にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

Re:ゼロから始める異世界生活/1話感想 オーバーロードに続くか、WHITE FOX渾身のリバイバル系異世界アニメ

      2016/04/18

りぜろ24
2016年度春季アニメ、「Re:ゼロから始める異世界生活」始まりましたね!

前季は冬らしくあった反面ラインナップが小ぶりだったのに対して、今季は春らしく多方面でかなりの充実っぷり。

りぜろ_春
▲ 特徴としてオリジナルアニメが目に付く

明らかに力を入れてきているアニメも複数あり、流行の「小説家になろう」出身のRe:ゼロから始める異世界生活、もとい“Re:ゼロ”(りぜろ)も1時間スペシャルでチャレンジしてきていました。

sponsored link


「まばたき」で異世界に舞い込んでしまった主人公

りぜろ1
タイトルの通り、Re:ゼロは、現代人である主人公が突如異世界へと舞い込んでしまういわゆる異世界ファンタジーもの。なろう作品の鉄板ですね。

りぜろ2
▲ 実写なコンビニ。(なにげに店内綺麗だよね、MINI STOP)

そのこなれっぷりは、ゲームで一日引きこもった末の寝不足がたたってちょっと眼をこすったら転送されていたという強引さ。

りぜろ3
「…どうなってんだ」

りぜろ4りぜろ5
「これはひょっとして異世界召喚ってやつぅ!?」

強引さもここまでくると清々しい。(笑)背景の作画もクオリティもかなり高いようで、映像美が映えに映えています。

「定番」を信じて暴漢を殴り倒せるくらいの能力

りぜろ6
「ファンタジー異世界と仮定して文明はお約束の中世風ってとこか。亜人ありありの世界感でたぶん戦争とか冒険ありあり」

主人公の菜月昴が分析を吐露しているように、主人公にはなにがしかの特殊能力や早熟な才能などがつきものですが、なかなか判明してくれません。

りぜろ7
「…魔法使うにはちょっと早かったな」

りぜろ8
会話は通じるものの、言語は読めないわ、お金は当然使えないわ、初期装備が使えない携帯(しかもガラケー)とコンビニ帰りのままのカップラーメンとポタージュスナックという貧弱さときています。(ニッチな頭脳・技術系主人公擁するラノベでは、レジ袋や割り箸などに活路を見出したりしてそうです。)

菜月昴は、最弱系一般人として召喚される最近のセオリーは知らないのかもしれません。(笑)

りぜろ9
菜月昴が散々こぼしてその展開を期待していた、ラノベ的アニメ的鉄板要素の例外として、筋トレによって不良を殴り倒せるくらいはパワフルなことがありますが、光物を交えた実践経験はもちろんなく、結局はぼこぼこに。

りぜろ10
▲ そのパワフルさも、主人公特権なラノベ的鉄板を信じるがためだった

なろう特有の丁寧な描写感が詰まってる

りぜろ11りぜろ12
それでも、セオリーの神さまを信じていた甲斐もあって(笑)、精霊術師な美少女がやってきて暴漢から救ってくれます。

りぜろ14りぜろ16りぜろ15
「俺の名前はナツキ・スバル!無知蒙昧にして天下不滅の無一文!」

その後はつらつらと、なろう小説らしい、和やかなゆったりとしたテンポの丁寧な世界観の紹介があり、

りぜろ17
差別感情がないことや、迷子の子供を助けたことで、やんわりなツンデレのサテラとの絡みもいい感じになってきたところで、

物語は一気に加速します。

りぜろ25
菜月昴、そしてサテラの死亡によって。

りぜろ18
「…っていろ…俺が必ず…お前を救ってみせる――」

オーバーロード商法の流用

りぜろ26
「…どゆこと?さっきまで夜だったよな」

本人は、サテラに会いに行くため再度フェルトの家に一目散に駆け込み、一度目の“リバイバル”では微妙に理解していませんが、菜月昴の主人公特権は「死に戻り」

ゲームでは最速の攻略法なこの能力を愛すべきバカ系な主人公菜月昴が理解し、サテラもといエミリアの恋心のままにこの能力をふんだんに使っていくのは次回からのようですが、それにしても1時間スペシャルといい、ちびキャラアニメの製作発表といい、それからなろう出身といい、そして290ページもの特典小説付与。EDは「L.L.L.」を手がけたMYTH & ROIDですし、オーバーロードの既視感がありありです。

りぜろ29
▲ 作画もぷれぷれぷれあですと同じ坂井久太さんっぽい

あれだけ原作が爆発的に売れ、アニメも大ヒットを収めておきながら、放送終了直後はあまり話題にはならず、各方面の人気アニメランキングのどこを見ても圏外というオバロの扱いは、非人間な主人公、アングラ系アニメの現実的な現実を感じずにはいられないとはいえ、なんとも寂しいものがありました。

りぜろ28りぜろ22
Re:ゼロの製作陣もといWHITE FOXは、オバロが持てなかった口コミのできる安心感、もとい“かわいいアニメ感”を取り入れて、オバロ的商法を実践してみる気なのかもしれませんね。作画はもちろん、顔芸や残酷表現もきちんと描いてくれて迫力もありますし、バトルもよく動き、能登姫も色っぽい!

りぜろ27りぜろ19
▲ サブキャラクターたちにもテンプレ感がなく、それからサテラやフェルトの安定の可愛さ

主人公もスポーツマン寄りな性格で珍しく、よほど何かがない限りは、最終話でまた1時間使ったりと、劣等生やオーバーロードなどに続く、渾身の力作に仕上げてくれるものと思います。次が楽しみです!

りぜろ23

 - アニメ感想, Re:ゼロから始める異世界生活

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

双星の陰陽師/19話感想 稀代の外道悠斗との決戦!それでも及ばず、紅緒はついにケガレの力を受け入れる…!

たった1日の特訓を経て約束の時間、約束の場所に姿を現したろくろと紅緒。全ての始ま …

ラブライブ!サンシャイン!!/13話感想(終)ラブライブより学校存続! μ’sと違う道を選んだAqours、ラストライブは全校生徒で名古屋を占拠!

予備予選を突破し地方予選へとコマを進めたAqours。しかし学校存続の鍵となる説 …

クロムクロ/21話感想 激闘富山、黒部攻防戦!敵も味方も総力戦、最後の枢石の行方は…!?

エフィドルグの母艦で数々の真実を見聞きする由希奈。彼女を救うために母艦に乗り込む …

クロムクロ/22話感想 敗戦。セバス殉職。そして既に死んでいた父…次々と明らかになる真実に打ちひしがれる暇も無い、立ち上がれ由希奈!

黒部研究所を舞台にした大攻防戦。圧倒的なエフィドルグの戦力の前に成す術もなく破れ …

魔法少女育成計画/2話感想 予想はしていたけど、暗転した瞬間ビクっとした 「資格剥奪後」はもちろん

うん、分かっていましたよ…。 この子の退場はなんとなくね。(´・ω・`) 「時間 …

天鏡のアルデラミン/8話感想 高地の戦い。本当の実戦――突き付けられる非情な選択に、イクタが出した答えは…?

本格的な動乱状態に陥った帝国北域の山岳地帯。錯綜する思惑、激しい戦いに容赦無く失 …

天鏡のアルデラミン/2話感想 智将の片鱗を覗かせる!華麗なる国境脱出大作戦と望まぬ報酬の行方は?

船が難破したことで戦争中の敵国キオカ共和国に漂着してしまったイクタ達一行。敵の夜 …

甲鉄城のカバネリ/10話感想 甲鉄城のメンバーが反旗を翻す!しかし、生駒には過酷な運命が立ちはだかります…

「甲鉄城の宴」イベントチケット優先販売申込券が封入されるBlu-ray&DVD第 …

リゼロのゲームは順当にADVで、ギャルゲーらしい 豚の欲望だと罵らないプリシラのデレが気になる

つい先日、公式の方で書籍版の9巻と10巻を立て続けに発売することを伝えたばかりで …

リゼロ(Re:ゼロ)/ナルト感もあるスバルのスポーツマンシップとテニスコラボの偶然な必然

「レムを鬼たらしめているのはあの角だから、一発強烈なのを叩き込めばそれで戻ってく …