にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

リゼロ(Re:ゼロ)/リカードの想像以上のワイルドさとミミのクレしんのひまわりばりの好演技にびっくり仰天してた

      2016/08/15

大評判に終わったレムとスバルが語り合った18話。

リカード_レム
回毎では、個人的には序盤でもあり新鮮だった7話と大悲劇な15話を推すところですが、スバルのこれまでの苦労の数々がレムというヒロインによって報われる大事な回でもありました。一気見したらまた違うんでしょうね。

スバルの顔芸にももはや慣れたものだし、二人の微笑ましいやり取りには肘をつきながら始終、ニマニマしてました。(もう2時間くらいでもOK。え?)もう一度見ようかと考えたら、…7話はともかく15話はちょっとメンタルの状況考えちゃうよねっていうのもあるでしょうし。(笑)

リカード5
「戦えねーよ。ただ白鯨相手なら俺って人間が割と役に立つ、と思う」
▲ ちょっとマイルドになってたスバル(CV:小林裕介)

それはともかくです。19話よかったですね~! そもそもなろうだから厳密には違うんですが、ラノベ主人公感たっぷりでしたね。それにリゼロの本来持つ一般人と異世界の組み合わせが織り成す良い意味での違和感、変り種っぷりを久しぶりに見た気がします。

リカード
「お嬢から話は聞いとるわ。兄ちゃんが今日の立役者なんやろ?」

特にリカードの存在感のワイルドさと、ミミのクレヨンしんちゃんのひまわりばりの好演技には“びっくり仰天”してました。

リカード1
「その屋号にカララギ弁の獣人…てことはアナスタシアの?」
「ワイは団長のリカード言うねん」


わんわんや!

sponsored link


ヴィルヘルム、リカード、ユリウスという三騎士

リカード3
▲ らしく、加護とかはないけど感性で戦う“鼻が利く”タイプ 

リカード(コボルト)は、アナスタシアの抱える獣人傭兵団『鉄の牙』の団長。団長というからには団員の中でも戦闘力は随一で、その背中にしょった大鉈をぶんぶん振り回す戦闘員としての腕は剣鬼として畏怖されてきたヴィルヘルムや他の騎士たちも認めるほど。

リカード10
カララギ弁を喋るということはつまりそういうことで、雇い主でもある“お嬢”とも長年の付き合いがあり、二人の間には雇用主と傭兵以上の関係、もとい強固な銭ゲバの関係があります。

「俺の可愛いエミリアたんを半魔とか呼ぶな、半犬」
「おお、半犬とか呼ばれると思った以上に屈辱やな! これは勉強させてもらったわ! 傑作、傑作!」(第三章77より)


そんなリカード、筆者はスバルとの会話が楽しいこともあり、好きなキャラの一人だったんですが、アニメ版は洋画では黒人役も多い乃村健次さんの野太い声も相まって思った以上にインパクトがありました。

リカード7
なんでしょうね、ぐわし!って掴んだ辺り、ようやく報われ、これからっていう18話を見た直後なだけにちょっと不安をもたらされてしまったというのがあるのかもしれません。(笑)

リカード9
▲ このうるさいけどうるさくない感じがすごくいい!

また、スバルは当初よりそのフランクさが良くも悪くも売りでしたが、リカードに対しては少しやれやれだぜ感がまとって、言動に落ち着きが出てもいて。リカードは白鯨討伐を持ちかけた一人として、一人の主人公としてスバルという人間に箔がついたことを知らしめるキャラでもありました。

ちなみにスバルを「兄ちゃん」と呼ぶ陽気なリカード、ユリウスは「ユリ坊」、ヴィルヘルムは「ヴィルはん」と呼びます。アナスタシアは女将らしさがあって上品なので、(イントネーション的にどうなのかは分からないけど)こてこての関西弁を堪能できるのはリカードですねw

リカード2
▲ うむ、かっこいい(*´ω`)

アナスタシアの溺愛する獣人はガーフィールにベタ惚れする

同じく『鉄の牙』で、意外にも副団長のミミは、プリシラに蹴飛ばされた豚の欲望な16話でも出ていたところ。

リカード_ミミ5
16話ではもふもふな可愛さ寄りだったのですが、今回は本来の姿を見せて、ちょっとネジがゆるくなっていましたね。が、やばかったです、正直。

リカード_ミミ
「お前、本当に副団長だったんだな」
「うぁ~? お兄さん、ミミとどこかで会ったあ?」


リカード_ミミ2
「むんぬぅ、思い出せない感じが尋常じゃない~~。むぅ~尋常じゃない~~むぅう~~」

尋常じゃないぃ~~~。(笑)

リカード_ミミ3リカード_ミミ4
「ミミとヘータローが揃えば最強!団長もいるし、超最強!へへへ~最強~最強~超最強~!へへへへ、うへへへへへ」
▲ ヘータローがんば(´・ω・`)b

ミミのぶっ飛び具合、ないしは年相応の“獣の子どもらしさ”に、クレヨンしんちゃんのひまわりを思い出しました。なにげにリゼロでの名演技っぷりでは上位ではないかと思います、ミミを演じた藤井ゆきよさんの演技は。

 - Re:ゼロから始める異世界生活

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

リゼロ(Re:ゼロ)/“妾”な傲慢姫プリシラ・バーリエルの気まぐれは痩せた畑を豊作にする【血染めの花嫁】

Re:ゼロから始める異世界生活という物語は、フェルトにレムにラムにベアトリスに、 …

リゼロ(Re:ゼロ)/Re:カドモンから始まったスバルの英雄譚 村人Aではなかった一般市民な露店商

死という終わりがあり、記憶だけを持ったままリスタートする。 「でーとってなにする …

リゼロ(Re:ゼロ)/ああ、終わりが見えてきた… 英雄化していくスバルの順風満帆さに感じる物足りなさと親離れ的な寂しさ

筆者だけかな、多分。 「どうした?」 24話のリカードの始まりで一人喜んでたのは …

リゼロ(Re:ゼロ)/レムを引っ張るスバルの熱さ エミリアの心配は死に戻りの事実を上回る?

鬼化したレムの狂気は、確かに惨酷な「鬼」でありながら、どこか清らかさをも伴ってい …

リゼロ(Re:ゼロ)/ED主題歌「STYX HELIX」が視聴者に寄り添う、優しいやるせなさ 【遠くでエミリアが見ていたら】

Re:ゼロから始める異世界生活の演出が凝っているのはいわずと知れたこと。 その一 …

リゼロ(Re:ゼロ)/パックのがぶがぶ、レムのぶんぶん、スバルの某凶真、製作陣が調子に乗ってきた!(良い意味で)

「また見知らぬ天井…」 もはやドキっとしてしまう入りで始まったRe:ゼロから始め …

リゼロ(Re:ゼロ)/アナスタシアの守銭奴にして女将のような心地よさ【ただ(人情)より高いものはあらへんよ】

関西弁を喋るキャラは、存在自体が独特というのもあって創作では昔からよく見られてい …

リゼロ(Re:ゼロ)/【7話の神回っぷりに涙腺が崩壊…】ラムの怨嗟とベアトリスの導き、エミリアの慈愛

「お前たちが俺にくれたものの話だよ」 「そんなこと…、記憶にありません」 スバル …

リゼロ(Re:ゼロ)/エミリアはサテラと偽り、不良とエルザには何度もぼこられ…菜月昴を通して気軽にADVを味わえる異世界物語

アニメの1話は声優によって、作画によって、はたまた原作と比べるなどして好き嫌いの …

リゼロ(Re:ゼロ)/愛妻家ヴィルヘルムの剣鬼っぷりはどう描かれるだろう かっこよすぎる台詞集と若かかりし頃

7話や15話では壮絶な展開を見せたリゼロ。そこには目を背きたくなるような痛々しい …