にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

クロムクロ/あの生首の正体は一体誰!? 最終章の重要ポイント!20話で大活躍の由希奈がもたらす新情報

   

クロム20コラム-①抱き合う二人
第2クールも終盤戦に突入、残り6話となったクロムクロ。20話では様々な真実が明らかになり物語が大きく動き始めました。そこで20話感想と並行して特に気になったポイントを重点的にチェックしてみました!

sponsored link


明らかになった真実のエフィドルグの姿

クロム20コラム-②隠し通路
ムエッタと勘違いされたままミラーサに追われた由希奈は危機一髪のところを謎のエリアに侵入することで難を逃れました。ここが隠し通路だったのか、それともミラーサ達下士官には見えない=認識出来ない様に思考、あるいは視覚に細工をされて(調整されて)いたのでしょうか?

クロム20コラム-③ゆきな視点クロム20コラム-④ミラーサ視点
映像的には由希奈には通路、ミラーサには壁として見えています。由希奈視点では壁のあるべき場所の空中に光る呪符みたいなものが浮いています。

とにかくエフィドルグには幹部にも秘密にしている事実があることが判明。問題はレフィル隊長はその全容を知っているのかどうかという点です。実は隊長も操られている――真のエフィドルグは未だ姿を見せていないのかもしれません。

クロム20コラム-⑤アクセス
母艦の中枢制御室で端末にアクセスした由希奈は偶然にも幾つかの重要情報を入手します。

《1》枢石と要石が全て揃い完成した時に起きること
《2》とある惑星がエフィドルグに侵略された時の映像
《3》雪姫の生首

クロム20コラム-⑥枢石完成
《1》に関しては断片的な映像なのでハッキリとはしませんが、ゼルの台詞と合わせると、おそらく空間跳躍ゲートの類だと思われます。この完成体枢石が本隊を呼び寄せるために必要不可欠な装置であることに違いありません。

クロム20コラム-⑦他惑星侵略
《2》は由希奈が侵略記録映像で見た惑星が18話でムエッタが夢うつつの中で見た星と同じだった点です。

建造物のデザインが同じ造りである点、つまり幼子ムエッタはエフィドルグによって侵略された側の星の人間ということ。そしてこの映像に登場したグロングルは1話アバンでクロムクロと激闘を繰り広げていたあの同型機と思われます。

クロム18-25別世界クロム18-26両親
話の流れと構成から言って、ゼルとムエッタ(オリジナル)は同じ星の出身。その星は地球の前に侵略された。だから450年前ゼルと雪姫が協力してエフィドルグ先遣隊を壊滅させた。

鷲羽の雪姫=オリジナルムエッタは地球の文明・技術レベルを高めるため地球人と同化する方を選んだ…とも考えられます。実は今の時点でゼルはエフィドルグの本隊の召喚方法については「よく分からない」と答えているんですよね。その辺り、今回由希奈がエフィドルグのメインコンピュータにアクセスして枢石の正体を知ったことで事態が大きく動きそうです。

クロム20コラム-⑧雪姫の生首
《3》由希奈と同じ顔をした謎の生首。
おそらくこれがオリジナルの『雪姫』なことには間違いないでしょう。ただしそれが元々の『鷲羽の雪姫』なのか、それとも『オリジナルのムエッタ』なのかはまだ不明ですが……

実は鷲羽の雪姫は最初のカクタスに襲撃されて拉致られた時点で生体部品(生首)にされ、クローンの母体にされてしまった…とか。(剣之介達が姫救出に向かうまでには実は結構な時差があった)

つまり450年前に纏い手となった剣之助と一緒にクロムクロに搭乗して戦った雪姫は最初に作られたクローン体、ゼルによってエフィドルグから救出され一緒に戦うようになったと。救出された光景を剣之介は『鬼に拉致られた』と勘違いしている?みたいな。実は当時何体か同じ様な雪姫クローン体が存在し、そのうちの一体が戦国時代を生き抜いて白羽家のご先祖になった…というのはどうでしょう?

クロム20コラム-⑨生首2
その後生体部品の一部は前先遣隊より現在のゲゾンレコ隊に回収、引き継がれ、現在のムエッタやフスナーニとして現代にクローン再生された。

もしかするとエフィドルグに攫われた人々は昔も今も全て雪姫と同じ様に生体部品化され、手足となる尖兵としてクローン体が作られているのかもしれません。(あるいはカクタスの中枢に利用されているとか)それに関しては隊長がうっかり気になる一言を呟いています。

クロム20コラム⑩レフィル隊長
隊長「更新する必要が無くなったな。グロングルの無い纏い手など不要だが、実戦経験を積んだ纏い手が戻るのは喜ばしいことよ」

ムエッタのスパイダーは修理中ですからここで言う『グロングルの無い纏い手など不要だが』とはやはりヒドゥやフスナーニら戦死者のことを指すのでしょう。

更新とはグロングルとの再契約のことかと思っていましたが、穿って見れば、新しいクローン体を補充することを意味しているのかもしれません。実戦経験は当然0ですし、母艦の中に他に人間らしい姿を今回まるで見かけなかったのが不可解です。

ゼルが語った衝撃の事実

クロム20コラム-⑪対話
由希奈がエフィドルグのコンピュータを漁っているのと時同じくして、ソフィーの部屋ではゼルとの対話が行われていました。そこで判明した事実は大きく分けて3点。

《4》ゼルの出自
《5》ゼルの経歴と地球の関係
《6》エフィドルグの侵略について

一つはゼルがエフィドルグに滅ぼされた地球とは異なる星の人間であること。つまりエフィドルグは平和裏に相手を傘下に納めるというのは偽りで、容赦無く相手を滅ぼすということ。安寧というのはあくまでも方便、彼らの都合なのでしょう。

そしてその支配に人の意思は関与せず、徹底した管理と調整が行われる――もしかすると人類を全て生体部品化してクローンによる肉体生成=人口調整を行う、とかそういう形なのかもしれません。

クロム20コラム-⑫ゼル
またガウスの技術情報がゼルによって地球側にもたらされたことも今回発覚しました。地球人類の技術水準がガウスの製造が可能なレベルまで待っていたのか、あるいはゼルが意図的に情報操作を行い、人類の科学技術レベルを加速させてきた可能性も?

クロム20コラム-⑬ソフィ
ソフィ「本隊を捕捉出来なかったのですか?」
ゼル「分からないのだ。エフィドルグは超光速航行可能な船を持っていない。今軌道上に浮かんでいる船は重力加速船だ」

そして先にも述べましたがゼルは「エフィドルグ本隊を捕捉出来なかった」と述べています。ゼルの認識では母星が侵略された時はまさに電撃的にエフィドルグ本隊1千隻もの大艦隊が突然出現し、侵略を許してしまったということです。

同じく現在の地球側には1千隻もの敵艦隊を食い止める術など持ち合わせていません。ここで鍵になるのは由希奈が持ち帰る『枢石と要石の情報』でしょう。そしてそれを知られたことをまだエフィドルグ側が認識していないという点。

クロム20コラム-⑭ゲート
地球侵略を阻止する唯一の手段、枢石と要石をエフィドルグに渡さない――その争奪戦が今後の話の鍵となるに違いありません。

激しさが加速し、物語は収束していく

クロム20コラム-⑮脱出
脱出に成功した剣之介由希奈ムエッタ。彼らを追うよう富山に向けて降下し始めたエフィドルグ母艦。まさに一気に怒濤の最終決戦の様相を呈してきました。

クロム20コラム-⑯司令部
都合よく戦力外通告が出されてローテーションから外されたソフィー。彼女にはクロウかロングアームの搭乗、出撃の目が大きいと思います。

今後起こるであろうブルーバード戦ではクロムクロクロウ(通称ククク)が相手をするでしょうし、個人的にはそちらは剣之介由希奈ソフィーでトリオ結成した方がラブコメ的に盛り上がると思います(笑)それに何と言ってもゼルさんにはクロウよりロングアームの方がイメージ的に似合いそうですし。

クロム20コラム-⑰謎
残された謎――由希奈父の行方、未だ仮面を取らないレフィル隊長、ゲゾンレコ隊を操る陰の黒幕…というかエフィドルグ人なる存在が本当に存在するのかどうか。そもそもエフィドルグが宇宙に播種を行ったのはまぁ良いとして、何のためにそれを刈り取っているのか…?

きちんと説明してくれるかどうかは監督がカントクなだけに若干不安も残りますが(笑)これまでの丁寧な展開から見て、十分期待出来るレベルだと思います…というか期待してます!

与太話

クロム20コラム-⑱お茶とUSB
▲ お茶を飲む鬼…というか異星人(笑)

お茶をきちんとお出しするソフィーも凄いですが。USBメモリを扱う異星人もよく考えたら凄い絵面です。というかゼル、どうやって買ったんでしょうね? あの格好で家電量販店に行ったのでしょうか。それともAmazonで通販?

受け取る時宅配屋さん、さぞ困惑したでしょうね(笑)

(ごとうあさゆき)

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ReLIFE(リライフ)/5話感想 きちんと話さなければ分からない、日代さんにようやく友達が…!

今日からTSUTAYA三軒茶屋店さんでアニメ・舞台『ReLIFE』の展示がスター …

エルドライブ/10話感想 何が何やら…「この顔」にご用心!?宙太の臭いの悩みがついに解決!

前回、ボウリング合コンで宙太の臭いに耐えきれず、気絶してしまった美鈴、宙太の悩み …

レガリア/4話感想 いい最終回だった…?9月にまた会いましょう?

※再掲【レガリア放送・配信延期に関するお詫び】放送再開につきましては9月1日より …

プリズマイリヤ ドライ/7話感想 久々に凜とリヴィアも登場!敵にさらわれたのにあまり緊張感が感じられない…。

〔BD&DVD情報]プリズマ☆イリヤ ドライ!!第1巻予約受付中♪各店舗 …

ろんぐらいだぁす!/1話感想 ゆるふわサイクリングアニメ登場!! アクタス制作による2D美少女と3D自転車の融合による映像美に期待!

『月刊ComicREX(一迅社)』にて好評連載中のコミック、三宅大志原作による女 …

だがしかし/7話感想 普通の目になったサヤ師の美人度がやばい こんなに優しい世界な夏祭りは久しぶりかも

好評発売中、だがしかしコラボブタメン「明太マヨ味」食べましたか?蓋の裏面には竹達 …

幼女戦記/1話感想 ぅゎょぅι゛ょっょぃ。戦地に降り立つ幼女は悪魔かバケモノかそれともサラリーマンか【ネタバレ】

帝国西方――国境付近のライン戦線、帝国にとって共和国による不意の全面攻勢は完全に …

坂本ですが?/2話感想 ただクールなだけでも優しいだけでもない本当の強さとは?

坂本ですが?第2話「守られるより守りたい/今日から使える恋愛心理術」の感想です。 …

双星の陰陽師/27話感想 とことん繭良サービス回!兄弟子士門の妹弟子大特訓!意外な十二天将の素顔と過去

日本中で開きまくる龍黒点。それを塞ぐために奔走するろくろと紅緒、そして十二天将達 …

エルドライブ/7話感想 宙太、絶体絶命!!信じる気持ちは願いと共に

ようやく辿り着いたDr.ラヴが無残な姿になっていて、側には謎の少年…。サングラス …