にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

ラブライブ!サンシャイン!!/8話感想 0から1へ、ここからハジマル物語。少女達は高みを目指す!

      2016/08/31

ラブサン08-①メイン
東京で行われるアイドルフェスに招待されたアクアの面々。上京した彼女達を待ち受けていたのは現実という名の高いハードル。

新たなライバルの登場、ぶつかる巨大な壁と見えない光――6人の誓いが今一つの輝きになって照らすラブライブ!サンシャイン!!第八話『くやしくないの?』のレビューです。


▲ 今回のBGMはAqoursによる『サンシャインぴっかぴか音頭』。まぁ夏にはピッタリの盆踊り曲です…

…って、空気読んでよLantisさん!(笑) 普通ここはセイントスノーの楽曲発表でしょ~(´Д`;)

7話感想
9話感想

sponsored link


フェス開幕!セイントスノーの実力やいかに!?

ラブサン08-②セイントスノー
▲ そんな訳で気を取り直してWクール姉妹の登場です(笑)

颯爽と登場したデュオユニット『セイントスノー』。フェスのオープニングを飾るに相応しい堂々としたパフォーマンスでライブを盛り上げます。

ラブサン08-③圧倒される千歌
彼女達のパフォーマンスに圧倒されるアクアの面々。

ラブサン08-④フェス参戦
▲ さぁいよいよアクアのステージ…と思いきやここでアバン終了。ま、まさか…?

戦い終わって、燃え尽きて…?

ラブサン08-⑤スカイツリー
CM明けスカイツリーで東京見物をするアクア一行。どうやらフェスは無事終了した模様です。しかし全員の顔はどこか沈んで元気がありません。

ラブサン08-⑥壁にぶつかる
トップレベルのスクールアイドルの実力を目の当たりにし、甘い幻想が打ち破られ現実を思い知らされたのでした。

ラブサン08-⑦ジト目
千歌は一人明るく振る舞い皆を元気付けます。明らかに無理して気丈に振る舞っているのがバレバレですが他のメンバーにも気遣う余裕がありません。お互いの距離感を計りあぐねている様子が伺えますね。幼馴染の曜ですら。

ラブサン08-⑧集計結果
そこへフェスの運営から連絡が入り会場に戻ることに。司会のお姉さんから投票の集計結果が渡されます。

ラブサン08-⑨お姉さん
司会「正直、どうしよ~かな~ってちょっと迷ったんだけど…

初代から続投出演している司会のお姉さん。5年以上この仕事をしていることから彼女は多くのスクールアイドルの光と影――栄光と挫折を見て来たに違いありません。残酷な結果を「迷ったんだけど」渡した、ということは知らないより知った上で、それでも乗り越えて前に進んで欲しいと願っているのかもしれません。

伸し掛かる重圧と見えない希望

ラブサン08-⑩出迎え
沼津に帰って来たアクア一行を友人達が出迎えます。空元気で喜んで応える千歌達ですが彼女達の無邪気な声援が逆に心に突き刺さります。

ラブサン08-⑪ダイヤ
ダイヤ「よく頑張ったわね」

迎えに来てくれたダイヤの姿に思わず感極まって抱きつき泣きじゃくるルビィ。この辺りクールな鹿角姉妹とウェットな黒澤姉妹の好対照です。どっちのお姉さんも妹に激アマそうですが(笑)

ラブサン08-⑫泣き疲れ
得票0を知り落ち込むアクアの面々を慰めるダイヤ。ここでついに3年生組――ダイヤ果南鞠莉の隠された2年前の真実が明らかになります。

ラブサン08-⑬ダイヤ語る
ダイヤ「…あなた達が誰にも支持されなかったのも、私達が歌えなかったのも仕方ないことなのです

ラブサン08-⑭2年前ダイヤ
ダイヤ達が1年生の時から既に浦の星女学院には廃校の危機が訪れていました。当時のダイヤ達はスクールアイドルユニットを結成して学校の危機を救おうと考え行動に移します。

ラブサン08-⑮2年前鞠莉
▲ 2年前の鞠莉の性格は原作設定の鞠莉そのまんまですね

3人の立ち位置が今と昔で完全に入れ替わっているのが興味深いですね。

ラブサン08-⑯部室
やはり現アイドル部の部室(体育用具室)を当時利用していたのは彼女達でした。ホワイトボードに残されていた歌詞も当時のもの。順調に活動が認められ、東京のイベントに招待されて参加したダイヤ達。しかし彼女達はそこで大きな壁にぶつかります。

ラブサン08-⑰イベント参加
ダイヤ「でも、歌えなかったのですわ。他のグループのパフォーマンスの凄さと、巨大な会場の空気に圧倒され……何も歌えなかった…」

ラブサン08-⑱豆腐メンタルダイヤ
ダイヤ「あなた達は歌えただけ立派ですわ」
「じゃあ反対してたのは?」
ダイヤ「いつかこうなると分かっていたから…」

自分達が碎け散ったから他の人の芽も摘んじゃえと器のちっちゃいポンコツ可愛いダイヤさん。それでスクールアイドル嫌い(のフリ?)をしていたとすれば相当面倒臭い性格の人ですね。

ポイント制のランキングが支配する世界

ラブサン08-⑲ランキングリスト
後、フェスのランキングは会場投票で決めているので新人かつアウェーのアクアには最初から厳しいです。ぶっちゃけお金をわざわざ払って入場する客は最初から推しアイドルを決めている訳で。逆に投票数0はむしろ当然の結果では無いでしょうか。アクアは東京進出するには準備不足過ぎる訳で。

ラブサン08-20遊びじゃない
なのでセイントスノーから『ぽっと出のお前らがアウェーに乗り込んでくるのに舐め過ぎじゃね!?』と思われても仕方ないです。

ラブサン08-21友達
この時代、ファンクラブや地元からの遠征応援団等が出来て初めて一人前、そんな感じなのかもしれません。それだけの人数を動員出来ることがトップアイドルの資格って処なんでしょう。

今回のフェスランキン、3位でも367点。つまり熱烈なファンが400人いれば3位入賞出来た計算です。会場の広さとかを考慮すると1位と2位がかなりごっそり点を集めてる気もしますが…もしかすると音ノ木坂関係者とUTX関係者…かも?

ラブライブで優勝する≠学校を廃校の危機から救う

ラブサン08-22鞠莉
さらに今回観ていて気になったのが千歌やダイヤの目標と手段がブレていることです。

スクールアイドルになる、ラブライブ出場、ラブライブ優勝、そして学校を廃校の危機から救う――これ全てを成し遂げたμ’sの伝説が一人歩きしているせいかもしれませんが、『ラブライブ優勝』と『学校を廃校から救う』は本来別の話です。千歌達はそれを完全に同一化してしまっています。それではガルパンです。

ラブサン08-23曜
学校の知名度を上げるためには『ラブライブ優勝』は手っ取り早い方法ですが、入学希望者を増やすのに別にラブライブ優勝が必須ノルマではありません。

ラブサン08-24海辺の千歌と梨子ラブサン08-25海の千歌
千歌「私、まだ何も見えてないんだって。先にあるものが何なのか、このまま続けても0なのか、それとも1になるのか…10になるのか。ここでやめたら、全部わからないままだって…」
梨子「…千歌ちゃん」
千歌「だから私は続けるよ、スクールアイドル! だってまだゼロだもん!」

ラブサン08-26他メンバー
1stシングルのc/w曲『Step! ZERO to ONE』の歌詞にも繋がる千歌の台詞。楽曲との連動感が良いですね。(2話感想のBGMに使っています)

ラブサン08-27部室に貼る
自戒するように部室に0票最下位のランキング表を貼り出す千歌。そしてここから物語は始まります。新たなるステージへと――

ラブサン08-28次回予告
大きな挫折と再生を描いた今回、しかし3年組の闇が明らかになったのにも関わらず、未だ入部しそうな空気になりません。特に果南(笑)次回でこじれてもつれた糸はほどけるのか? それとも1クール終わってもまだアクア9人揃ってない…なんて展開が!?

いや、まさか…ね?

(ごとうあさゆき)

7話感想
9話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

魔法少女育成計画/1話感想 いきなり衝撃だったラ・ピュセルには真のロリ要素がある気がした

2016年秋アニメも放送開始しましたね! 今季は、シリーズものと魔法少女系が特に …

鉄血のオルフェンズ/31話感想 ギャラルホルン、アリアンロッド、アーブラウ、SAU、そして鉄華団――貧乏くじを引くのは果たして?

アーブラウ防衛軍結成式典のさなか発生したテロによって首班である蒔苗と地球支部のま …

甘々と稲妻/1話感想 新たなる飯テロアニメ登場。お腹は空くけど心はいっぱい!

本日、TOKYOMXにて25時05分〜OAのアニメ『甘々と稲妻』犬塚つむぎ役で遠 …

ACCA13区監察課/6話感想 ジーンの過去とグロッシュラーへの想い モーヴは一体何を考えてる?

帰郷中のグロッシュラーとロックス区で会ったジーン。ふたりは何を話すのでしょうか? …

鉄血のオルフェンズ/41話感想 まさかのラフタ死亡に阿鼻叫喚!?仁義なきガンダムの本領発揮にあきひろ憤怒の仁王化!

▲Pixiv Spring Rain様 一人の男と一人の女が家族を守るために散っ …

斉木楠雄のΨ難/16話感想 楠雄と心美が隠れてデート!?そしてふたりは急接近!?

今回は訳あって心美とデートすることになった楠雄と心美のドキドキ初デートをじっくり …

双星の陰陽師/31話感想 さえとの思い出――きなこの追想が語る紅緒との出会い。そしてと少女の成長記

陰陽頭・有馬の失踪。十二天将は渾身の天曺地府祭の儀式を行うも闇無の策略によって妨 …

クロムクロ/9話感想 由希奈の決意が血路を開く!そしてまさかの展開でこの先どうなる!?

エフィドルグの新たな作戦のスタートから始まるクロムクロ第九話『岩屋に鬼が嗤う』の …

迷家-マヨイガ-/12話感想(終)トラウマを受け入れたり受け入れなかったり…。結構きれいにまとまった!

7/6発売迷家-マヨイガ- vol.1ジャケット公開ですね!ディオメディアショッ …

クロムクロ/22話感想 敗戦。セバス殉職。そして既に死んでいた父…次々と明らかになる真実に打ちひしがれる暇も無い、立ち上がれ由希奈!

黒部研究所を舞台にした大攻防戦。圧倒的なエフィドルグの戦力の前に成す術もなく破れ …