にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

アルスラーン戦記/イリーナ ヒルメスの帰る女性【ネタバレ】

      2016/04/18

ヒルメス1
「ダリューン……教えてやろう……! 貴様の叔父バフリーズをやったのは、この俺だ!!」

歓喜をあらわにするヒルメス。まもなく憤怒にわなないたダリューンの剣が仮面を割り、ヒルメスの素顔を晒しましたが、ヒルメスも逆上。

ヒルメス2
ナルサスも加わった戦闘シーンは圧巻で、2対1にも関わらずヒルメスの剣技は遅れをとることはなく。ダリューンにして、「お前(ナルサス)が来なければ危ないところだった」と言わしめるほど。

sponsored link


その力はすべてアンドラゴラスへの復讐のため

アニメだったか、漫画だったか、なんの物語だったか忘れてしまいましたが、「復讐は絶望した人間に生きる希望を与えるのだ」という台詞を聞いたことがあります。

絶望した人間は生きる気力がわきません。それがまだ心の純粋な10歳前後だったりすると、簡単に廃人のようになってしまう。

その台詞を言った人物は、その子供に自分に対して恨みを抱かせ、過剰なまでに煽り、国外へと去りました。

まもなく、その絶望した子には相手に復讐するエネルギー、もとい「活力」が吹き込まれ、廃人化することもなく。相手を打ち負かすためにはどうすればいいかという考えが生まれ、長い間の生きる指針になりました。

その人物の歪んだ愛情を肯定するには、かなりその人物の側に立っているか、その人物の性格を知っていないとほとんど不可能なのですが、この台詞が今でも心に残っているのは、復讐に燃える子供の未来がおそろしく頭がよく、おそろしく弁が立つなど、かなり優秀な人間になっていたことも影響しているのかなって思います。(イカサマで荒稼ぎなどもしていたのですが)

けれど無事復讐を果たし、台詞の人物の真実(確か「本当はとてもお前を愛していた」とかだった気がします)を知る頃には恋人もできていて。

かつての復讐に燃えていた子供は、また無気力に戻ったり、荒んだりすることもなく、今後は恋人との円満な生活の維持にシフトチェンジして、優しいお父さんになっているという話でした。

この結果だけを見れば、確かに「復讐は生きる希望だった」と言えるのですね。

復讐心=一途

ヒルメス4
ヒルメスもまたアンドラゴラスへの復讐を生きる糧にしました。それはヒルメスの思い込みだったのですが、復讐への一途な心は、冷酷さも育てましたがヒルメスの身も心も鍛錬させて、類稀な剣士・参謀にします。

ヒルメス3
そして告げられる真実。アルスラーンに敗れ、復讐の剣が折れたヒルメスが拠り所にしたのは道中で再会したイリーナという恋人でした。

まだ原作のみの登場ですが、イリーナ姫はマルヤムの内親王で、かつての火事で逃げ延びたあと、マルヤムに滞在していた幼いヒルメスと互いに好意を持っていた仲。白い肌、黄銅色の髪をしている美しい女性ですが、視力を失っています。ヒルメスはイリーナと再会したあと、3年間幸福な日々を過ごしました。

よくある物語なら、ここでヒルメスはイリーナと幸せに生きて世捨て人になったりするのですが、イリーナは妊娠中のヒルメスの子とともに病死してしまいます。

ヒルメスは妻の死後、正統な王位を掲げてパルスへ再び進行するのですが、その剣技といえば、ダリューンにはもう届かず。
皮肉屋になっているその姿が痛々しいのは、ヒルメスはもう、復讐とイリーナという本来の「生きる希望」がない、かといって絶望するには賢すぎる、悲しい存在からなのかもしれません。

ヒルメス6

 - アルスラーン戦記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アルスラーン戦記/アズライールとスルーシ、シャブラング 動物たちの名前の由来

アンドラゴラスとタハミーネからあまり関心が得られず、王子という立場もあって寂しい …

アルスラーン戦記/女たらしだけど……そこがいい!ギーヴとファランギースの夫婦漫才は必見

5話、王都エクバターナにて、卑劣な大司祭ボダンによりそのぼろぼろな身を晒されてい …

アルスラーン戦記/地味だけど実は恐ろしく強い 王子の友キシュワード【ネタバレ】

【6/8 追記】 バフリーズ、ダリューン、そしてキシュワード。(と、アズライール …

アルスラーン戦記/カーラーンの息子はまさかの怪力男 タハミーネの娘と生活をともにしていた?【ネタバレ】

カーラーンが戦死するとまもなくヒルメスの元にやってきた息子のザンデ。声優はFF1 …

アルスラーン戦記/殿下への忠誠度の上昇率は随一 ファランギースへの愛は?

アニメではアルスラーン一行最後の仲間となりそうな、ジャスワント。(「殿下の護衛を …

アルスラーン戦記/有能な者が王位につく ルシタニアを捨て、ギスカールはマルヤムへ【ネタバレ】

愚王イノケンティス七世の後ろに苦虫を噛み潰した顔で立つ、弟のギスカール。ですが、 …

アルスラーン戦記/“エトワール”として従軍したエステル 影響を受けあうアルスラーンと恋の予感?【ネタバレ】

まだ11歳のアルスラーンを誘拐した若い兵エトワールことエステル。エトワールは男性 …

アルスラーン戦記/ナルサス良いパパになる? ダリューンも茶化す弱点“子供に甘い”

アルスラーン一行において、なくてはならない知であるナルサス。 ラジェンドラ軍との …

アルスラーン戦記/ナルサスをも振り回したラジェンドラを高評価してみる

14話にて、パルスに自信満々に攻め込んできていとも簡単に捕まったラジェンドラ。 …

アルスラーン戦記/バフマンとヴァフリーズの違いと想い 手紙の内容

万騎長キシュワードとともにペシャワール城砦を守っていたバフマン。 そのおかげで大 …