にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

アルスラーン戦記/アニメ内随一の癒しキャラ イノケンティス最期の覚悟【ネタバレ】

      2015/06/14

王都エクバターナが占領され、ルシタニアに捕らえられたタハミーネ王妃。
突きつけられた槍にもつんとすまして王妃の姿勢を崩しません。(7話)

イノケンティス_タハミーネ
しかし、待っていたのは……

イノケンティス
おでぶちゃん。(笑)

sponsored link


愚昧の王?ぐでたま的なゆるキャラ?

無敗を誇った蛮勇の王アンドラゴラスと比べたら雲泥の差のイノケンティス七世。

基本的に自分では歩きませんし、

イノケンティス2
何もしなくても疲れますし、

イノケンティス5
砂糖水ばかりを飲んでいる模様。

公式サイトのキャラクターページには「愚昧の王」とあります。けれども一応王の地位にあり、弟のギスカール公爵が逆わないためか、逆う人間はいません。

それにしても、男たちに言い寄られ慣れしているのでしょうけど、頑なに無言を貫くタハミーネの王妃っぷり、クール具合には改めて驚きます。

イノケンティス_タハミーネ1

無能な王≠イノケンティス

無能な王は早々に退出してしまうのが常。ですが、イノケンティスは歩くのが嫌で兵に“みこし”を強いて、砂糖水をねだるくらいしか要求をしません。

子供で、温厚ですから、自分から国を傾けるような行いは基本しないのですね。しかもイアルダボート教の敬虔な信者なので悪事にはかなりの抵抗があります。政治もほとんど臣下に任せて、もとい、投げています。害のない子供を処罰するのはどんな大人でもいい気持ちがしません。

ヒルメスが参謀になり、パルス侵攻を成功させて「国起こし」をしていなければ、ギスカール公爵の怒りマークを犠牲に(笑)、以外と長く王位に就いていたかもしれません。意外と、ですが。

イノケンティス_ギスカール
一応臣下たちは自分の仕事を全うできますからね。それに、タハミーネに惚れる前は、信仰のみが興味の対象で、無情に刑罰を言い渡すくらいの王の器量はあったようです。

子供の恋はどんな権謀術策も効かない

そんなイノケンティス七世も恋をすると無限の力を発揮するようです。

イノケンティス3
恋はどんな障害も乗り越えてしまうとはよく言いますが、まず自分で歩くようになり、次に異教徒との結婚ができないイアルダボート教の教えを破り、そして最期は、ヒルメスが迫っていたこともありますが、隙をついて恋敵でもあるアンドラゴラスを塔から突き落としてしまいます。

蛮勇、凶行と言えばそれまでなのですが、あのイノケンティスがと思うと、なかなか感慨深いものがあります。アニメではどう描かれるのか、楽しみなシーンの一つです。

イノケンティス6

 - アルスラーン戦記

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アルスラーン戦記/タハミーネ王妃より美しいファランギース だけど殿下とナルサスには弱い

「んん~!!滅多にいない良い女だ!若い分、嘘つき王妃を上回るなあ」 と言うのは、 …

アルスラーン戦記/ナルサスの嫁アルフリード ウィンリィ+ランファン÷2?

アルスラーンの宮廷画家に迎え入れる奇策で、嬉々としてアルスラーン一行に同行するこ …

アルスラーン戦記/ヴァフリーズがユパ様であることが判明 アンドラゴラスに仕えられる柔軟な老人

アンドラゴラスはその勇猛果敢さゆえに、敗北そのものを知りませんでしたし、勝利には …

アルスラーン戦記/三大老人の一人ボダン カイジ似教祖のとどまらない欲求の先は

アルスラーン戦記のなかでも屈指の強烈な存在感を放ち続けているジャン・ボダン。 ボ …

アルスラーン戦記/バフマンとヴァフリーズの違いと想い 手紙の内容

万騎長キシュワードとともにペシャワール城砦を守っていたバフマン。 そのおかげで大 …

アルスラーン戦記/ナルサスをも振り回したラジェンドラを高評価してみる

14話にて、パルスに自信満々に攻め込んできていとも簡単に捕まったラジェンドラ。 …

アルスラーン戦記/ナルサス良いパパになる? ダリューンも茶化す弱点“子供に甘い”

アルスラーン一行において、なくてはならない知であるナルサス。 ラジェンドラ軍との …

アルスラーン戦記/有能な者が王位につく ルシタニアを捨て、ギスカールはマルヤムへ【ネタバレ】

愚王イノケンティス七世の後ろに苦虫を噛み潰した顔で立つ、弟のギスカール。ですが、 …

アルスラーン戦記/“エトワール”として従軍したエステル 影響を受けあうアルスラーンと恋の予感?【ネタバレ】

まだ11歳のアルスラーンを誘拐した若い兵エトワールことエステル。エトワールは男性 …

アルスラーン戦記/大将軍をキシュワードからダリューンへ 殿下への忠誠はそのまま国の象徴として【ネタバレ】

アルスラーンにとって、なくてはならない存在、ダリューン。 神前決闘の行われた17 …