にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

リゼロ(Re:ゼロ)/7話でのレムの死因と呪術師の正体 災厄は意外と身近なところに【ネタバレ】

   

7話@23
いやぁ、7話は神回でしたね!

筆者は一度視聴したら涙腺は割合落ち着く性質なんですが、何度見てもこみ上げてくるものがありました。

死因1
スバルがレムに嗚咽をこぼしながら詰るシーン。ラムの悲痛の叫び。レムとラムが手を握ってくれていたと考える場面。あるいは、スバルが決意を固めて時かけのように駆け抜けたシーン。

どこの場面でほろりときたか、心臓にきたか、顔を背けたくなったか。人それぞれだとは思いますけど、声優さんの力もすごいなとは改めてしみじみ思うところです。(*´ω`)

さて、今回は4周目で犠牲になってしまったレム、それから呪術死についてです。

sponsored link


スバルの死因

レムの死因について語る前に、1周目~3周目のスバルの死因についてのおさらいです。

ロズワール屋敷でのスバルは、1周目が眠ったまま死亡(衰弱死)、2周目は衰弱による吐き気に抗いながらレムのモーニングスターにより殺されました。

死因4
「…よしここだ。特にエミリアの部屋がよく見える」

そして食客待遇を求め、山上からの監視に努めた3周目もレムによって追い詰められ、尋問されます。ですが、最終的に命を絶ったのはレムと“同調”できるラムの風魔法でした。いずれにせよ、ロズワール屋敷でのスバルの死因にはレムが深く関わってきます。

レムがスバルを殺そうとする理由

レムがスバルの命を絶とうとするのは、ロズワールが庇護する王選候補者であるエミリアを危険から守るため。(この意味では、監視に努めた3周目のスバルを信用できないと言うのも無理はない話。)

ただしそれはもちろん表の、もといロズワール屋敷の使用人としての理由であって、実際はレム記事でも触れましたが、シスコンという私怨と、スバルから漂う、かつて自分たち鬼の一族を滅ぼしたトラウマ――魔女の匂いが大きな原因です。

死因15
そこにくると、レムが100万ボルトな笑顔を見せて、好感度も一番高かったはずの2周目での撲殺が少々不可解になってきますが、それはスバルの衰弱がひどく進んでいて、もう救う手立てが見込めなかったから。いわゆる介錯ですね。

ただ、別に四肢をもいだりするほど撲殺する必要はもちろんなく、回復手段を持つエミリアやロズワールにスバルを診せ、相談することも当然できました。(レムのそうした私怨を捨てれない、使用人としての至らなさを指摘した2周目でのエミリアはその後、ロズワールと決別します。)

死因11
「何がそこまでスバルくんに言わせるのか、レムには分かりかねますね」
「姉妹の違いで服選びにどんな個性が出るのかな~って期待してみたり」
「(強い口調で)余計なお世話です」

▲ そんなレムの神経の張り具合、ラムの気遣いは5話の節々で見ることができる

ともあれ、レムは伊達に亜人な鬼の子ではなく、また難攻不落なヒロインではないということですね。(以前も触れた、恋愛ADVのように何周もできるスバルだからこそ、その深い心の傷の存在、精神の未熟さに気付き、結果「攻略」が出来たとも言えます。)

死因12
レムに怖さというか、「俺の嫁が…」的な(´・ω・`)な感じになってしまった人は、ほのぼので、レムルートな5話辺り見返してみるといいかもしれませんね。

死因14
「そのへん、ラムあたりは上手くやりそうだよな」
「姉様は素敵でしょう」


▲ レムにぴょんと飛ばさせた小さな可愛い演出に製作陣のレムの丁寧な心配りが見られるし、それを真似して転ぶスバルにも二人の未来、似ている後ろ姿の一つの暗示がある。

レムの死因と呪術師の正体

そして4周目(7話)のスバルは、自分を殺した相手がいる恐怖、何をしても殺される結果に陥ると考えた周囲への、特にレムへの昂ぶった猜疑心と疑心暗鬼から引きこもるに至り。ベアトリスの因果干渉系な強力な結界に安堵し、守られながら迎えた5日目、レムが息を引き取ります。

死因3死因2
「死因は衰弱死だーね。眠るように命の火を消されてる。魔法より呪術寄りの手法だ」
「(あの呪いはレムだとばっかり…)」


スバルが気付いたように、魔女と衰弱死をもたらした相手は別です。(スバルの心臓を掴んでくる魔女については、もっと長いスパンで、先の物語で展開されていきます。)5周目でのスバルは7話の「絶対に助けてやる」の宣言通り、レムに嫉妬させないよう気を割きつつ交友を温めながら、衰弱死をもたらした呪術師に関する情報を集めていきます。

その結果、「呪術師との接触がなければ呪われない」などの情報収集の成果から、スバルに呪いをかけ、レムにも死に至らせた呪いの主は意外なことに、村にいた子犬だったことが判明します。

死因9
もちろん、ただの犬ではなく、魔獣です。魔獣はマナを吸い取る生き物。この場合は、嚙み付かれることで呪われ、衰弱死させるほどマナを吸い取られてしまうというカラクリでした。

描写はないですが、4周目のレムはスバルと同様買出しで村に寄った際、子犬に噛まれたのでしょうね。スバルはこの子犬の出現、もとい嚙み付かれ呪われる被害を、エミリアがフェルトから徽章を盗まれるものと同じ屋敷編での「固定ルート」だと見ました。

死因13
言わば2章のボスであるこの犬型の魔獣(web:ジャガーノート、書籍版:ウルガルム)は放っておくと村を壊滅にしかねません。子供は嫌いだと言いながらも、彼らを救うため、そして何より次なるエミリアとの新しい日々を求めてスバルは奮戦します。それはまた、自分の死因に深く関わるロズワール屋敷の番人の殺意から逃れる最善手でもあり、仲間(愛人)フラグでもありました。

 - Re:ゼロから始める異世界生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

リゼロ(Re:ゼロ)/子安らしく最強魔導士なロズワール なぜかスバルの周りには強くて優しい男たちが集まる

「その笑顔、百万ボルト」 ▲ うっ、寒い 当代一のヒロインレムの笑顔は見れたもの …

リゼロ(Re:ゼロ)/想像を絶する15話の『終焉』 最後は美しさすら漂う、一枚の絵画のような幻想的で悲劇的な終幕だった

「行こう、レム」 リゼロらしい怒涛の展開が続いている……などとは言い切れない仕上 …

リゼロ(Re:ゼロ)/2期から始まる白鯨討伐戦は多数の新規キャラが活躍する胸熱な英雄譚【ネタバレ】

「レム、聞いてくれよ~ラムがあ」 「姉さまとスバルくん、随分と仲良しですね」 「 …

リゼロ(Re:ゼロ)/“妾”な傲慢姫プリシラ・バーリエルの気まぐれは痩せた畑を豊作にする【血染めの花嫁】

Re:ゼロから始める異世界生活という物語は、フェルトにレムにラムにベアトリスに、 …

リゼロ(Re:ゼロ)/獣感を強調されていた超大型の猫科パック 長毛種にもそれらしいのはいた

次々と出てくる強大な敵の前に死に戻りを強いられている原作では3章にあたる王選編後 …

リゼロ(Re:ゼロ)/松岡禎丞+ペテルギウスのギャグみたいな怪物感 邪精霊は至上の愛に興奮してどうしようもない

神回ではなく、もはや「絶望回」と言いたくもなるリゼロ15話は凄まじかったですね… …

リゼロ(Re:ゼロ)/ひたすら気持ち悪いペテルギウスの声優が誰なのか気になる 悪質&狂気の初見殺しの嫌がらせボス

王選編から始まる3章では、実は屈指の個性を放つキャラがいます。 既に最高の新OP …

リゼロ(Re:ゼロ)/ミミ、ティビー、フレデリカにガーフィールに、かわいい系獣人が戦場に出るアニメって意外と少ない?

筆者がリゼロを見ていて、原作を読むだけでは味わえない、“アニメならでは”だと思っ …

リゼロ(Re:ゼロ)/ED主題歌「STYX HELIX」が視聴者に寄り添う、優しいやるせなさ 【遠くでエミリアが見ていたら】

Re:ゼロから始める異世界生活の演出が凝っているのはいわずと知れたこと。 その一 …

リゼロ(Re:ゼロ)/活躍後、ロズワールとラインハルトは何をしていたのか 英雄剣士と龍の殺害を目論む道化師の目的

ついに白鯨を討伐しましたね! ヴィルヘルムの戦いもきちんと圧巻でしたが、集団戦と …