にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

天鏡のアルデラミン/3話感想 エリート帝国騎士様の華麗なる士官学校生活。そしていよいよ始まる模擬戦の行方は?

      2016/08/01

アルデラミン03-①メイン
第三皇女を無事帝国まで連れて帰った恩賞で帝国騎士の称号と高等士官学校入学を認められたイクタら5人。華麗なる士官学校生活が始まるねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン第三話『高等士官学校の騎士団』のレビューです。

2話感想
4話感想

sponsored link


その者、怠け者につき

アルデラミン03-②入学式
イクタ・ヤトリ・トルウェイ・マシュー・ハロらに加え、ファミーユ姫も入学することになった高等士官学校の新生活。

アルデラミン03-③ムカデ喰う
帝国の新たなる英雄ということもあり、とにかく何かと目立つ面々。早速因縁を付けられるイクタですが意に介さないどころか逆に返り討ちにしちゃいます。

漂着後のサバイバル生活でもカエルや捕まえた動物の肉を食べてましたしね。貧乏孤児院育ちで虫くらいおやつ代わりにしていたのかも(笑)

アルデラミン03-④遅れるファミーユ
遅れて授業に参加するファミーユ姫。恐らく皇女としての公務か何かで遅れたのでしょう。多分。

アルデラミン03-⑤文通
末席、イクタの隣に座った姫は教師の目を盗んで手元の黒板を使ってイクタと文通をします。

アルデラミン03_0_01
その内容は実にほのぼのとしたもの。結構姫も普通の(?)学園生活を満喫している感があります。ところで愛人を連れ込めないのなら校内の生徒や職員を落とせばいいと思うのですが…まぁ後々問題が出そうですケド(笑)

アルデラミン03-⑥ファミーユ
授業そっちのけでイクタとのやり取りに夢中になっていた姫。教師から指名を受け慌てて立ち上がるも当然答えられずしどろもどろ。イクタのフォローでなんとか場を凌ぎます。

こういったそつない処がイクタの天才性の発露ですね。

アルデラミン03-⑦授業
さらにその後教師から続きの回答を要求されるイクタ。求められた以上の回答を答申します。

さらに述べるのは『戦力の数』と『戦力の位置』という旧来の戦術概念に『時間ごとの彼我戦力の数と位置を把握すること』で勝機を見出す重要性についての見解。まさに天才軍師の片鱗という奴ですね。

アルデラミン03-⑧兄たち
そしてトルウェイもまた己の運命と直面。それは士官学校の上級生でもある兄サリハスラグとスシュラフとの再会でした。

アルデラミン03_0_02アルデラミン03_0_05アルデラミン03_0_03
トルウェイはネチネチと嫌がらせを受けるも必死で我慢します。乱入したイクタが自ら体を張り、また状況を活用して巻き込んだヤトリ、そしてファミーユの威光を利用することで兄達を上手くやり込めます。

アルデラミン03_0_06
それはさらなる恨みを買うだけの話だったのですが、それすらもイクタにとっては計算の内だったのでしょう。少なくとも目標が分散することでトルウェイ一人への負担は減ります。口では何のかんの言いつつイッくんは優しいですね(笑)

新たな小隊編成、5人はそれぞれ小隊長に

アルデラミン03-⑨ヤトリ任官
士官学校では大規模な模擬戦を前に新入生の小隊編成が行われます。その中でも優秀な生徒は小隊長に抜擢。ヤトリは焼撃兵第1訓練小隊、トルウェイは風銃兵第1小隊。そしてイクタは光照兵第3小隊をそれぞれ担当することに。

言及はありませんがマシュー、そしてハロもそれぞれ小隊長になっている模様。

アルデラミン03-⑩副官スーヤ
早速小隊の謁兵を行うイクタ。敬礼する光照兵第3訓練小隊の副官スーヤ・ミットカリフ曹長。ですがその態度は実にツンツンと慇懃無礼です。

アルデラミン03-22スーヤ2
スーヤ「でも准尉殿、もう二度と気安く、母の名前を呼ばないでもらえますか? …たかが間男の分際で」

それもそのはず、スーヤは2年前イクタが懇ろになっいたご婦人、アミシアの娘だったのです。小隊内には(というか全部隊に?)既にその悪評が広まっており兵の信頼度は最低からのスタートです(笑)

ピンチの中に勝機あり?状況を上手く活用するのが智将の証

アルデラミン03-⑫騎士団の集まり
模擬戦の日程が決まり、イクタ・トルウェイ・マシューの3小隊とヤトリ・サリハ・スシュラの上級生混成3小隊が戦うことになりました。

もちろんトルウェイ兄らの策謀、演習という名目でいたぶる気満々です。イグセム家のヤトリを自軍に引き入れる辺り、したたかさ(恐らく教師側への根回し)も見受けられます。

アルデラミン03-⑬イクタとスーヤ
この状況を利用しイクタはスーヤにある取引を持ち掛けます。作為的な思考誘導もあり、模擬戦の指揮権を獲得することに成功します。

アルデラミン03-⑭雨天行軍
いよいよ始まる演習。雨の中を行軍する3小隊。全軍の指揮を取るのはイクタの役目。トルウェイに至ってはヤトリ並にイクタのことを心から信頼する様になっています。ちょっとこのイケメン、危険かもしれません(笑)

アルデラミン03-⑮デポ
本来は野営を挟んで丸1日で30キロの行程を進む計画だったのを、途中荷物をデポする(置いていくこと)ことで日暮れまでに目的地への移動を図るイクタ隊。

ちなみに第二次世界大戦時の英国陸軍の基本装備の重量は約5kg。戦闘の際には兵装が約10kg追加。行軍時にはさらに専用装備を約7kg追加。ちなみにこれには武器弾薬の重量は含まれませんので銃や剣、弾薬は別途加算されます。ライフル1丁だけで約4kgはあったそうです。

アルデラミン03-⑯雨天行軍2
それらのほとんどをデポして必要最低限度の荷物と武器のみで目的地へ再進軍。演習レギュレーションぎりぎりの作戦です。

もちろん実際の戦争で行うには非常に危険な賭けです。しかしこれが演習である以上、後先を考えない一手が可能です。レギュレーションはモラル上遵守せねばなりませんが、戦術そのものに決まった定石など存在しないのが戦争です。

アルデラミン03-⑱日暮れ前
イクタの企て通り日暮れ前に目的地に到着したイクタ隊。不可能を可能にするイクタの采配にスーヤも驚きを隠せません。さらにイクタは配陣についても先手を打ちます。先に陣を引くことで次の状況をコントロールするつもりなのでしょう。

アルデラミン03-⑲翌朝兄たち
翌日プラン通りに到着するサリハ隊。最初は余裕を見せますが、既にイクタ隊が到着している上、想定と異なる川向こう岸に陣を配したことを知り、慌てて陣を張りに川辺へ向かいます。上級生が新入生に遅れたとあっては恥と感じたのでしょう。

しかも斥候を出して周辺を警戒しているヤトリと異なり、サリハは斥候も出していない体たらくです。

アルデラミン03-20戦闘準備よし
既に陣を配して戦闘準備万端のイクタ隊。しかも川向うに対峙するという絶好の地形効果。

足場が悪く電撃戦には不向き、しかも風銃には射線が通りやすく有利、かつ守る側には遮蔽物もなく無防備。それが川という地形です。

トルウェイの風銃兵部隊の力を最大限に有効活用し、ヤトリの焼撃兵部隊の力を最小限化する嫌らしい策です。全く幼馴染にも容赦ありません(笑)

アルデラミン03-21次回予告
次回はいよいよ演習本番。2重3重の計略で策を巡らせ戦略的に有利な状況を作り上げましたが基本的な実力は相手が上なことは確かです。果たして実力不足を知略で埋めることは出来るのか? ヤトリの牙がイクタの罠を食い破るのか、それともイクタがそれを上回る智将の片鱗を見せるのか?

かなりスピーディーな展開ですがこれはこれでテンポがあって良いですね。戦記物なのでやはり戦いが見たいですし。本格的な軍団戦が描かれる次回、このファンタジー世界における戦争がどの様なものなのか、どう描写されるのか、その点も楽しみです!

(ごとうあさゆき)

2話感想
4話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

双星の陰陽師/11話感想 すばるの夫婦修行第2幕。瞬間、心を合わせてな展開で二人の息はピッタリに?

紅緒の元師匠にして十二天将の一人すばるの来訪によって修行を開始した双星二人。果た …

斉木楠雄のΨ難/4話感想 みえる男、鳥束零太登場!!能力の全ては煩悩の為に!!

前回は、斉木の超能力を知っているという謎の手紙を読んだところで終わりでした。手紙 …

坂本ですが?/2話感想 ただクールなだけでも優しいだけでもない本当の強さとは?

坂本ですが?第2話「守られるより守りたい/今日から使える恋愛心理術」の感想です。 …

幼女戦記/3話感想 ょぅι゛ょ生活は大変。前線が死線なら後方も死線。全ては存在Xの望んだ通り?

異世界である『帝国』に転生を果たしたターニャは敗戦を突き進む祖国の貧しい孤児院で …

双星の陰陽師/30話感想 迫られる選択!さえの命か世界の平和か!? 事態を静観する闇無の本当の目的は天御柱そのもの…!?

現世と禍野を隔てる結界。それを支える大樹『天御柱』。陰陽連本部地下に隠されたこの …

双星の陰陽師/32話感想 ついに動き出す闇無率いる婆娑羅軍団!果たして陰陽師側の反撃は?珠洲が取る謎の行動の意味は…?

決戦の地・京都から鳴神町に帰って来たろくろ達。きなこはさえとの思い出から紅緒との …

鉄血のオルフェンズ/37話感想 イオク様狂想曲はまだまだ続く!? その縦横無尽な活躍に戦場は混乱、火星は大迷惑!!

目覚めし厄祭の遺産、天使の名を持つモビルアーマーの圧倒的な戦闘力の前に苦戦を余儀 …

クロムクロ/2話感想 ビームサーベルではなく実体剣(刀)で斬り合うロボ戦闘が見応えがありすぎる

クロムクロ、そのタイトルの意味が『黒骸(くろ・むくろ)』だったとは! てっきり金 …

天鏡のアルデラミン/5話感想 イクタとヤトリの過ぎ去りし日の思い出 炎の想いと光の嘆きが織り成す追憶の日々

高等士官学校の演習の背後で進められていたファミーユ姫誘拐事件。しかしそれはイクタ …

あまんちゅ/2話感想 「ジャイアントストライド」でまだ見ぬステキに「エントリー」!

少しだけ前を向けたてこと、いつも元気いっぱいのぴかり、ふたりの高校生活がいよいよ …