にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

アルスラーン戦記/ガキ大将で、血タラー武将のザンデ もう出番終了?しぶといのは親譲り

      2015/07/27

ザンデ10
10話の初登場から立て続けに登場したザンデ。

父親は万騎長のカーラーン。

カーラーンといえば、8話で死ぬまで毎話登場し、アルスラーンを追いまわしたり、万騎長たちとそれぞれ絡みがあるなど、ほとんど主要人物と言ってもいいくらいのクローズアップぶりでしたが、ザンデは11話でまさかの崖から墜落。もう登場終了?

ザンデ8

sponsored link


父親から受け継いだ“しぶとさ”

カーラーンのその死の間際には、アルスラーン一行全員が見送り、しかもファランギースが弔いの歌を歌うという厚遇っぷり。

このシーンにはようやく主要キャラが集った導入編の終了を告げる意味合いが強いですが、カーラーンという将軍のこれまで得てきた戦功・信頼っぷりを見ることもできます。

カーラーン7
その死が印象的だったカーラーンでしたが、息子のザンデといえば、ダリューンに敗れたあとの敗走中で、しかもファランギースの矢、「見苦しい」という軽蔑の言葉つき。

奇しくも見送るのは親子ともどもファランギースとなりましたが、これは少々比べるのがかわいそうです……。

ザンデ12
▲ お馬さん(´・ω・`) またもや犠牲を被るファランギース

とは言え、この崖から墜落するシーンは原作でも存在するので、おそらく生き残り、また再登場するかと思われます。それ抜きでもちょっと早すぎますし。

カーラーンは、ダリューンとの打ち合いでしぶとく戦って見せましたから、このしぶとさは親譲りなのかもしれません。

ザンデ11

第一印象の小物っぽさも親子譲り

あと、ザンデを語る上ではずせないのが、「小物っぽさ」でしょうね。カーラーンもまた一見すると、一介の賢将といった風情でした。

ザンデ2
初登場の際には、その妙な自信がちょっと不気味で、カーラーンの息子として何をしてくれるのだろうと思わされましたが、後々、若者にはありがちな根拠なき自信であったことが判明。驚くべき膂力の強さはあったのですが。

ザンデ9
この顔w 個人的には好きなキャラの一人です。(笑)毎回ぼろぼろになり、口や鼻から血をタラーと流しているのが印象的。なんというか、調子に乗りやすいタイプみたいですし、ガキ大将といった感じで憎めません

ザンデ7
ダリューンが殺意をもてない貴重なキャラも一人でもありますし、このまま戦死っていうことがないことを祈ります。(笑)

 - アルスラーン戦記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アルスラーン戦記/ナルサス良いパパになる? ダリューンも茶化す弱点“子供に甘い”

アルスラーン一行において、なくてはならない知であるナルサス。 ラジェンドラ軍との …

アルスラーン戦記/イリーナ ヒルメスの帰る女性【ネタバレ】

「ダリューン……教えてやろう……! 貴様の叔父バフリーズをやったのは、この俺だ! …

アルスラーン戦記/ペシャワール城に集った十六翼将たち イスファーン、ルーシャン、ザラーヴァント、トゥース

19話でアルスラーンが署名をした追討令。ペシャワール城には諸侯たち、腕に覚えのあ …

アルスラーン戦記/根は優しい万騎長カーラーン裏切りの理由【ネタバレ】

1話では凱旋の際、その凛とした姿を民衆からかっこいいと言われ、 2話では初陣のア …

アルスラーン戦記/あまりにも早かったシャプールの退出劇 だけど弟の狼っ子イスファーンは兄の意思を引き継いでいた【ネタバレ】

クバードとのやり取りを最後に自立している姿をついに見れなかった万騎長シャプール。 …

アルスラーン戦記/アンドラゴラスをよく見ていた?隻眼のクバード【ネタバレ】

万騎長シャプールと犬猿の仲で知られる、隻眼で酒飲みな万騎長クバード。 2話にてシ …

アルスラーン戦記/有能な者が王位につく ルシタニアを捨て、ギスカールはマルヤムへ【ネタバレ】

愚王イノケンティス七世の後ろに苦虫を噛み潰した顔で立つ、弟のギスカール。ですが、 …

アルスラーン戦記/無双乱舞が使えるようになったダリューン けど基本能力は下方修正受けてる

アルスラーンに忠誠を誓っている万騎長ダリューン。 その忠誠の程度と言えば、……今 …

アルスラーン戦記/風塵乱舞(2期)のあらすじ 次の相手はトゥラーン国(モンゴル)

「なんだ!?」 「殿下ああああ!」 「ヤシャスィーン!」 2期初のヤシャスィーン …

アルスラーン戦記/殿下の護衛をダリューンから引き継いだジャスワント アニメ最後の仲間になる?【ネタバレ】

13話は、意気揚々とやってきたラジェンドラがあっさり捕まり、そしてこれまたあっさ …