にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

アルスラーン戦記/カーラーンの息子はまさかの怪力男 タハミーネの娘と生活をともにしていた?【ネタバレ】

      2016/04/18

ザンデ
カーラーンが戦死するとまもなくヒルメスの元にやってきた息子のザンデ。声優はFF10のティーダ役やBLEACH黒崎一護役で有名な森田成一さん。

ザンデ2
多少ふっくらしていますが、すらりとした鼻筋などよく似ています。

ただカーラーンの知性はまだなりを潜めていて、若さゆえか、代わりに自信に溢れた野心が見られます。

sponsored link


怪力男

アルスラーン一行とはぐれたダリューンとファランギース。
二人の武力と連携に逃げ出したルシタニア兵にザンデは一喝しつつ、威勢よく挑みます。

ザンデ5
「貴様に殺された父カーラーンの無念、このザンデが晴らす!」

この名乗るところ、正々堂々としていて根が温厚なところは父親譲りでしょうか。

ザンデ4
それにしてもこのパワー……! なんと言っても馬が辛そうです。(笑)

自身が最強なためか、あまり相手の武力に動じないダリューンですが、このときばかりはヒルメスの時以上に驚いています。大木を根っこから、しかも馬上で引き抜くくらいですからね……。

ザンデ_ダリューン
どちらかと言えば理知的な印象の強かったカーラーンからこの息子の威勢のよさ、膂力と考えると、ザンデはカーラーンのアンドラゴラスからも信頼厚かった万騎長の父親を誇りに思っていたのかもしれませんね。
あまり復讐心に捕らわれていない感じですが、それはザンデの性格か、この親子の特徴かもしれません。

そしてダランギースの助力もあり、ダリューンを討ち取ることができなかったザンデは、ダリューンの武将としての甘さから、見逃されてしまいます。

ザンデ6
大剣を放り投げたあたり、やはりまだまだやんちゃのようです。

ザンデは、今回は大剣でしたが、むしろ棍棒やメイスを得意としていますからその辺りの戦いぶりも含めて今後の登場が楽しみです。

戦死後にも重要なエピソード

決して安易な人物設定をしない、アルスラーン戦記の面白さと言いますか。
ザンデは、パルス軍に敗れたのちもしばらくヒルメスの右腕として活躍。やがてある将軍に殺され、それを知ったヒルメスが策略をもってしてザンデの復讐を果たすのですが、ザンデにはある美人ですがしたたかな女性と生活を共にしていた時期があり、この女性「パリザード」がタハミーネの娘ではないかという説があるのです。

原作は、永遠に未完ではないかと囁かれているくらいの数年単位のスローペース刊行なので、どうなるかは全く不明なのですが。


 - アルスラーン戦記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アルスラーン戦記/騎士の中の騎士だけど…過保護なダリューンがかわいい!

「ヤシャシィーン!」(突撃!)というアンドラゴラス王の掛け声で始まったアルスラー …

アルスラーン戦記/大将軍をキシュワードからダリューンへ 殿下への忠誠はそのまま国の象徴として【ネタバレ】

アルスラーンにとって、なくてはならない存在、ダリューン。 神前決闘の行われた17 …

アルスラーン戦記/女たらしだけど……そこがいい!ギーヴとファランギースの夫婦漫才は必見

5話、王都エクバターナにて、卑劣な大司祭ボダンによりそのぼろぼろな身を晒されてい …

アルスラーン戦記/タハミーネ王妃より美しいファランギース だけど殿下とナルサスには弱い

「んん~!!滅多にいない良い女だ!若い分、嘘つき王妃を上回るなあ」 と言うのは、 …

アルスラーン戦記/有能な者が王位につく ルシタニアを捨て、ギスカールはマルヤムへ【ネタバレ】

愚王イノケンティス七世の後ろに苦虫を噛み潰した顔で立つ、弟のギスカール。ですが、 …

アルスラーン戦記/紅一点から母親的ポジションへ ファランギースの恋人の影【ネタバレ】

アルスラーン一行に加わった当初は、神官にあるまじきそのハレンチな服装とギーヴの猛 …

アルスラーン戦記/ガキ大将で、血タラー武将のザンデ もう出番終了?しぶといのは親譲り

10話の初登場から立て続けに登場したザンデ。 父親は万騎長のカーラーン。 カーラ …

アルスラーン戦記/バフマンとヴァフリーズの違いと想い 手紙の内容

万騎長キシュワードとともにペシャワール城砦を守っていたバフマン。 そのおかげで大 …

アルスラーン戦記/私怨で動くヤツの下にはつきたくはない クバードの理想は酒と女がたらふくの自由な国

最後に出たのは3話ですから、実に15話振りの出演となりますこの人。 異国感の強か …

アルスラーン戦記/風塵乱舞の新キャラジムサ キシュワードが贔屓する若き吹き矢の名手

「恐縮です、殿下。そろそろ帰参の時期かと思い、かくは出しゃばって参りました」 ナ …