にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

リゼロ(Re:ゼロ)/ああ、終わりが見えてきた… 英雄化していくスバルの順風満帆さに感じる物足りなさと親離れ的な寂しさ

      2016/09/16

筆者だけかな、多分。

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab
「どうした?」

24話のリカードの始まりで一人喜んでたのは。(*´∀`)うへへ なんでリカード話題にならないんだ…

それにしても、よ~~やくペテ公危うし!な展開になってきましたね。

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab7
エミリアへの想いを留まらせ、正体を隠せている辺り、ペテルギウスに詭弁を言えるくらいの余裕がスバルにはあって。一連の策謀にも最終話を前にする打開の展開にも説得力が出ていて、磐石も磐石です。

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab8
でも、打開に安堵する中、個人的にちょっと寂しいなって思うところでもありました。

sponsored link


ウザキャラという「不名誉」?

これまでスバルがしてきたこと、見せてきた顔芸と言えばどれもインパクトのあるものでしたね。

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab2
「グッモーニング今日も晴天洗濯物に絶好調!ハピネスな一日にしようぜ!はいビクトリー!」

いや、下衆なキャラにしても、もっと凄まじい顔芸にしても探せばいるにはいるんですけど、スバルの場合は少し妙で、「これはアニメの主人公にしてはおかしいぞ」っていう話題が、(15話まで)そこかしこでのぼっていました。

その辺りは見た目の、異世界転送譚がお馴染みのラノベアニメの外見が引きずられていった結果ではあるんですが、そうしてテンションの高さ、言動の危なっかしさ、それから誰に対しても使った、理解されるはずもない現代言葉の持ち込みを要因などに、スバルには主人公にしてウザキャラという一つの珍奇な名誉が与えられていましたね。今となっては懐かしいですね。

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab4
「はじめまして賢人会の皆々様。俺の名前はナツキ・スバル!ロズワール邸の下男にして、こちらにおわす王候補」

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab5
「エミリア様の一の騎士!」

といっても、大見得切ったり、リアクション芸人だったり。でも意外と何かがすごく得意で、恋愛には初心かったり。

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab3
「久しぶりだな。元気してらんだばッ!」
「その感じだと腹の傷とか平気みてーだな」


男子高校生って確かにこんなノリでもあります。(笑)

15話でスバルの陥っている境遇に同情が寄せられるまでは、スバルにはそんな不名誉が冠されていました。(似ている変わった主人公に、ハイテンションなナルトだったり、腕利きだけど超下品で下衆な砂ぼうずだったり、理屈屋の阿良々木暦なんかがいる。)

「スバルが上手くやっている」という違和感

そんなこんなで、18話にして、「レムがついているんですからしっかりしなさい」と、めちゃくちゃ甘やかされながらもお尻を叩かれたスバル。

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab11
▲ ここのスバルはかなり大人っぽい

内容的にそうではないんですけど(笑)、その結果が、白鯨討伐を果たした現在の24話の頼もしい姿でもあります。18話よりまだ死に戻りを1回しかしていない点だけでも、かなりの成長がうかがえもするところ。

ただ、個人的にはちょっと寂しい感じがありました。一つは、アニメにせよ、ゲームにせよ、いつもそうなんですが、終わりが近いから。おそらく完全な大団円ではなく、次の4章の不穏な始まりをチラ見せしての放送終了になると見てはいるんだけど、1期の区切りとしてまとめようとする気概、いわゆる落としどころも十二分に感じます。

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab6
▲ 演出に長けたリゼロスタッフがこの何のひねりもないカットイン法を使うのは、15話の壮大なバッドエンディング演出で感動した身としてはちょっと残念だったけど、リゼロスタッフはなんか盛大に労わなきゃいけない感がある。小林さんは特に(笑)

もう一つは、1章と2章ではあった、上にも書いたスバルのゴーイングマイウェイさ・我の強さが、白鯨戦後はだいぶ鳴りを潜めていること。分かってはいたんですけどね。

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab9
「頼む! エミリアが、あの子が皆と仲良くなれる子なんだってそれを分かり合うための機会を与えてやってほしい!」

カドモン記事でも触れた、スバルの一般人的な性質も、英雄化の進む18話以降は少しずつ薄れていって、アーラム村との繋がりは途絶えず、村人たちとのやり取りがきちんと描かれているにしても、結構寂しいものでした。

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab10
「掘り返すな恥ずかしい!」

多分、スバルにはまたちょっと空回りして欲しいんでしょうね。(笑)親離れされる的な…w 15話のような壮絶なレベルじゃないですよ? いや、それでもいい危なっかしい言動とか、ハイテンションとかでのツッコミ満載の空回りです。(´◡`)

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab12
といっても、実際全体として見たら、1章はそのお馴染みのスバル節、2章は屋敷・敷地内に限定された丁寧なサスペンス、3章はそしてより壮絶さを増した悲劇とスバルの成長した姿と、きちんと分けられています。

加えて言うならブレイクタイムとリプチですらも雰囲気が分けられてもいて、これらを製作陣の当初からの計画、サービス精神旺盛な部分と見るか、ちょっとお腹いっぱいだと感じるかは、人それぞれなのでしょうね。

%e8%8b%b1%e9%9b%84%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%ab_%e7%a0%82%e3%81%bc%e3%81%86%e3%81%9a
ちなみに上に挙げた『砂ぼうず』(2004)は、一応最強系で、ここぞとばかりに調子にのっちゃってるけど最後はうまくいかない系です。(笑)スバルはもちろん最弱系なんですけど、もしリゼロの世界で最初から最強だったら…という考えがむくむく出てくるような主人公です。(スバルは根は硬派なので、あそこまで下品にはならないだろうけどねw)

それでなくとも、砂漠でのサバイバルな生活をリアルに描いている『砂ぼうず』は、R.O.D.などと同じで、10年経った今見てもあまり色褪せない、個性的で、外道な主人公で、タイムリープという枠組みに「いや、死に戻りだよ」と言えるような力強さのあるリゼロと同じく「砂ぼうず」というブランドを確立している部類の名作アニメでもあります。

 - Re:ゼロから始める異世界生活

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

リゼロ(Re:ゼロ)/スバルの携帯の待受けはアニメキャラだった リゼロで異世界転送譚を表す象徴的アイテム:ガラケー

今となっては懐かしい王都編。色々ありましたね~! ▲ かわいい。でも腸ドS。(ア …

リゼロ(Re:ゼロ)/Re:カドモンから始まったスバルの英雄譚 村人Aではなかった一般市民な露店商

死という終わりがあり、記憶だけを持ったままリスタートする。 「でーとってなにする …

リゼロ(Re:ゼロ)/獣感を強調されていた超大型の猫科パック 長毛種にもそれらしいのはいた

次々と出てくる強大な敵の前に死に戻りを強いられている原作では3章にあたる王選編後 …

リゼロ(Re:ゼロ)/ED主題歌「STYX HELIX」が視聴者に寄り添う、優しいやるせなさ 【遠くでエミリアが見ていたら】

Re:ゼロから始める異世界生活の演出が凝っているのはいわずと知れたこと。 その一 …

リゼロ(Re:ゼロ)/ペテルギウスは昔“ジュース”としてエミリアの父のような存在だった【「デス」=魔女因子】

リゼロの書籍版は現在8巻まで発売されていますが、9巻の発売が9月23日に決定して …

リゼロ(Re:ゼロ)/レムが思ってた以上に落ちてた スバルのハーレムが否定されない理由

王選編きましたね~! 1章と同じ舞台だというのにこんなにワクワクするのはなんでで …

リゼロ(Re:ゼロ)/やっぱりメインヒロインはエミリアなのかなぁって アニメでのE・M・Tの母性力の絶大さ

リゼロのメインヒロインがレムだというのは、既にネット界隈では溢れ返っている情報で …

Re:ゼロから始める異世界生活のタイトルの深い方の意味

アニメ版4話から始まっているリゼロの物語は、腹を切られたスバルの静養を目的に、エ …

リゼロ(Re:ゼロ)/屋敷編でのキーパーソンはベア子 シリアスな展開を和ませるのもベア子

挿入歌のSTRAIGHT BETが紡いだように、「命こそを銃弾に」混めたスバルの …

リゼロみたいなアニメを考えてみる 異世界転送系、タイムリープ、変り種、会話系など

2016年秋アニメが既に始まっていますが、見るものは決まったでしょうか、それとも …