にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

アルスラーン戦記/サームの年齢っていくつ? 西島秀俊的な悩める美中年風万騎長

      2015/08/16

クバード_サーム
第6話にて、ヒルメスからの投擲を受け、ドロップアウトした万騎長サーム。

サーム4
同僚の万騎長ガルシャースフとのやり取り、タハミーネへの進言を始めとした丁寧なキャラ描写や、その美中年風ビジュアルから、もう少し出てきてほしかったなぁと思わされましたが、無事11話にて再登場を果たします。

sponsored link


知らされた真実

サーム1
(なぜ……俺は生かされたのだ。)

手当てをしたのは、止めを刺した、敵将であるはずのヒルメスでした。

ヒルメスはサームに自身が王族、亡き前王オスロエス五世の息子であることをサームに告げます。

サーム7
11話でのサームの登場シーンは、ヒルメスの勧誘の回答はないままこれで終了してしまいますが、無事生き残っていましたから、原作通り、ルシタニア人をパルスから追い出す事を条件にルシタニア側についてしまうのでしょうね。

6話での、ガルシャースフ、タハミーネ、そしてカーラーンとの敵対など、サームの半分以上を占めていた登場回は、こういう複線、もといルシタニアに寝返る複線だったことが分かります。

毎回ぼかされ、明かされなかったカーラーンが裏切った理由も、これで分かりましたね。

思慮深いが苦労人のサーム

サーム2
ヒルメス配下に加わった後は、参謀としても活躍するサーム。
しかしそこには、なかなか正義は見出せず、相対したクバードからは死に場所を探しているようだと評されてしまうほど。アンドラゴラス王の不義による失望もなくはないでしょうけど、おそらく、国そのもの、または一緒に戦ってきた仲間たちに対する裏切りの意識の方が強いのでしょう、サームは苦労人のようです。(´・ω・`)

サーム3
6話で描かれた、ガルシャースフ、タハミーネ、カーラーンの3者に対する振り回され具合もそうでしたが、サームが根がいい人なのが分かります。同じくヒルメスについたカーラーンには、その点ブレがなかったことも。

年齢的なものかもしれませんが、クバードが31歳、シャプールが36歳なあたり、あいにくとアルスラーン戦記の見た目年齢はあてになりません。同僚であるガルシャースフも、入軍年が同じだったというだけで、年齢は離れてるかもしれませんしね。

サーム6
目や口周りの皺も、苦労人の雰囲気を出すためなのでしょう。30代~40代だとは思うのですが。

その人となりを丁寧に描いてくれるのはアルスラーン戦記の特徴。これからのサームの活躍もとい、苦悩も、サームには悪いですが、楽しみの一つでもありますね…w

 - アルスラーン戦記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アルスラーン戦記/アルスラーン命なダリューンだけど、セリカの星涼っていう想い人がいた

1話からアルスラーンの忠実な家臣・最強の護衛として役目を果たしてきたダリューン。 …

アルスラーン戦記/王妃タハミーネがアルスラーンに冷たい理由【ネタバレ】

「大儀である。永遠なるパルスへの忠誠を期待します」 1話にて、整列した兵たちにテ …

アルスラーン戦記/“エトワール”として従軍したエステル 影響を受けあうアルスラーンと恋の予感?【ネタバレ】

まだ11歳のアルスラーンを誘拐した若い兵エトワールことエステル。エトワールは男性 …

アルスラーン戦記/騎士の中の騎士だけど…過保護なダリューンがかわいい!

「ヤシャシィーン!」(突撃!)というアンドラゴラス王の掛け声で始まったアルスラー …

アルスラーン戦記/アンドラゴラスをよく見ていた?隻眼のクバード【ネタバレ】

万騎長シャプールと犬猿の仲で知られる、隻眼で酒飲みな万騎長クバード。 2話にてシ …

アルスラーン戦記/10話から見る各キャラそれぞれの役割とにじみ出る皆の性格の良さ

9話ではアルスラーン一行にギーヴとファランギースが加わり、ようやくアルスラーン戦 …

アルスラーン戦記/裏切りのシャガード ヒルメス並みに復讐に燃えるナルサスの旧友【ネタバレ】

アルスラーン戦記2期も4話。一行はOPと同じく青々とした海の美しい港街ギランへ。 …

アルスラーン戦記/殿下への忠誠度の上昇率は随一 ファランギースへの愛は?

アニメではアルスラーン一行最後の仲間となりそうな、ジャスワント。(「殿下の護衛を …

アルスラーン戦記/風塵乱舞の新キャラジムサ キシュワードが贔屓する若き吹き矢の名手

「恐縮です、殿下。そろそろ帰参の時期かと思い、かくは出しゃばって参りました」 ナ …

アルスラーン戦記/三大老人の一人ボダン カイジ似教祖のとどまらない欲求の先は

アルスラーン戦記のなかでも屈指の強烈な存在感を放ち続けているジャン・ボダン。 ボ …