にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

最弱無敗の神装機竜/【悲報】リーシャが便利屋サブヒロイン化 だけどきちんと新生国家の王女らしいメインヒロインをしてる

      2016/04/18

メイン_フィル1
フィルフィクローズアップ回である8話、9話。

メイン_フィル2
ひやひやさせながらも、フィルフィファンにはたまらなかったでしょうね。

また、数々の伏線を、その不精な性格やマイペースな言動から、きっとフィルフィの過去は大事ではないだろうと思わせ続ける隠し方は絶妙でした。(それはノクトという、マイペースで感情表現が苦手な類似サブヒロインの影響もおそらくあって。)

メイン_フィル
あまり感情と行動を繋げない冷静肌なルクスが抱きしめたり、フィルフィの最後の「大好きだよ」だったり、思わずメインヒロインはフィルフィだと思わされるところですが…

sponsored link


ギャグと機竜の整備担当になってしまったリーシャ

メイン
「ふふっ、まあな。たまには私も頭が…ってバカにしてるだろっ」

そうなんです。最弱無敗の神装機竜のメインヒロインと言えばこの人。(笑)

メイン6
始めのラッキースケベもそうですし、決闘やパーティなどで、ルクスの王立仕官学園への編入をほぼ正式に認められることになったのはリーシャのおかげ。

作画も屈指のクオリティを誇っていましたし、メインヒロインという名に恥じない印象を残したリーシャですが、フィルフィと共にメイド姿を披露した辺りから、登場は減るばかり。

特にクルルシファーの屈指の令嬢らしさ、聡明っぷりに食いついてしまった結果、もうなんか弁護のできないくらい頭の悪いギャグヒロインという印象に…。

メイン7
▲ この顔はいつ見ても笑える。(笑)

メイン3
「さすがクルルシファーさん。どこかの力まかせのお姫様とは違いますね」
「むむうっ!?」


▲ ノクトにもこんなことを言われる始末…w三和音やアイリなどのサブヒロインとの絡みも多い

それでもやっぱり、場を和ませてくれる貴重な存在でもあります。(あと、ドリル担当。(笑))

ハーレムアニメでメインヒロインは決めなくてもいい

ですが、別に公式サイドからメインヒロインだと豪語されているわけではないのも事実。

メイン5
そもそもハーレムアニメは、ファンが気持ちよく「推しヒロイン」を選べることをかなり考慮しているジャンルなので、メインヒロインという格付けはぼかすのが常です。(最近はこのハーレムアニメの傾向含め、特徴でもあるヒロインの「軽さ」がアイドル系のアニメに移行してる。)

そのヒロインがメインヒロインであるかどうかという条件は、単純に序盤で目立ったとかいう点を除くと、男性の主人公と相思相愛か恋愛関係にあることが主な条件。(あと処女であることとか。)

メイン8
ヒロイン自身が主人公のことを恋愛の面で諦める言動を取ったり、よほど考え方や言動が恋愛に結びつかないようなキャラでない限り、つまり、ファンが推しヒロインとして推せる限りそのヒロインのメインヒロインフラグは折れないとも言えます。(といっても、リーシャのヒロイン感のなさは、演じたLynnさんも太鼓判押し(笑)。)

もっと大きな意味でのメインヒロイン

ですがやはり、リーシャはメインヒロインだと言えるでしょうね。というのも、最弱無敗はルクスを中心として、二国の国の在り方を描き、対比させている物語でもあり、そして後々ルクスは、アティスマータ新王国の在り方、つまりリーシャ側に立つことになるから。

リーシャ18
リーシャの考え方、もとい国の在り方とは、リーシャ記事でも触れましたが、おバカで、帝国の紋章とか心の弱さなどで自信がなくて後ろ向きだけど、そのためにみんなで生きていくことを地で実践しているリーシャの学園での言動(善政)です。

メイン4
▲ リーシャの整備者としての側面は、そういう意味では、国民のことを支える良い女王になるための修行にもなっているとも

メイン12
王子らしい居場所がどこにもなく、常に宙ぶらりんでい続けたルクスにとってリーシャが中心の学園は居心地がよく、それは後にリーシャの騎士という形で、フィルフィにかつて告げ、そして失敗した「アーカディア帝国を女の子も安心して暮らせる国にする」に次いでの一つの明確な意思となりますが、それは擬似的にとでも言いましょうか、リーシャとの恋愛を成就させたとも言えます。

メイン11
規模が大きすぎる騎士と王女の恋愛というか信頼関係ですが、王子と王女で一応立場は同じですし、主人公が目的地・到達地点を見つけたという恋愛よりももっと大きな意味で、リーシャはメインヒロインだと筆者は思うのですね。

つくづく最弱無敗は、物語、キャラ、思想などの諸々の要素を、従来のものと微妙にずらしてくるなぁと思います。

メイン2
▲ あんまり褒めると調子に乗るからやめとこう…w

10話からは新たなヒロイン(アニメでは二次ヒロイン)の切姫夜架の話が展開されるでしょうけど、ルクスの想いが紡がれることもあって、リーシャの活躍も増やしてくれるかもしれませんね。

 - 最弱無敗の神装機竜

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

最弱無敗の神装機竜/クルルシファーが握る機竜の秘密 黒いリボンは正統派クール系ヒロインの証?【ネタバレ】

クール系ヒロインに該当するクルルシファー・エインフォルク。 既に登場していますが …

最弱無敗の神装機竜/実はアイリを助けていた夜架 残虐、そして帝国の皇族以外に従う気は更々なし

「でも、今ここでこれだけは誓っていただけますか? いずれはこの国を滅ぼし、アーカ …

最弱無敗の神装機竜/飛竜の騎士を歌うTRUE(唐沢美帆)の歌唱力が凄まじい 作詞家もする遅咲きのアニソン歌手

昨今は、本当にアニメはもちろん、アニソン歌手も音楽業界に進出してきたイメージがあ …

最弱無敗の神装機竜/未来予知も奪われたら終わり 状態異常戦を繰り広げる渋い機竜の簡単な解説

機竜は見たままに、操縦者の手足と連動して動く武装タイプのメカ。 それぞれ異なる武 …

最弱無敗の神装機竜/クルルシファーのいい女っぷりの心地よさ 騒がない・でしゃばらない・逆エスコートの3連コンボ

第3話は、クール系ヒロインなクルルシファークローズアップ回でした。 「今更やめる …

最弱無敗の神装機竜/リーシャに紋章を焼いたラグリード・フォルスが城之内くんになって帰ってきた

ルクスの周りには常にかわいい系なヒロインたちが詰め寄りますが、 なかでも特に1、 …

最弱無敗の神装機竜/ワケあり令嬢はこうやって弄ぶようにキスをしたい ルクスの台詞は結構クサかった

衝撃だった4話の最後から続きクルルシファーの謎が明かされた5話。 遺跡の鍵となる …

最弱無敗の神装機竜/2話感想 建物がどれもこれもバカでかかった 空間を利用した丁寧な世界観作り

1話では、ルクスが士官候補生として、王立仕官学園に編入するまでの流れ(いつもの) …

最弱無敗の神装機竜/少年少女たちに世界観の説明は難しかった?つまみ食いアニメ、最弱無敗が惜しい理由

ナルフ宰相といえば、女王ラフィの傍にいるキャラで、2,3度出たばかりの端役も端役 …

最弱無敗の神装機竜/天使なフィルフィの人外っぷりがひやっとくる レリィが誓う、もう二度と失いたくないもの

1~2話はリーシャ、 3~5話がクルルシファー、 6~7話がセリスティア。 アニ …