にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

クロムクロ/P.A.WORKSが描く富山県。その地元愛

   

コラム2-①クロムクロ
鬼の正体が判明しいよいよ物語が加速し始めた感のあるクロムクロ。

前回のコラムでは監督の岡村天斎が描くスタイリッシュなアクションやストーリーにスポットを当てて考察しましたが、今回は制作スタジオサイドである『P.A.WORKS』の方向性や舞台となる『富山』をフィーチャーしてみました。

P.A.WORKSがこだわる美術。最大の武器は綿密で緻密な背景描写

コラム2-②クロムクロ2
P.A.WORKSは堀川社長が1990年代、当時のアニメ制作の現場体制では良い物がなかなか生み出せない、このままではアニメ界の未来は無いという思い、そして昔結婚した時に「子供が成長する頃には富山に戻る」と約束していたことが切っ掛けとなり、2000年富山に会社を設立したことから始まります。

コラム2_truetears
最初は社員2人、下請けやグロス請けから始まったこの会社も2008年には初の元請け作品となる『true tears』を制作。

丁度時期的にも新海誠作品や京都アニメーション作品など、
① 特定の地元に密着した、
② かつ背景美術に注力した、
高品質な作品にファンの注目が集まる時流に乗って一躍ブレイク。その後の作品でも、

コラム2_花咲く
『花咲くいろは』では石川県湯涌温泉郷を舞台に伝統と格式を重んじる旅館と豊かな自然の風情を。

コラム2_TARITARI
『TARI TARI』では神奈川江ノ島の明るい爽やかで瑞々しい風景を舞台にした青春物語を。

コラム2_SHIRO
逆に『SHIROBAKO』では大都会である東京武蔵野を舞台に、都心の喧騒と多種多様な人材が混然雑多に入り混じり合うアニメ業界とをオーバーラップさせた群像劇を描いています。

コラム2-③クロムクロ3
このように舞台となった地元を綿密にロケハンし、緻密に作画するスタイルは今でも健在。日本各地からだけでなく世界中からもいわゆる「聖地巡礼」を行うファンが続出するなどP.A.WORKSのアニメは地元にも貢献、さらにその知名度を上げる様になっています。

堀川社長はTVインタビュー「P.A.WORKSが作った物が東京を刺激する事が自身の夢。そしてそれはそんなに遠くはない」と語っており、その願いは現実の物となっています。

コラム2-④クロムクロ4
そして2016年、設立15周年記念作品であるクロムクロにてP.A.WORKSは富山に帰ってきました。tt放送以来、実に8年ぶりのことです。

北陸の山々と海、豊かな自然と現代劇らしい近代的かつ現実に存在する町並み。リアルなビジュアルと空想科学SFが同居し、剣豪巨大ロボットというこれまたこれまでにない新しいジャンルを切り開く。

古く、そして新しい――そこには並々ならぬ富山愛が込められています。

タイトルロゴに秘められし富山愛

コラム2-⑤タイトルロゴ
タイトルらして既に富山県満載です。クロムク『ロ』の字のデザイン、これ実は富山県の形です(笑)

コラム2-⑥富山形状
ちなみにリアル地図の富山県の形はこちら。

クロムクロが描く美しい風景ビジュアル

コラム2-⑦黒部ダム
さてここからはクロムクロの各話の軌跡を追って舞台背景を紹介して行きましょう。(聖地探訪ではないので説明は軽めです)

コラム2-⑧黒部ダム放水
まずはメインの舞台である黒部ダム。日本最大級の水力発電所でもあり、堤高186mのダム本体は人工建築物としては県内最高峰。ダムとしては今も日本一の大きさだそうです。

コラム2-⑨黒部渓谷
黒部ダムの下流。3話でカクタスと剣之介が激しい戦いを繰り広げた河原です。

その後の描写(両断された大岩の存在)から見るに、1話アバンにおける鬼ムクロとの戦い(?)もこの辺りで行われたのでは無いかと推察されます。

コラム2-⑩立山連峰(遠景)
立山の峰。背景描写に定評のあるPAワークスの背景スタッフのこだわりが感じられます。

コラム2-⑪弾丸直行黒部→富山
2話では長き眠りより復活したクロムクロが黒部から富山市内まで、文字通り一直線に駆け抜けています。地図にするとこんな感じです。

コラム2-⑫黒き疾風1飛ぶ
▲ 立山を登って山頂から飛び降りる

コラム2-⑬黒き疾風2常願寺川
▲ 小春を飛び越え立山町を流れる常願寺川沿いに突っ走る

コラム2-⑭黒き疾風3目指せ富山
▲ 田圃を突っ切って富山市を目指す

地図で見ると直線距離で約43Km。仮に15分で到着したと仮定しても、時速約180km/hで(立山連峰を登り降りして)走破した計算になりますね。

壊しまくりの富山市街戦!

コラム2-⑮神通大橋
さてお次は鬼の怪ロボットが攻めてきた富山市(とその周辺)から。上の画像は神通大橋。6話では空港周辺を舞台に鬼ロボとクロムクロ、そしてガウスが激しい攻防を繰り広げます。

コラム2-⑯新湊大橋2
新湊大橋。富山県射水市の富山新港に架かる日本海側最大の2層構造の斜張橋です。イエロークラブの最初の上陸地点となりました。ここから富山市街までイエロークラブは徒歩で侵攻。

コラム2-⑰北陸新幹線
2015年長野~金沢間が開通したばかりの北陸新幹線。射水市から富山市に向かう途中、イエロークラブが通過に邪魔なので叩き斬りました。自衛隊&UN軍の砲撃のせいでは無いと…思います。多分。

コラム2-⑱県庁前公園
第一次富山防衛戦の戦いの主な戦場となった噴水のある富山県庁前公園。奥に見える建物は北日本新聞社。

コラム2-⑲NHK
NHK富山支局より県庁前公園の俯瞰。

コラム2-20展望タワー
県庁前公園周辺が一望出来るカット。NHK電波塔の奥に見えるタワーは富山市役所展望塔。

コラム2-21富山城
戦い終わった剣之介が向かった富山城。昭和5年に焼失したため天守閣自体は鉄筋コンクリート製の模造建築物。戦国時代には無かった建築様式だと思うのですが。それでもビル街に比べて剣之介には見慣れた感があったのでしょうね。

コラム2-22北陸道
6話から。鬼ロボ退治に向かうクロムクロが走った北陸道。300tの巨体にも関わらず道路に傷一つ付かないのは重力制御で地面にかかる負荷を抑えているのでしょう。

クロムクロやイエロークラブが水面を歩く(走る)描写もありますのでドラえもんみたいに実は数ミリ浮遊している可能性もあります。

コラム2-23富山空港
6話のメイン舞台となった富山きときと空港。あくまでもこれは愛称で公式には『富山空港(Toyama Airport)』が正式名称です。6話で派手にブッ壊されました。壊したのは主にガウス隊のせいですが、止めを刺したのはイエロークラブの自爆です。

コラム2-24神通川
富山空港の周辺を流れる神通川の河原。クロムクロとイエロークラブの決着の場となりました。

今後もクロムクロでP.A.WPRKSは富山の各所を綿密にロケハンし、派手に大暴れするのでは?と思われます。どのような場所が戦いの舞台となるのか――その点を注目しつつ見るのも楽しみ方の一つなのではないでしょうか。

(ごとうあさゆき)

 - アニメ

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ばくおん!!/来夢先輩の謎に迫る!その素顔と正体は!人間なのか?それとも…?

ばくおんコラム第2回。前回はツーリングで使われたトランシーバーの話をしましたが、 …

双星の陰陽師/かわいい幼馴染の繭良は十二天将化する 婚約者が出来ても諦めない恋の力!【ネタバレ】

番組が始まって春季クール分が終了、新章に突入して新たなる敵も登場、いよいよ決戦に …

小林さんちのメイドラゴン/今時小学生ドラゴンのマジヤバイ純情な感情 カラフルな子供向け文房具には夢が詰まってる

▲ ( =A=) でかい三角定規懐かしいw 4話は、カンナが小学校に通う話でした …

ACCA13区監察課/影からジーンを見守る悪友。ニーノの視線を大追跡!

最終回を迎えてから、心に穴が空いてしまったようです(´Д⊂ ACCAのない寂しい …

クロムクロ/なぜソフィーはヒロインになれなかったのか? お嬢様が憧れるサムライ――剣之介とゼル、二人の侍の秘密と謎!?

今回はメインキャラの一人にして最終決戦の立役者の一人であるソフィー・ノエルにフォ …

クロムクロ/ストーリーの時系列まとめ 剣之助と雪姫、ムエッタの正体にまつわる謎と秘密に迫る!

無事大団円を迎えたクロムクロ。だが剣之介の戦いは終わらない――今回は銀河に旅立っ …

ドリフターズ/決戦開幕!!戦国?異世界?独特の世界が織り成す超絶バトルアニメ!!

血生臭いのに格好いい! 迫力満点の異世界バトルアニメがいよいよ始まります!! 少 …

プリズマイリヤ ドライ!!/イリヤの使用したクラスカードまとめ

現在、アニメ四期が絶賛放送中のプリズマイリヤ。物語の舞台ももうひとつの冬木市に移 …

だがしかし/トラブルメーカーな父親鹿田ヨウ 息子と彼女(仮)とのコンビネーションは抜群

駄菓子もとい昭和的光景が現代の美しい作画で蘇っていた、だがしかしの2話。 ですが …

斉木楠雄のΨ難/兄より優れた弟など存在しない!楠雄の兄・空助の秘密に迫る

今回はアニメで登場したての空助をご紹介したいと思います! 原作では突然の登場過ぎ …