にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

エルドライブ/7話感想 宙太、絶体絶命!!信じる気持ちは願いと共に

      2017/03/05


ようやく辿り着いたDr.ラヴが無残な姿になっていて、側には謎の少年…。サングラスの男は何者なのか!?美鈴を助ける手段は途絶えたのか…前回は良いところで終わってしまいましたね(´Д⊂

あれからやっと1週間、さっそく続きのお話を、第7話「シンジラレルモノ・その2」スタートです!

6話感想
8話感想

sponsored link


Dr.ラヴはここにいる


Dr.ラヴを殺され逆上したサングラスの男。謎の少年は機械を巧みに操りサングラスの男を拘束し、光線を撃って爆発させてしまいました。目の前の出来事に呆気にとられる宙太たちでしたが、ベロニカが謎の少年を殺人の現行犯で逮捕します。少年は抵抗せず捕まるも罪に自覚がない様子。


その時、爆風に包まれたはずのサングラスの男が暴れ始めました。少年の話によると、男は遠隔操作SPHを吸収してしまい、黒幕に操られていたと…。目が琥珀色で特殊な模様が浮かぶのがその目印だと少年は説明します。サングラスの男は操られていたただの地球人。しかし、美鈴を助ける手段が途絶えてしまったことに落胆する宙太。


Dr.ラヴはここにいる。君たちは視覚に頼りすぎだ」少年の言葉を聞いて、チップスがSPH照合した結果、謎の少年がDr.ラヴ本人だと判明します!

若い身体の方が体調が良いからだと、身体を再構成し若返っていたのでした。


Dr.ラヴに詰め寄るベロニカのSPHからクシュト星人だと気づいたDr.ラヴは、クシュト星人の得意な足技を強固なものにする大腿筋に夢中になり、そのまま足をなで回し、ついにはスカートの中に…。とその瞬間、顔を真っ赤にしたベロニカがDr.ラヴの頬に平手打ちを振り下ろします!


興味のあるものに夢中になると他のことが疎かになるDr.ラヴ。その様子をまじまじと見ていた宙太は、美鈴に施したタクラマカン計画をピンク色の妄想で繰り広げます…。Dr.ラヴに対して、何故か悔しがる宙太…、結局どっちも変態です( >д<)

ニノチカの襲撃


Dr.ラヴも確保し、一件落着と安心していた時、突然お腹を貫かれたベロニカ。チップスも攻撃を受け、動けなくなってしまいます。何が起きたのか理解できない宙太の前に姿を現したのはニノチカでした。そのニノチカの目はサングラスの男と同じで、遠隔操作SPHで操られています。


Dr.ラヴを宝の鍵と呼び、一緒に来るように命じるニノチカ。倒れたベロニカを気にもせずSPHを解放してさらに戦闘モードになります。用済みになれば消されるのが科学者だから…と、ニノチカの誘いを拒否し、機械を操り反撃しようとするDr.ラヴでしたが、力の差は歴然、圧倒的にニノチカが優位です。


Dr.ラヴが捕まる寸前、間一髪登場したのは宙太とドルー。ニノチカを助ける方法は、宙太が戦いに勝って、ニノチカが気を失ったところをDr.ラヴがSPH除去装置で遠隔を解くしかありません。先ほどの戦闘で壊れたSPH除去装置を修理する時間を稼ぐためにも、宙太の活躍が絶対です!


しかし、ニノチカの攻撃を避けるのが精一杯な宙太。ドルーが出す「なみ縫い」もニノチカには敵いません。段々と自身が無くなり、怖くなってしまった宙太。宙太の心に反応してドルーも薄くなってしまいます…。

助けられるのは僕だけ


そんな宙太に手を差し伸べたのはベロニカでした。あなただけでも逃げて。必死に伝えるベロニカの声で宙太は、美鈴、ベロニカ、ニノチカ…今みんなを助けられるのは自分しかいないことに気づきます。みんなを助けたいから、逃げたくないから自分を信じるしかない。


勇気を取り戻した宙太はベロニカに「僕が医務室に連れて行くから」と力強く伝えます。そんな宙太の変化で薄くなっていたドルーも濃くなり、いよいよニノチカに反撃開始です! しかし、何枚も上手のニノチカの攻撃、逃げることしかできない宙太にドルーはある提案をします。


天井から下がる電線を編んで囮を作り背後にまわる。なんとか作戦通りに隙をついた宙太でしたが、ニノチカの応戦に合い攻撃を真正面から受けてしまいます。宙太がもう限界だと気づきドルーに避けるように伝えるもドルーは反応しません。そのまま大爆発を起こし辺りには真っ黒な煙が立ちこめます…。


顔の左半分に焼けるような痛み、声を出すこともできない宙太が、なんとか目を開けるとそこには無惨な姿になったドルーが…。宙太の様子を見て、モニタリアンと共生主のダメージは連動しているとつぶやくDr.ラヴ。このまま自分は死ぬのか…。強烈な痛みと苦しさに宙太の意識は遠くなります…。


宙太の意識の世界にドルーの声が。ドルーは「なぜ宙太が事実を見ようとせずに美鈴を信じたのか」その答えがわかったと話します。美鈴が無実であって欲しいから信じた宙太。宙太に美鈴を守って欲しいと宙太を信じたイサク。みんなを助けたいと願ったから自分を信じた「信じることには願いがある」だからドルーも宙太を信じる。宙太と共生していたいから…。

宙太を信じる、ドルーの願い


サバイバルプログラムが発動したドルー。

共生主が死ぬ時、自身の延命と新たな共生主を見つけ共生する為のプログラムが発動し、ニノチカをターゲットに攻撃を始めるドルー。意識のないドルーは共生主となるニノチカを力で圧倒できるように急速な進化を遂げます。この爆発的な進化こそがドルーの故郷グリフィスの失われた技術でした。


意識を取り戻した宙太はドルーの暴走を必死に止めます。出ない声を必死に絞り出し、ドルーに想いをぶつける宙太。宙太の必死の叫びに反応したドルーは「シンパシー」し、いつものドルーに戻ります。ドルーが戻ったことで宙太の怪我も治りました。


少し姿の変わったドルー。Dr.ラヴは、一度共生主を切り離し出ようとしたモニタリアンを強力な共感で再び共生させる「再共生」を成功させた。その成功率は0.02%ほどだったと話します。もし再共生ができなかったら?という宙太の問いに笑顔で「宙太死亡」と答えるドルー。


みんなを助ける為にドルーが自分を信じて、成功の可能性は僅かでも再共生の方法を選んだと気づいた宙太。意識の世界でのドルーの言葉を宙太はやっと理解しました。宙太を共生したいと願い、宙太を信じたドルー。みんなを助けたいと願いドルーを信じた宙太。


弱いコンビに逆戻りと笑うニノチカ。さっきとは違う! 再共生を成し遂げた宙太とドルーは自信に満ちた表情でニノチカと向き合います…。続く。

感想まとめ

一時はどうなることかと思いました…。ドルーの姿、宙太の姿、かなりグロくてショッキングでしたね(´Д⊂ でも助かって、もっと強くなったようで良かったです(T_T)

サングラスの男があっけなく終了なのはちょっと残念ですが、黒幕が気になります。ベロニカとニノチカはいつも一緒にいるように思えるのに、何故ニノチカだけ操られてしまったのでしょう。これから、ベロニカや宙太も操られる…なんてないですよね!?((((;゚Д゚))))

ひとまず、最悪だった状況を打開して、宙太&ドルーVSニノチカの再開です! 宙太の新技とか見られるでしょうか((o(´∀`)o)) 更なる展開に期待して、また来週です( `・∀・´)ノ

(saku)

6話感想
8話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

不機嫌なモノノケ庵/1話感想 ギャグアニメだと思って油断していたら泣かされた!笑って泣ける不思議な物語の始まりです!

ガンガンONLINEで人気の不機嫌なモノノケ庵がついにアニメで登場です。敢えて原 …

だがしかし/4話感想 サヤ師のソコ 触れたら出てくる 修羅の顔(ふがしって美味しいよね)

【コラボ情報】「だがしかし」×「ブタメン」「ベビースターラーメン」商品が発売され …

斉木楠雄のΨ難/2話感想 熱闘!?ドッヂボール!そして楠雄の秘密が明らかに!!

ついにあの男が登場です。世界一、いや宇宙一、暑(苦し)い男!! 部屋を涼しくして …

甲鉄城のカバネリ/9話感想 美馬の本性が明かされる!無名ちゃんはどう動く…?

スペシャルイベント「甲鉄城の宴」に荒木哲郎監督とシリーズ構成・脚本の大河内一楼さ …

双星の陰陽師/23話感想 紅緒ママ頑張る!愛娘さえも頑張る! 日本縦断家族の旅。なお婆娑羅のオマケ付き!?

鳴神町に発生した龍黒点。それにより禍野化した街に現れたのはケガレだけではありませ …

幼女戦記/12話感想(終)ょぅι゛ょの戦いはこれからだ!真の世界大戦はここから始まる!

戦争を終わらせるための一撃――『回転ドア作戦』により歴史に残る包囲殲滅戦を敢行、 …

双星の陰陽師/39話感想 新生白虎爆誕! 男清弦の過去と罪。父娘の愛と勇気が新たな慈愛の爪となる!

浮上する鳴神町、町の内と外、地上地下で繰り広げられるケガレと陰陽師達の大決戦―― …

クロムクロ/18話感想 初めての給料にウッキウキ!温泉旅行に出掛けたカレー侍はそこで運命の再会と別れをする!?

工作員回収のため地上に降りたブルーバード。迎撃のために大空の戦いに挑んだクロムク …

プリズマイリヤ ドライ/3話感想 かっこよすぎるぜギルガメッシュ!さらにイリヤもインクルード!

プリズマ☆イリヤ ドライ!!OP主題歌「Asterism」のサンプル受け取りまし …

幼女戦記/1話感想 ぅゎょぅι゛ょっょぃ。戦地に降り立つ幼女は悪魔かバケモノかそれともサラリーマンか【ネタバレ】

帝国西方――国境付近のライン戦線、帝国にとって共和国による不意の全面攻勢は完全に …