にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

クロムクロ/2話感想 ビームサーベルではなく実体剣(刀)で斬り合うロボ戦闘が見応えがありすぎる

      2016/04/25

クロムクロ、そのタイトルの意味が『黒骸(くろ・むくろ)』だったとは!
てっきり金属のクロームに黒(クロ)の英和混合創作名かと思ってました(笑)

タイトルの意味が分かってスッキリしたところで早速レビュースタートです。

1話感想
3話感想

sponsored link


ムクロ迅い!ムクロつよい!!

突如富山は黒部に現れた謎の人型機動兵器群。国連研究所の守備隊は密かに開発していた『ジオフレーム』を繰り出し、なんとかこれを撃退するも、富山湾沖に新たな敵の軍勢が姿を現す――

クロ02-①新たな軍勢
そんな訳で緊迫の状態で始まるクロムクロ第2話『黒き骸は目覚めた』。今回はタイトルの意味と敵集団の俗称が判明します。

クロ02-②囚われの剣之介
一度は研究所に囚われの身となった謎の全裸男・剣之介。ですがルパンも真っ青な見事な手際で華麗に脱出成功。

やはりザ・キューブはコクピットモジュールでしたね。でもまさか変形して乗り物になるとは予想もしてませんでした。

クロ02-③キューブ馬
しかし箱が変形して馬になるって、まるで現在絶賛放送中の動物戦隊に登場するジュウオウキューブみたいです。いわゆるシンクロニシティですけど、凄い偶然です。

二人は地下に眠るもう一つのアーティファクトに向かいます。馬は再びキューブに変形、さらには巨人型アーティファクトと合体。起動したそれを剣之介はこう呼びます――『クロムクロ』と。

クロ02-④出撃
こうしてクロムクロと『鬼』との戦いが再び幕を切ったのでした。そして富山県に集結する鬼の集団。富山が富山が大ピンチ。

加速するアクションと深まる謎

いよいよ物語が動き始めたクロムクロ。主役機が登場するとやはり段違いに燃えます。それに何と言っても見せ場はやはりクロムクロと鬼ロボによる激しい剣戟アクションです。

クロ02-⑤剣バトル
まさに火花を散らす鍔迫り合いの大バトル。

SFロボットの剣アクションのほとんどがビームサーベル系の武器ですがクロムクロでは実体剣(刀)によるバトルを採用しています。もちろんロボットがあるような技術水準の高い世界では実体剣より持ち運びの容易なビームサーベルが格闘兵器の主流になるのは(技術的に存在出来る世界観であればの話ですが)当然の流れでしょう。

クロ02-⑥剣バトル2
こういった刀を使ったバトルは時代劇の得意な日本ならでは。しかも巨大ロボ同士、ビル群の中でのチャンバラとくれば無条件に燃える展開です。むしろ燃えない理由が無いと言っても過言ではありません(キッパリ)

あとはビルの一部や看板とかをスパっと一刀両断する描写とか()あれば良かったんですけどね。そうすればあの青く光る謎刀の切れ味がより分かり易かったと思います。

クロ02-⑬隠し腕
親玉ロボの背中のスタビライザー風のユニットが実は隠し腕だったというのは良いですね。まぁ何やらギミックがありそうなのは最初からバレバレでしたが。いや「隠すならちゃんと隠しとけよ!」ってツッコミたい気分ですけど(笑)

クロ02-⑦お姫様
気になる謎といえば2話アバンやOPに出ているお姫様(雪姫様)と由希奈の関わりです。単に剣之介へのフックとして似てるだけなのか、それとも何か他に理由があるのか?

他にも色々と気になる謎が満載ですが、その中でもやはり一番気になるのはクロムクロの技術がどこから来たものか、と言う点です。由希奈のクロムクロ操縦に関する様々な能力は初搭乗時に受けた注射(インプラント?)の影響でしょうが、それ以外にも秘密があるのでしょうか?

クロ02-⑧鬼の居城
鬼の帰還先は大気圏外、衛星軌道上に浮かぶ謎のコロニーでしたがそこが鬼の本拠地なのでしょうか。そして鬼ロボットには知的生命体が搭乗しているのでしょうか?

何度も見返したくなる秀逸なOP

クロ02-⑨OP1
今回OPを歌うのはあのGLAY。ダイヤのA(1stシーズン)などでも曲を提供していましたが、実は彼らのメジャーデビューはロボットアニメ「ヤマトタケル」のOP/EDなんですよね。

今回はそのGLAY自身の書き下ろしによる専用楽曲。アニソンとしては初となるそうです。

クロ02-⑩OP2
曲制作にはクロムクロ監督の岡村天斎と入念な打ち合わせが行われており、曲が先行するいわゆるアーティスト系のタイアップソングとは全くの別物、「クロムクロの世界観」に合わせたものに仕上がっています。

クロ02-⑪OP3
当然OP映像も楽曲とシンクロしたもの。歌詞の内容的にも剣之介の心情にマッチした雰囲気でしょうか。暗い雰囲気の過去から明るい現代のバランスが見事です。様々な謎の垣間見えるOP。今後どのように謎が明らかになっていくのか気になるところです。

クロ02-⑫次回予告
大きな謎と激しいアクションで始まったクロムクロですが、今後の剣之介と由希奈の仲がどう進展していくのか。非常に楽しみです。

(ごとうあさゆき)

1話感想
3話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ワンパンマン/6話感想 顔芸通り越して情緒不安定な気がしてきた タツマキとフブキ次いつ出るの?

6話だけではないですが(笑)、顔芸めちゃくちゃ出てましたね…w うん。サイタマ先 …

ドリフターズ/4話感想 走って夢見て死ぬか!?エルフ族の反撃の狼煙!!

前回はちょっとしか出番の無かった豊久達ですが、今回はたっぷり登場します! そして …

ばくおん!!/11話感想 手当たり次第にディスリスペクト!? 愛、これは愛なんです!

新1年生・中野千雨も入部してモジャ新部長の下で新たな活動を始めた新生バイク部。衣 …

バンドリ!/10話感想 青春は悩んで迷って…オーナーの一言で香澄の声が!?

SPACEのオーディションに挑戦した『Poppin’Party』。し …

だがしかし/6話感想 サヤとココナツの幼少期がかわいすぎたから駄菓子と子供って縁があることをいまさら思い出す回だった

だがしかしも前半の〆、6話に入りました。 「あら、こんな所で会うなんて奇遇ね」 …

だがしかし/7話感想 普通の目になったサヤ師の美人度がやばい こんなに優しい世界な夏祭りは久しぶりかも

好評発売中、だがしかしコラボブタメン「明太マヨ味」食べましたか?蓋の裏面には竹達 …

落第騎士の英雄譚/3話感想 顔芸アニメ化してきた 顔芸+美グラな戦闘=魅せる良アニメ

「もちろん!一輝みたいに相手を研究するのも大切だとは思うけど!」 もう付き合っち …

だがしかし/5話感想 そもそも薬よりほたるんの顔芸っぷりのほうがキマってたという事実

2月7日、今年も日本最大の造形イベント「ワンダーフェスティバル」が幕張メッセで開 …

斉木楠雄のΨ難/10話感想 海藤の母親、真魔(まま)登場!!怖い真魔は天才に弱いのだ…

このアニメの良いところは「あるある」と言う共感が所々に混ざっているので、ぶっ飛ん …

坂本ですが?/9話感想 皆の坂本を見る熱視線。そして久保田母ついに学校へ…儚い恋の物語の再来

クラス女子による坂本との出会い談議が語られるAパートと、久保田母が坂本に想い焦が …