にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

アルスラーン戦記/三大老人の一人ボダン カイジ似教祖のとどまらない欲求の先は

      2015/07/27

ボダン9
アルスラーン戦記のなかでも屈指の強烈な存在感を放ち続けているジャン・ボダン。

ボダンは、ルシタニア王国国教会であるイアルダボード教の大司教ですが、誰が見ても本来のそれではなく、いわゆる狂信者であることは言わずと知れたこと。

とくに初登場回である5話での顔面アップの数々は、「カイジ」に激似ということで話題にもなりました。

ボダン6
ボダン_カイジ

sponsored link


とりあえず自分が正義

ボダン
ボダンは「異端審問官」という職に就いています。異端審問とは、教義に反する教えを持つ者に対して審議を行う裁判のことで、主にキリスト教社会のなかで、中世ではよく見られたシステムです。(魔女裁判は厳密に言うと違います)

ボダン4
「悪魔が書かせた書は滅ぼさねばならぬ」

宗教国家では、信仰心の強さが国の強さを表し、信仰に厚い人々は優遇されましたし、罪を犯した際にも自国の宗教に改宗したりすれば刑罰が免れることは多々ありました。

ルシタニアでもそれは同じで、エトワールは熱心な信仰心ゆえに子供ながら小部隊長になりましたし、ボダンもかつてのその熱心な信仰心を買われたのでしょう、大司教になり、そして聖騎士団を持つまでにもなります。

ボダン3
「イアルダボートの恩寵を受けぬ呪われた異教徒め!」

ただありがちではありますが、「イアルダボート神の最たる騎士」としての直情的な言動の数々はボダンを典型的な狂信者に仕立て上げ、要職たちからしてみれば、国を興したり、国政を担うには全く不向きな、策謀・戦略への理解が全く持てない人間へと遂げてしまいます。

神の騎士か人間の生か、鰐のエサか

ボダンは、ルシタニアきっての策略家ギスカールに敗れてからは、聖堂騎士団とともにマルヤムへと逃れます。(10話)

ボダン1
そして、強烈な信仰心は場所を問わないというか、ある種の才能だと思うのですが、マルヤムを実質的に支配して、教皇までになってしまいます。

でも彼の神運はつきたのでしょう、同じく亡命先に選んだギスカールと出会ってしまい、またもや敗北を喫し、鰐のエサにされるという末路を辿ってしまいます。

慈愛溢れるアルスラーンに触れることによって、かつての憎悪心が消え、その後は神の騎士としてのさびしい人生譚かボダンのように悲劇的な末路ではなく、一人の人間・女性として厳かな最期を迎えることができたエステルとの対比も印象的です。

 - アルスラーン戦記

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アルスラーン戦記/ヴァフリーズがユパ様であることが判明 アンドラゴラスに仕えられる柔軟な老人

アンドラゴラスはその勇猛果敢さゆえに、敗北そのものを知りませんでしたし、勝利には …

アルスラーン戦記/殿下への忠誠度の上昇率は随一 ファランギースへの愛は?

アニメではアルスラーン一行最後の仲間となりそうな、ジャスワント。(「殿下の護衛を …

アルスラーン戦記/ナルサスをも振り回したラジェンドラを高評価してみる

14話にて、パルスに自信満々に攻め込んできていとも簡単に捕まったラジェンドラ。 …

アルスラーン戦記/ナルサス良いパパになる? ダリューンも茶化す弱点“子供に甘い”

アルスラーン一行において、なくてはならない知であるナルサス。 ラジェンドラ軍との …

アルスラーン戦記/キャラの年齢が分からない! 登場キャラ年齢一覧

アルスラーン戦記に登場するキャラの年齢をまとめてみました。 新たな情報が入れば追 …

アルスラーン戦記/王妃タハミーネがアルスラーンに冷たい理由【ネタバレ】

「大儀である。永遠なるパルスへの忠誠を期待します」 1話にて、整列した兵たちにテ …

アルスラーン戦記/ギーヴの言う王族らしい王子ガーデーヴィ バフマンを倒していた【ネタバレ】

ラジェンドラと王権争いをしている第一王子のガーデーヴィ。 切れ長ですが、特徴的な …

アルスラーン戦記/海上商人のグラーゼ △ガハハキャラ◎海の流浪人【社長!社長ではないですか!】

2期にあたる今回のアルスラーン戦記 風塵乱舞。 1期は2クールで、ヒルメスとの戦 …

アルスラーン戦記/雰囲気も似てる? 声優一覧

第2期に突入して、その作品の深みにますます期待されるアルスラーン戦記。 既に新O …

アルスラーン戦記/遂にクローズアップされたキシュワードの人間像 同程度の武勇を誇るダリューンとの違い

13話にて、ルシタニア兵からの執拗な追撃を払いのけ、ようやくたどり着いたアルスラ …