にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

エルドライブ/4話感想 新たな敵成田ミキオは死んだはずの親友グッチー!?宙太の過去がついに

      2017/02/09


不穏な一味が地球に向かっているところで終わった前回。ヤツとはいったい誰なのでしょう…。

宙太の過去がこのタイミングで注目されると言うことは…。それでは、第4話「過去からの追撃者・その1」スタートです( `・∀・´)ノ

3話感想
5話感想

sponsored link


宙太が背負う過去


小学生くらいの宙太の記憶。友達のグッチーが引っ越すことになり、お別れのプレゼントを持ち寄った宙太と松太郎とミチヨ。しかし、グッチーの引越しは延期になったことを知り、ミチヨの持ってきたキラキラボックスに入れてタイムカプセルとすることに。


そのタイムカプセルを探しに来た宙太は、なかなか見つけられません。過去からは逃げられないのに、近づこうとすると無くなってる…と空を見上げる宙太。

そしてあの事件の記憶。松太郎を助ける為に駆け寄った宙太は、「右の岩は」というドルーの声に右の岩を踏んでしまいます。「右の岩は危ない」を勘違いし、宙太が踏んだことで崖が崩れ、グッチーもミチヨも松太郎も崖から落ちてしまいました。


久しぶりにグッチーの墓参りに来た宙太。その心には「なんで宙太君だけ助かったの!?」グッチーの母親の言葉と冷たい視線が深く残っていました。あの日から3ヶ月ミミはずっと泣いていたとドルーから聞かされた宙太は、自分のことばかりで周りが見えていなかったと気づきます…。


翌日の朝礼。突然倒れた美鈴とドルー。緊急事態を感知したチップスがメルポル星人の人型ロボットを操縦し美鈴を回収しに来ます。その異様さに戸惑う先生達でしたが、その迫力と美鈴が「ママ」と呼んだことで、仕方なく美鈴達を見送ります。


一緒に来るように言われた宙太も後に続き、太陽系方面署へ向かうチップスと美鈴と宙太。その後ろ姿を制服を着たふたりの男子生徒が見つめ、「あぶり出せたな」と話します。

犯人も方法も不明


突然気を失った原因と対策の為に水槽に入れられた宙太。イサクの見解では睡眠を誘発するSPHではないかと話します。美鈴も同じ処置を受けていると知った宙太は、ここから見えます!?と興奮気味。しかし、ミラー仕様で外からは見えず、全水槽マイクONだと知らされる宙太。「変態男、消え去りたまえ…」美鈴の声がばっちりマイクONで宙太の水槽に響き…。


レイン達の調べで、昨日と今日での変化はふたりの転校生が増えたことだと判明。明日以降はこの転校生をマークしてくれと指令が出ます。そして、デミルの船が地球に向かっているという報告が入ったことも伝えられた宙太は、空いた時間で訓練を受けたいと志願します。


自分に合ったレベルで的となる小型ロボットを放出し、それをSPHで倒すのが訓練内容でした。刺されると腫れる小型ロボは地球の蜂のようなものと聞き慌てて攻撃する宙太。レベル1にも関わらず、なみ縫いでギリギリ倒せた状況でした。


レベル20を選択した美鈴はSPHを華麗に操り、的を全て撃墜します。見とれていた宙太に向けて、医療やサポート担当と違い捜査課なのだからこれくらいできないと、と嫌味たっぷりに宙太を見下す美鈴。「避けてください」と美鈴が言うと宙太の後ろから美鈴の放ったSPHが高速で通過します。


間一髪倒れながら避けた宙太が美鈴と口論していると、チップスが今の衝撃でレベル100が作動したと騒ぎます。そこへ偶然やって来たトントにロボット達が襲撃。しかし、ハエ叩きが得意なトントはあっと間に全滅させてしまいました。「僕らももっと頑張んないとな」と美鈴に嫌味をお返した宙太…。

転校生のふたりをマーク


転校生のふたりをマークしろと言われ、やる気満々で双眼鏡を持ってきた宙太。逆に目立ちますと美鈴に止められた上にマークするはずだった転校生は、ふたりとも風邪で休みだと報告が入ります。ふたり同時に風邪なんて怪しいと疑いながら、やる気を無くした宙太。


その時、担任からこのクラスに転校生が入ると言われ、宙太の視線の先にはグッチーにそっくりな男子の姿が…。グッチーは死んだはずだし、名前も違う…。それでもグッチーばかり気になる宙太。転校生の予定は無かったことを突き止めたチップスから、転校生の成田ミキオをマークするように指示が出ます。


学校を早退する成田ミキオに気づいた宙太は、一緒に帰ろうと声を掛けます。帰る先がグッチーの家の方面だと知り、気になることがどんどん増える宙太は、なるべく不審がられないように成田ミキオと行動することに。美鈴から報告を受けたチップスが宙太の尾行に向います。


デミル船の乗組員名簿を手に入れたレインは、気になる人物を見つけ過去のデータと同一人物か調べるように指示を出します。確認するのは、グッチーと成田ミキオにそっくりなデミル船の乗組員。照合結果は98%同一人物。その結果を宙太に伝えようとすると、急に妨害電波に襲われるレイン達…。


強力な妨害を受け、地球に居るメンバーと連絡が取れなくなったレイン達は、このままでは宙太達が孤立すると方法を模索します。一方、宙太の尾行に向かったチップスは美鈴達を眠らせたSPHを持つ転校生ふたりに迎え撃たれ、敢え無く眠ってしまいます…。

懐かしい場所


SPHレーダーで宙太達を探そうとするも、宙太達のSPHだけすっぽり抜けており、特定のSPHだけ関知させなくする妨害を受けていると判明します。その頃、日本の上空の宇宙から妨害電場とSPH隠蔽線を地球に照射しているデミル船が…。このままだと宙太達が孤立すると危惧するレイン。


成田ミキオの用事に付き合う為に着いてきた宙太は、その場所がタイムカプセルを埋めた浅間神社であることに動揺します。全てがグッチーに見えてしまう宙太、なんとか冷静と保とうと成田ミキオに話しかけると、帰って来た言葉は「懐かしいよな、ここで良く遊んだっけ。ミチヨと松太郎と…」


無線の音声からチップスの異変に気づき、学校を抜けて駆けつけた美鈴。しかし、宇宙人に姿を変えた元転校生ふたりに囲まれ、美鈴も睡眠誘発のSPHを浴びて倒れてしまいます。


「みんな崖から落ちて死んだのに、なんでお前だけのうのうと生きているんだ? 宙太」

その言葉に成田ミキオがグッチーだと確信した宙太…。次回へ続く。

感想まとめ

転校生&新たな敵は、宙太の昔の友人グッチーでした。なんで生きていたのでしょう(*゚д゚) しかも、悪の組織デミルで船長?をやっている様子です。

宙太への恨みでダークサイドに落ちてしまったのか…。偶々デミルに拾われたのか…。だとしたらミチヨと松太郎は!?みんな生きて再会という可能性もありますよね!? 

現時点での、この話のキーは宙太の過去です。過去のせいで、今のマイナスな宙太があって、エルドライブに入ってちょっとずつプラスに変えていた最中、友人から「なんでお前は生きているんだ?」と既に胸に突き刺さっているグッチーの母親と同じセリフが投げかけられました。

宙太…大丈夫なのでしょうかヽ(;´Д`)ノ なんで僕だけ生きている?と今までたくさん思ったでしょうに…。グッチーとの戦いは宙太にとって何か大きな変化点になるのか、ドキドキしながら見届けましょう。

次回はグッチーと宙太の直接対決です!美鈴とチップスも心配ですね…(´Д`ノ)ノ では、また来週です!

(saku)

3話感想
5話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

レガリア/2話感想 ユイちゃんのスリーサイズは?相変わらず素晴らしい作画と百合!

2話までご覧頂いてお判りかと思いますが…。レガリアは単純にロボとはいえない存在な …

ドリフターズ/8話感想 前例の無い特異なドリフ、そして信長の野望とは!?

安倍と合流したところで終了した前回、今回は戦いよりこの世界のお話が中心になりそう …

魔法少女育成計画/2話感想 予想はしていたけど、暗転した瞬間ビクっとした 「資格剥奪後」はもちろん

うん、分かっていましたよ…。 この子の退場はなんとなくね。(´・ω・`) 「時間 …

落第騎士の英雄譚/1話感想「腹筋エネルギー」 実はスタッフの意気込みが分かりやすい設定に隠されているのかもしれない

どこかで見た顔と設定とヒロイン。 典型的なラノベ学園物語なのは、すぐにも分かると …

斉木楠雄のΨ難/13話感想 ようやく終了、沖縄修学旅行。そして、ついに…楠雄が心美におっふ!?

10月になり斉木楠雄のΨ難2クール目が開始しました! オープニングテーマも変わり …

クロムクロ/4話感想 侍、カレーを食う。侍、はじめてのおかいもの。侍は身嗜みが大事です

クロムクロ第4話「異国の味に己が境遇を知る」のレビューです。 富山を襲った鬼を撃 …

七つの大罪 聖戦の予兆/1話感想 ホーク争奪戦が勃発!?豚の帽子亭は今日もドタバタです!

待ちにまった七つの大罪!! 嬉しくて漫画を1巻から読み返してしまいました!(*´ …

ドリフターズ/12話感想(終)島津豊久VS土方歳三!!オルテ帝国略奪戦の結末は!?

ついにこの日が来てしまいましたね…。今回でドリフターズは最終回です(つд;) 前 …

甘々と稲妻/1話感想 新たなる飯テロアニメ登場。お腹は空くけど心はいっぱい!

本日、TOKYOMXにて25時05分〜OAのアニメ『甘々と稲妻』犬塚つむぎ役で遠 …

鉄血のオルフェンズ/33話感想 アーブラウ争乱終結。戦後処理と新たなる戦いのその先へ――タカキの離脱と燻り始める火種

マクギリスの投じた一石によって怒涛の新局面を見せたアーブラウ戦役。流されるまま戦 …