にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

アルスラーン戦記/有能な者が王位につく ルシタニアを捨て、ギスカールはマルヤムへ【ネタバレ】

   

ギスカール3
愚王イノケンティス七世の後ろに苦虫を噛み潰した顔で立つ、弟のギスカール。ですが、兄が愚王だったおかげでその有能さは引き立つというもの。

ギスカール1
子安節のその怒りマークと引き換えに。(笑)

sponsored link


苦労人宰相から最高権力者へ


タハミーネが捕らえられ、ルシタニア国にクローズアップされたとき、イノケンティスの愚昧っぷりは健在で、ギスカールの苦労は絶えませんでした。

ギスカール_イノケンティス3
イノケンティスはその怠惰っぷり・何を言い出すか分からない子供のような態度から、ある意味王の威厳が保たれていたと言えます。

ですが、タハミーネに恋することによってそれもなくなり、少なからずいた忠臣たちの真面目な人間が放蕩な人間に執着する感情さえも(イアルダボート教国家に限って言えば、身内に対する慈悲に似た感情)なくなってしまいます。

一応王として、罪状の最終判決くらいは執行していたようなのですが。

ギスカール_モンフェラート
「(あの女…どのような死が与えられるのか…)」

そして臣下たちの眼差しは弟へ。ギルカールは、王が恋の虜となり、国政に無関心、敬虔さが失われたこの時に本当の最高権力者になったといえます。

ボダンとヒルメスの功績

両者に共通するのはその尋常ならざる攻撃性。ボダンはその狂信から。ヒルメスは復讐から生まれた類まれなき剣技と知略から。

ギスカール_ボダン2
ギスカール_ヒルメス
攻撃性は、小国ルシタニアが大きくなるために必要だったものと言えます。だからこそ、かねてより王となるべく野心を抱いていたルシタニアの頭脳でもあるギスカールにとって、この二人が動き回る構図は理想的でもあり、ある程度の権力を容認していました。

ただ、どちらも、諸刃の剣であることは確か。ギスカールは助長したボダンを、聖騎士団の団長にパルス(異教徒)の女性をあてがう、いわゆるハニートラップを用いて追放します。

ギスカール4
「彼の死は神罰であろう。このような不祥事を起こしては、今後誰もあなたの言葉に耳を傾けますまいな」

ですが、アルスラーン一行新勢力に、ルシタニアは敗北。残った主力であるヒルメスの敗走が大きかったのは言うまでもありません。

その後は苦労の後、マルヤム王へ

その後、ギスカールはマルヤムへと落ち延びます。そして、かつて追放したマルヤムの支配者、イアルダボート総大主教となっているボダンに出くわし、牢獄に繋がれてしまいます。

ですが、苦労人ギスカールはここから報われ始めます。協力者を得て、牢獄を脱出。協力者たちとともにボダンを見事打ち倒し、ギスカールはマルヤムの王位に就くのでした。
敵となり、倒した相手の将がその後別の国とはいえ王に返り咲く展開、そしてそれを描いている作品はなかなか珍しい。

横山2

 - アルスラーン戦記

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アルスラーン戦記/あまりにも早かったシャプールの退出劇 だけど弟の狼っ子イスファーンは兄の意思を引き継いでいた【ネタバレ】

クバードとのやり取りを最後に自立している姿をついに見れなかった万騎長シャプール。 …

アルスラーン戦記/三大老人の一人ボダン カイジ似教祖のとどまらない欲求の先は

アルスラーン戦記のなかでも屈指の強烈な存在感を放ち続けているジャン・ボダン。 ボ …

アルスラーン戦記/アルスラーン命なダリューンだけど、セリカの星涼っていう想い人がいた

1話からアルスラーンの忠実な家臣・最強の護衛として役目を果たしてきたダリューン。 …

アルスラーン戦記の2期が決定! 作品の“安心感”が決定のポイントだった?

4月から9月にかけて放映し、無事最終回を終えたアルスラーン戦記。 その決戦の地と …

アルスラーン戦記/アルスラーン以外から嫌われるウザキャララジェンドラ王子 でもどこか憎めない【ネタバレ】

ジャスワント、アルフリード、エトワールとともに発表されていた後期追加キャラの一人 …

アルスラーン戦記/王妃タハミーネがアルスラーンに冷たい理由【ネタバレ】

「大儀である。永遠なるパルスへの忠誠を期待します」 1話にて、整列した兵たちにテ …

アルスラーン戦記/“エトワール”として従軍したエステル 影響を受けあうアルスラーンと恋の予感?【ネタバレ】

まだ11歳のアルスラーンを誘拐した若い兵エトワールことエステル。エトワールは男性 …

アルスラーン戦記/オスロエス五世の息子ヒルメス出生の真実【ネタバレ】

銀仮面卿ことヒルメスは、アンドラゴラスに復讐を果たすため、パルス攻略をもくろみま …

アルスラーン戦記/タハミーネ王妃より美しいファランギース だけど殿下とナルサスには弱い

「んん~!!滅多にいない良い女だ!若い分、嘘つき王妃を上回るなあ」 と言うのは、 …

アルスラーン戦記/地味だけど実は恐ろしく強い 王子の友キシュワード【ネタバレ】

【6/8 追記】 バフリーズ、ダリューン、そしてキシュワード。(と、アズライール …