にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

ラブライブ!サンシャイン!!/10話感想 夏だ!水着だ!キマシタワー!ダイヤ鞠莉の圧倒的ポンコツ化が止まらない!

      2016/09/14

ラブサン10-①特訓
あまりに強く互いを想うがゆえにすれ違ってしまったダイヤ鞠莉果南ら3年生トリオ。心の内をさらけ出し、素直になった3人の気持ちが一つになった時――9人揃ったAqoursが沼津夏祭りの花火ステージに舞う!

そしていよいよ夏休み、本戦出場を目指して合宿を始めるラブライブ!サンシャイン!!第十話『シャイ煮はじめました』のレビューです。


▲ 今回のBGMはBlu-ray第1巻特装限定版の封入特典CD『Pops heartで踊るんだもん!』から!

9話感想
11話感想

sponsored link


ダイヤさん、とうとう壊れる

ラブサン10-②仕切るダイヤ
夏休み突入に浮かれるAqours一同。中でも浦の星女学院現生徒会長の黒澤ダイヤさんの浮かれっぷりはネジが緩んでるどころか、数本まとめて落っこちたレベルです。

ラブサン10-③ホワイトボードのダイヤさん
ダイヤ「夏といえば? はいルビィ!」
ルビィ「…多分、ラブライブ!」

ラブサン10-④なでなでダイヤ
ダイヤ「さすが我が妹…可愛いでちゅね~よく出来まちゅた~♪」
ルビィ「がんばルビィ~♪」
▲ もはや人格崩壊と呼んでも過言ではないレベル。しかしそこもキュートなダイヤサン(´∀`*)

ラブサン10-⑤ドン引き
ヨハネ「…なにこの姉妹コント?」
ダイヤ「コント言うな!」

大好きな、念願だったスクールアイドルを愛する果南や鞠莉、そして妹のルビィと一緒に出来る訳ですからそりゃ嬉しいに決まってます。他のAqoursメンバーのドン引きっぷりも良いコントラストで◎デスね。

合宿スタート! 海の家の経営とアイドル特訓を両立せよ

ラブサン10-⑥水着1ラブサン10-⑦水着2ラブサン10-⑧水着3
千歌(曜)果南が浜辺にある海の家を手伝わないといけない事情から、集中合宿が難しいことが判明したAqoursメンバー。そこで千歌の実家である旅館にAqours全員が泊まり込み早朝と夕方を特訓時間に、日中は全員で海の家の手伝いをすることにしました。

なお集合時間を朝4時と言い出したダイヤですが、肝心のダイヤ自身が集合時間に現れず、時間をきちんと守ったのは花丸だけという体たらくでした(笑)

ラブサン10-⑨海の家1
取り敢えず夏の海を満喫したAqoursは人気のない海の家を盛り上げるため、宣伝チーム(千歌梨子果南)、料理チーム(曜鞠莉ヨハネ)、店舗運営チーム(ダイヤルビィ花丸)の3チームに分かれ活動を開始します。

ラブサン10-⑩海の家2
しかしダイヤが色々と画策するものの、お客は一向に集まりません。なおAqoursの頼れるリーダー千歌はこのことを既に予測、先に手を打っていました。

ラブサン10-⑪お客さん
千歌に電話で召喚された有人グループが海の家に遊びにやって来ます。お陰で海の家は閑古鳥が鳴くといった状況を無事回避。この調子なら次に東京チャレンジする機会があれば、最低でも10票前後は手配しそうです。

これもリーダーとしての成長でしょう。周りが良く見えるようになっていますね。それにしても地元での活動の順調さを考慮すると、海の家でローテーションでミニライブをするとか、即席PVを作ってネットで告知とかすれば結構人が集まりそうな気もするのですが(笑)

特訓の時間。参考はμ’s(ただしμ’sはやってない)

ラブサン10-⑫へろへろ9人
なお特訓メニューはダイヤが独自のルートから手に入れたμ’s合宿のスケジュールを参考に作られたもの。5年前園田海未が作成し、μ’sメンバーが結局成し遂げられなかった幻のメニューのほぼ完コピ再現です。貼り出されたメニューの『Aqours』のネームシールの下にはきっと『μ’s』って書いてあるのでしょう。

それを眺め見てうっとりとするポンコツダイヤさんの姿が思い浮かびます。で、実践したのは今回初めてだったと(笑)

ラブサン10-⑬果南
きっとμ’s伝説には噂の尾鰭が付いて一人歩きしている状態なんでしょうね。しかしそれを一部とはいえ、やり遂げた果南の体力スペックがスゴ過ぎます。

ラブサン10-⑭夜
全員が寝静まった夜、梨子を誘って起き出す千歌。実は千歌、梨子母の会話を偶然聞いて梨子の元にピアノ発表会の出場案内が届いていたことを知っていたのです。

ラブサン10-⑮梨子
「最初はどうするか悩んだけど、今はAqoursが私の居場所。皆と一緒にラブライブを目指したい」と本心を語る梨子。それを聞いて安心する千歌ですが、その表情はどこか冴えません……

ラブサン10-⑯心配する曜
翌日、曜もそんな千歌のささいな変化に何かを感じ取った様子。

ラブサン10-⑰深夜の学校
海の家の接客と朝夕の猛特訓。そんな合宿の日々も過ぎていきます。そんな中、再び深夜千歌は梨子を呼び出します。

夜のサイクリングで向かった先は浦の星女学院。音楽室に忍び込んだ千歌は梨子にピアノを弾いて欲しいとせがみます。梨子が抱えるピアノへの想いを知るために――

ラブサン10-⑱浜辺の二人
『海へと還るもの』。梨子がずっと暖めていたピアノへの想いを聞いた千歌は梨子にピアノ発表会へ出ることを薦めます。

奇しくもピアノ発表会の開催日はラブライブ予備予選開催日と同じ日。練習のことも考えると、梨子はどちらか一方にしか出場出来ないのは明らかです。

ラブサン10-⑲海の千歌ラブサン10-26海の梨子
千歌「でもね…梨子ちゃんにとってピアノは同じくらい大切なものだったんじゃないの? その気持に答えを出してあげて…」

ラブサン10-20手を繋ぐ
千歌「私、待ってるから! ここでみんなと一緒に待ってるって約束するから!」

あえてかつての3年生組と似たシチュエーションを用意しつつも、きちんと互いに想いをぶつけ合わせることで違った結論を出す展開。問題と言えば全て千歌が背負ってしまってることですが、その辺りはリーダーとして一回り以上に成長したことや親友曜の存在、失敗を一度経験している3年組のフォローなどが期待出来ると思います。

ラブサン10-213年生?
ただ…今回の話を観てると、3年組の精神年齢レベルは1年組とそう大差無い(というかAqours加入のショックで幼年退行した?)っぽいので少し心配なのですが(笑)

9人揃ったと思ったのも束の間、まさかの一人減るいつもの超展開!

ラブサン10-22次回予告
基本的なストーリーフォーマットは初代を踏襲しながらも、徐々にμ’sとAqoursの違いが強くなっている展開が良いですね。特にリーダーの個性の差がそのままチームの絆のカラーになってます。

梨子がAqoursを離れるのは残念ですが、今回受けるのはラブライブ予備予選ということなので、予備予選を8人で挑戦→ギリギリの成績でなんとか滑り込み合格→地方予選に出場→梨子合流→パーフェクトナインで予選を勝ち抜く…という流れになるのでしょうか。予備予選が8/20なのでラブライブ本戦(ドーム大会)は秋に行われるでしょうし。

そうすると秋のラブライブ本戦終了後のAqoursの活動がどうなるのか、そろそろ気になって来ますね。それとも初代みたいにラブライブって春にも開催しているんでしょうかね?

内浦にキマシタワーを建てよう

ラブサン10-23キマシ1ラブサン10-24キマシ2ラブサン10-25キマシ3
▲ ふぅ……( ´ー`)

(ごとうあさゆき)

9話感想
11話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

くまみこ/5話感想 ナツは文字も空気も読める熊。ひーこ萌え!

しまむら回がまだ続いていた。ド田舎でおしゃれしていると目立っちゃうんですよね。ご …

幼女戦記/9話感想 ょぅι゛ょがマッハで空を飛ぶ!まさかの人間ロケットで敵司令部を強襲せよ

地獄の様相を呈する西方ライン戦線。しかもその裏、押し上げた戦線の背後でパルチザン …

斉木楠雄のΨ難/21話感想 弟の空助とロンドンを舞台に鬼ごっこ!?超天才VS超能力者の結末は!?

ようやく楠雄の兄、空助の登場ですね! ここではストーリーを中心にご紹介しますので …

甘々と稲妻/9話感想 公平の嫁ついに登場!カレーにレーズンって美味しいんだ…

ブルーレイ&DVDVOL.1の初回特典 ごはんやさん“恵”謹製 お弁当箱包み 完 …

ばくおん!!/3話感想 ツーリングで知りたくなかった事実が 来夢先輩はまさかオカルトちっくな存在じゃないよね

さて今回は「ばくおん!!」第3話、『デビュー!!』のレビューです。 大まかなあら …

ドリフターズ/10話感想 次々に新事実が!やはりサンジェルミがキーマンだった!

今回のお話は新事実が多すぎで「え!?」「うそー!!」ばかり叫んでいましたヽ(;´ …

プリズマイリヤ ドライ/7話感想 久々に凜とリヴィアも登場!敵にさらわれたのにあまり緊張感が感じられない…。

〔BD&DVD情報]プリズマ☆イリヤ ドライ!!第1巻予約受付中♪各店舗 …

ACCA13区監察課/7話感想 息を呑む真実…ジーン・オータスに隠された秘密

このままクーデターをめぐる組織の中での争いにジーンが巻き込まれていくのかな?と思 …

坂本ですが?/2話感想 ただクールなだけでも優しいだけでもない本当の強さとは?

坂本ですが?第2話「守られるより守りたい/今日から使える恋愛心理術」の感想です。 …

斉木楠雄のΨ難/14話感想 地味な転校生は元総長!?新キャラ加入で更なる波乱の予感

今回は少し書き方を変えまして、全5話の中で私がおすすめするお話を中心にご紹介させ …