にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

リゼロ(Re:ゼロ)/スバルの携帯の待受けはアニメキャラだった リゼロで異世界転送譚を表す象徴的アイテム:ガラケー

   

携帯
今となっては懐かしい王都編。色々ありましたね~!

携帯1
かわいい。でも腸ドS。(アンソロジーではデレデレで面白かった(笑)。)

痛ましく、ヘビーな展開の続いた13話以降のリゼロでしたが、スバルがようやくノーマルメンタルになった19話は一転してそんなリゼロ序盤の雰囲気がありましたね。

携帯14
もちろん、戦う敵は話が進むごとに強大化、もとい巨大化していっているので、戦うスバル「たち」の規模はリカードたち獣人たちの参加を始め、討伐隊を組んだりと19話相当のものではあります。

携帯9携帯10
▲ 白鯨の物理的なスケールのでかさは作中でも随一。16話での初遭遇時は、中川翔子さんが“崇拝”する楳図かずおさんの雰囲気があってちょっぴり話題にもなった

そんなスバル、(レジ袋やコンポタ味スナックなどはどこかへいってしまいましたが)当初から携帯だけは手放しませんでした。

携帯2
これを現代人のサガと言うには機種が少し古すぎたりするのですが(小説家が文明に遅れるのはよくあること。)、現代文明や知識を与えるという異世界転送譚の風物詩的な要素が薄めのリゼロでは、それを現す貴重な象徴的アイテムでもあります。

sponsored link


パカパカ式=ガラパゴス携帯(ガラケー)=フィーチャーフォン

携帯4
スバルの持つ携帯こと折りたたみ式ガラケーは、ロム爺の見識のもと「魔法器」と判断されます。魔法器とは、ゲートを介さなくても魔法が使えるようになる代物。(書籍版、アニメ版では「ミーティア」。

モノの価値では、宝石の埋め込まれた徽章より高値がつき、聖金貨20枚以上の価値を持ちました。

携帯5
▲ リゼロは貨幣価値の設定描写がほとんどないけど、単純に考えたら100万円クラス

もっともそれは、「魔法器を扱ったことがない者」「(その道の)学がない者」であるロム爺の見識であり、後に商人のオットーやラッセルなどは未知なる形状と材質、切り替わるカラー液晶などに目を輝かせて、金銭には替えられない貴重な一品の価値を下します。(魔法器は未だに謎も多く、複製法が確立されているのは対話鏡だけ。)

携帯16
「交渉の前のお約束は確かに」
「助かったよラッセルさん。討伐が済んだらミーティアはアンタに譲るさ」


ちなみにwebの方では、交渉前に無難なものに変えますが、スバルの携帯の待ち受けはアニメキャラだったと書かれています。

「ずいぶんと、不思議な触り心地がしますね。金属のようですが、温かみもある……。表面は滑らかで、柔らかいようにも……ここは、開く?」
「光って、絵が切り替わる……いえ、しかし内容は判別できませんね。見たこともない文字が、いや、絵……でしょうか?」(書籍版7巻より、webは3章54)

もちろんスバルは充電がないことには意味がないことを知っていて、それを隠してた上での価値ではありましたけどね。(笑)ただやはり、説明をしたところで理解できるかどうかというスバルの認識は正しく、「(変人の)ロズワールが所持する」「未知なる美術品」の扱いをして、ラッセルという説得材料を持ち込むためだけに惜しみなく使ったのは好判断と言えるでしょうね。

携帯3
一応、ルグニカに転送直後のスバルは、携帯を含む、ジャージ、スニーカー、硬貨にそれから会員証に至るまで、テクノロジーの提供という意味での資金繰りは考えていました。

ただし、それらはあくまでもファンタジー系列のゲームやラノベ的(と見られる)小説の知識に過ぎず、あまり計画性らしい計画もなかったようで、『死に戻り』の末、生き死にに重大な人生観を見出すヒューマニストな英雄になっていくのから鑑みると、スバルという少年の成長などの諸々が見えてくるところでもあります。

スバルらしいということで選ばれた歌

携帯7
そうして交渉の材料はもちろん、目くらましだったり、灯りとしてだったり、なんだかんだ使っていくスバルの携帯。

携帯15
19話の白鯨戦では、白鯨の出現時間を告げる大事な役割を担いました。

なんでも、その際のアラーム音は19話の中でも特に工夫の凝らされた部分でもあって、製作陣はわざわざスバルの携帯と同じ機種(当時爆発的ヒットを誇ったdocomoのN503i。)をオークションで入札し、例の不気味ながらいい味も出した――フランダースのいぬの「よあけのうた」を打ち込み、そして録音したのだそうです。あのEDはよかった。(*´ω`)

携帯17

 - Re:ゼロから始める異世界生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

リゼロ(Re:ゼロ)/エミリアとスバルのごたごた恋愛に目が離せない 世にも珍しいエルフ×正統派ヒロインは「くっ殺」なんて言わない

スバルの異世界生活が始まったのは、設定的な意味ではカドモンですが、原動力的な意味 …

リゼロ(Re:ゼロ)/ペテルギウスは昔“ジュース”としてエミリアの父のような存在だった【「デス」=魔女因子】

リゼロの書籍版は現在8巻まで発売されていますが、9巻の発売が9月23日に決定して …

リゼロ(Re:ゼロ)/量産型ペテルギウスがわんさか!飛田ギウスのはっちゃけ感は異常【劇団ペテルギウス】

アニメの中で、ペテルギウスはどこから「人外」になってたんでしょうね。(もちろんラ …

リゼロ(Re:ゼロ)/天然麗人クルシュ・カルステンはスバルにも「卿」と使って侮らない【白鯨戦後は…】

12話から始まっている王選編での新キャラたちは、主にもちろん、王選絡みのキャラク …

リゼロ(Re:ゼロ)/パックのがぶがぶ、レムのぶんぶん、スバルの某凶真、製作陣が調子に乗ってきた!(良い意味で)

「また見知らぬ天井…」 もはやドキっとしてしまう入りで始まったRe:ゼロから始め …

リゼロとオバロに思ったこと タイプの正反対な二人のゲーム好きの異世界主人公

今季春から夏にかけて放送しているRe:ゼロから始める異世界生活。 一つ目のピーク …

リゼロ(Re:ゼロ)/【7話の神回っぷりに鳥肌が止まらない】 それでもスバルは自分の命を投げ出すしかない

「(今度死んだら、俺はどうなるんだ?)」 レムからは絶望を。ラムからは言い逃れ不 …

Re:ゼロから始める異世界生活/1話感想 オーバーロードに続くか、WHITE FOX渾身のリバイバル系異世界アニメ

2016年度春季アニメ、「Re:ゼロから始める異世界生活」始まりましたね! 前季 …

リゼロ(Re:ゼロ)/ついにくるレムのデレ(聖母化) それにしてもレムルートはハードモードすぎた…w

外国人、特に欧米人がアニメの女の子キャラを見た時、その外見の幼さにまずびっくりし …

リゼロ(Re:ゼロ)/松岡禎丞+ペテルギウスのギャグみたいな怪物感 邪精霊は至上の愛に興奮してどうしようもない

神回ではなく、もはや「絶望回」と言いたくもなるリゼロ15話は凄まじかったですね… …