にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

アルスラーン戦記/アニメED絵を担当している横山愛さんのアルスラーン一行イラストが和むし可愛いし

      2016/04/18

横山9
アルスラーン戦記も13話までの放映が終了し、いよいよ後期クールへと突入となってしまいました。

まだまだカウントダウンというほどでもないのですが、ストーリーがますます盛り上がりを見せるなか、あと半分しかないという衝撃の事実。毎回そうなのですが、この瞬間は、たまらなく寂しい。(´・ω・`)

OP/EDも、UVER worldの「僕の言葉ではない これは僕達の言葉」から、NICO Touches the Wallsの「渦と渦」に。
蒼井エイルさんの「ラピスラズリ」から、Kalafineの「One Light」へ。

どんなアニメーションとミックスされるのか楽しみです。

sponsored link


アルスラーン戦記愛が伝わるイラストたち

横山2
EDの可愛すぎる(主に殿下)イラストを担当しているのが横山愛さんという方なのですが、
横山さんがツイッターにて投下しているイラストがとてもかわいいのです。

横山8動画部隊(笑)ヤサシーイっw
横山7
横山6

とにかく殿下が女子です。

「わ、わたしが、女の子であるはずがなかろう! ……なあダリューン……そ、そんなにわたしは男らしくないのか……?(い、いや、そのようなことは……) だから父上はわたしを(ry」
妄想してしまいましたが、絵心がありませんから、頭の中でだけで補完しました。(笑)

主に、製作現場や、イベント会場にアルスラーン一行が実在したらといった体の設定。元々、こういった日常ネタを描くのがお好きなのか、かなり手馴れている感があります。

横山5

個人的に好きなのは、この一枚。現場の雰囲気の惨たらしさ(笑)もリアルで面白いのですが、ダリューンの台詞が…wwwそしてシャブラングも可愛いw

横山さんも楽しんで描いているのが伝わってきますね。(*´∀`)

他にも横山さんのツイートでは、アトレ秋葉原でのイベント報告など、アルスラーン戦記の情報を中心に、横山さんの日常を交えてツイートなさっています。


これらのイラストは、横山愛さんの個人サイトでも見ることができます。こちら

後期のEDも横山愛さんのイラストなのでしょうか?だとしたら、1期EDでの一行の様子のように、一行がどのような日常を送っているのか、楽しみです!

 - アルスラーン戦記

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アルスラーン戦記/バフマンとヴァフリーズの違いと想い 手紙の内容

万騎長キシュワードとともにペシャワール城砦を守っていたバフマン。 そのおかげで大 …

アルスラーン戦記/紅一点から母親的ポジションへ ファランギースの恋人の影【ネタバレ】

アルスラーン一行に加わった当初は、神官にあるまじきそのハレンチな服装とギーヴの猛 …

アルスラーン戦記/アルスラーン命なダリューンだけど、セリカの星涼っていう想い人がいた

1話からアルスラーンの忠実な家臣・最強の護衛として役目を果たしてきたダリューン。 …

アルスラーン戦記/大将軍をキシュワードからダリューンへ 殿下への忠誠はそのまま国の象徴として【ネタバレ】

アルスラーンにとって、なくてはならない存在、ダリューン。 神前決闘の行われた17 …

アルスラーン戦記/無双乱舞が使えるようになったダリューン けど基本能力は下方修正受けてる

アルスラーンに忠誠を誓っている万騎長ダリューン。 その忠誠の程度と言えば、……今 …

アルスラーン戦記/殿下への忠誠度の上昇率は随一 ファランギースへの愛は?

アニメではアルスラーン一行最後の仲間となりそうな、ジャスワント。(「殿下の護衛を …

アルスラーン戦記/タハミーネ王妃より美しいファランギース だけど殿下とナルサスには弱い

「んん~!!滅多にいない良い女だ!若い分、嘘つき王妃を上回るなあ」 と言うのは、 …

アルスラーン戦記/海上商人のグラーゼ △ガハハキャラ◎海の流浪人【社長!社長ではないですか!】

2期にあたる今回のアルスラーン戦記 風塵乱舞。 1期は2クールで、ヒルメスとの戦 …

アルスラーン戦記/私怨で動くヤツの下にはつきたくはない クバードの理想は酒と女がたらふくの自由な国

最後に出たのは3話ですから、実に15話振りの出演となりますこの人。 異国感の強か …

アルスラーン戦記/ギーヴの言う王族らしい王子ガーデーヴィ バフマンを倒していた【ネタバレ】

ラジェンドラと王権争いをしている第一王子のガーデーヴィ。 切れ長ですが、特徴的な …