱれ!思わず息を呑む決死の剣戟戦

6話終わり間際で見られた次なる対戦者、綾辻綾瀬の不適な笑み。 そこから続いた7話 …

落第騎士の英雄譚/6話感想 小林ゆうのボクキャラこそばゆい!ステラが彼女、珠雫が妹、絢瀬が同胞で、蔵人がDQNで

小林ゆうさんと言えば、銀魂の猿飛あやめが有名ですが、もう一人印象に残っていたキャ …

双星の陰陽師/6話感想 婚約者と幼馴染の接近遭遇!?修羅場待ったなし?ろくろ絶体絶命!

双星の陰陽師第六話『紅緒と繭良』のレビューです。トラウマを乗り越え、陰陽師として …

ACCA13区監察課/8話感想 ニーノ少年の物語、そして語られるジーン一家の過去

語るべきやつが居る。自分が王族の血筋であると知り、自分の過去の真実に迫ったジーン …

鉄血のオルフェンズ/28話感想 動き回るMSメカアクション、これぞ日本のロボットアニメ!頼りになる鉄華団の仲間たち

ハーフメタル採掘視察団を襲撃した宇宙海賊・夜明けの地平線団。守るは民間護衛会社・ …