にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

アルスラーン戦記/エラムがついにナルサスからアルスラーンに心変わり?本当の意味での奴隷解放

      2016/04/18

エラム1
12話にて、魔導師の一撃をくらって吹っ飛ばされたアルスラーンを助けるため、ダイビングキャッチを見せてくれたエラム。

エラム2
「え、そこまで大げさにするの?」と思った人は多いはず。
人によってはドキドキだったかもしれません。

sponsored link


14歳の初めての友達

エラム7
ペシャワールへの道中で明かされましたが、エラムの夢は、パルス国のはるか西南に存在する伝説の都市の失われた歴史や伝説を学ぶこと。

下町出身だったり、家が貧乏だったり。学ぶ機会がないと学ぶことに憧れを抱くことはキャラ設定ではよくあること。エラムも奴隷として働きずくめだったでしょうから、同じく勉学に憧れを抱いているのでしょうか。

そんなエラムの14歳らしい夢語りを、アルスラーンは「では、いずれエラムが調べた歴史や伝説を私にも教えてくれ。エラムからどんな話を聞けるのか、今から楽しみだ。」

エラム3
と、まるで良い母親のような、理解ある主君っぷりを見せます。

エラム4
そしてこの喜びよう。(*´∀`)

この後、ギーヴがからかいましたが、その通り、始めのそっけない頃に比べたら雲泥の差です。

エラム5
▲ アルスラーンが挨拶しても振り向かなかったエラム(4話)

脱奴隷、ナルサスからアルスラーンへ

エラム_アルスラーン1
国政に無知な面よりも、その人を愛する博愛主義の面、一途に努力する面に好意を抱き、アルスラーンに心を開き始めたエラム。

エラム8
本来エラムの感情は、開放してくれた元領主であるナルサスに全て向けられていました。
それはエラム自身が「自分の意思でナルサス様に」と語りはしましたが、両親の遺言という縛りもあったせいか、奴隷の時としていることはあまり変化がなかったと思われます。

アルスラーンの身分を越えた、わけ隔てない友愛で初めて、普通の少年として普通に接する術を見つけたのですね。初めてできた友達にはどうしても顔もしくは心がほころんでしまうものです。

ナルサスと言えば、アルフリードを助けたりと、エラムにそれほど執着しているわけでもないので(強いて言うなら兄のような存在でしょうか)、まだひっそりと続いていた奴隷と君主という関係は、アルスラーンという友達で、緩やかに良い意味で壊されていくのでしょうね。

原作ではナルサス師匠のもと、兄弟弟子として仲良くしているようですし、これからそのツンデレっぷりがどう描かれるのか楽しみですね♪

 - アルスラーン戦記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アルスラーン戦記/風塵乱舞の新キャラジムサ キシュワードが贔屓する若き吹き矢の名手

「恐縮です、殿下。そろそろ帰参の時期かと思い、かくは出しゃばって参りました」 ナ …

アルスラーン戦記/イリーナ ヒルメスの帰る女性【ネタバレ】

「ダリューン……教えてやろう……! 貴様の叔父バフリーズをやったのは、この俺だ! …

アルスラーン戦記/ペシャワール城に集った十六翼将たち イスファーン、ルーシャン、ザラーヴァント、トゥース

19話でアルスラーンが署名をした追討令。ペシャワール城には諸侯たち、腕に覚えのあ …

アルスラーン戦記/海上商人のグラーゼ △ガハハキャラ◎海の流浪人【社長!社長ではないですか!】

2期にあたる今回のアルスラーン戦記 風塵乱舞。 1期は2クールで、ヒルメスとの戦 …

アルスラーン戦記/大将軍をキシュワードからダリューンへ 殿下への忠誠はそのまま国の象徴として【ネタバレ】

アルスラーンにとって、なくてはならない存在、ダリューン。 神前決闘の行われた17 …

アルスラーン戦記/アルスラーン命なダリューンだけど、セリカの星涼っていう想い人がいた

1話からアルスラーンの忠実な家臣・最強の護衛として役目を果たしてきたダリューン。 …

アルスラーン戦記/ナルサスをも振り回したラジェンドラを高評価してみる

14話にて、パルスに自信満々に攻め込んできていとも簡単に捕まったラジェンドラ。 …

アルスラーン戦記/女たらしだけど……そこがいい!ギーヴとファランギースの夫婦漫才は必見

5話、王都エクバターナにて、卑劣な大司祭ボダンによりそのぼろぼろな身を晒されてい …

アルスラーン戦記/アズライールとスルーシ、シャブラング 動物たちの名前の由来

アンドラゴラスとタハミーネからあまり関心が得られず、王子という立場もあって寂しい …

アルスラーン戦記/地味だけど実は恐ろしく強い 王子の友キシュワード【ネタバレ】

【6/8 追記】 バフリーズ、ダリューン、そしてキシュワード。(と、アズライール …